趣里、元彼氏の田島優成と破局した理由。親の七光りではない確かな演技力はあの女優も虜!

趣里、元彼氏の田島優成と破局した理由。親の七光りではない確かな演技力はあの女優も虜!
出典元:トップコート

父は大人気ドラマ『相棒』でお馴染みの俳優・水谷豊さん、母は女優で元キャンディーズのランちゃんで親しまれている伊藤蘭さんを両親にもつ趣里さん。ビッグな大物2人ですね〜。

どことなく蘭さんに似ているような気もしますね。

そんな趣里さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

趣里 プロフィール・経歴

【芸名】趣里(しゅり)
【出身】東京都
【生年月日】1990年9月21日
【身長】158
【血液型】O
【趣味】フィギュアスケート・映画鑑賞
【特技】クラシックバレエ
【その他】トップコート 所属

趣里さんは、デビューする前からかわいいと評判で、たびたび街なかでスカウトされていたようでしたが、当時はバレリーナになる夢があったため断っていた。

そんな趣里さんは、幼少時からクラシックバレエを始め、イギリスにバレエ留学するも度重なる怪我に悩まされ、バレリーナへの夢を断念しました。

何度も怪我をするのはバレエ界で成功するのは難しいと言われているみたいです。

小さい頃から両親が出演しているドラマや歌番組を見ていた影響もあり演技には興味があり、また怪我をきっかけに女優を目指すようになりました。

ちなみに趣里さんは、高校卒業の資格が得られる国家試験に合格しましたが大学には進学せずお芝居一本に。

そして2011年、オーディションに合格しドラマ『3年B組金八先生ファイナル』で見事女優デビューを果たしました。

ドラマでは実年齢より5歳下で、主人公に恋心を抱く女子中学生の役を演じました。
今でこそ、水谷豊さんは趣里さんが女優になることについて賛成し応援されていますが、もとは芸能界入りには抵抗があったようです。

酸いも甘いもよく知っている水谷さんだからこそ、言えることなんでしょうね。

だけど、趣里さんは『相棒』で再ブレイクした父に対して尊敬のまなざしを向けるようになり、また女優になりたいという強い意志をみているうちに賛成するようになっていったそうです。

田島優成と破局した理由

2012年6月、趣里さんとイケメン俳優・田島優成(たじま ゆうせい)さんとの熱愛が報じられました。

2人は、舞台『黄色い叫び』で共演し交際へと発展しました。

趣里さんのお母さんの蘭さんは田島さんと共演経験があり、ふたりの交際を温かく見守っていたそうです。

しかし、水谷さんだけは娘の交際が面白くないのか熱愛報道以降、趣里さんの話題を避けるようになっていたようです。

このような中、両親の住む超高級マンション(家賃100万円超え)を出て自立という意味で築30年のマンションで、1人暮らしを始めたとう趣里さん。

しかしそのマンションに、田島さんが転がり込むような形で同棲をしているということが週刊誌で報じられました。

水谷さん、またもやガックリです・・。

父親の思いはさておき、2人の交際は順調で舞台『舞姫』で再び共演。舞台終了後には、仲良く自転車に乗ってマンションに帰る姿や、相合傘で手をつないで歩く姿なども目撃されています。

破局

ここまでは、仲睦まじい男女の話ですが田島さんは前代未聞の事件を起こしてしまいます。

それは2013年4月、田島さん主演舞台『効率学のススメ』を寝坊で穴をあけてしまい、公演を中止するという過ちをおかしてしまったのです。やっちまった・・。

13時の開演時間をなぜか19時と勘違いし、2度寝してしまったことが原因だったようです。

しかし、マネージャーが電話するにも携帯に電源が入っておらず、自宅に駆けつけインターホンを押し、ドアを叩いても全く気づかなかったそうで田島さんがいないと判断し帰ったという。

その後、田島さんは所属事務所を退社します。そして、2人は交際を解消されました。

表むきは趣里さんが愛想を尽かして別れたということになっていますが、裏では水谷さんの思惑が絡んでいるとも言われています。

果たして真相はどうなのでしょうね・・。怖いっ。

また、あるサイト情報では田島さんの処分が、謹慎ではなく事実上の解雇というのは、厳しすぎるのでは、という声が上がっていたようですがこれには事務所サイドの思いがあったようです。

田島さんが所属していた事務所は、人気俳優の成宮寛貴さんも所属されています。

成宮さんといえば『相棒』で水谷さんと共演されています。

事務所側として、田島さんが趣里さんと交際していることに対して水谷さんに申し訳ないという気持ちがあったそうです。

だから、所属事務所としては水谷さんに対しての配慮として、重い処分を下したという見方もあるようです。

恋がこんな形で終わってしまいましたが、怪我でバレリーナの夢を断たれた趣里さんに、女優という生き甲斐を与えたのは田島さんだったようで、いい恋愛をしていたんだなぁとも受け取れますね。

現在

傷心だった趣里さんは、一度は実家に帰られたそうですが過去の事もあり水谷さんの干渉は増すばかり・・。まぁそれは仕方ないのかも・・。

そして趣里さんは、もう水谷さんの干渉に嫌気がさして再び家を飛び出したそうです。

かわいい娘を想う気持ちも分かりますが、趣里さんの事を信じてしばらくはそっとしておいてあげたほうが、良いのかもしれませんね。

親の七光りではない!たしかな演技力

趣里さんは、この世界に入りたいという作品に出会いました。岩松了さん演出の『シェイクスピア・ソナタ』(2007年)という作品。芝居を6回見に行ったぐらい気に入ったようでした。

そしてある時、尊敬する岩松作品『国民傘』のオーディションを受けるチャンスがあったそうで、最終まで進むも結果は不合格

行き詰まった趣里さんでしたが気持ちを奮い立たせ、このまま終わってはダメと続けるしかないと思い、塩屋俊さんの「アクターズクリニック」に通い演技の勉強をされていました。

そんな努力の甲斐あってか舞台『不道徳教室』に出演することに。

これは、「当て書き」といって岩松さんがあらかじめ役者を決めてから書いた脚本ということで、自分のために書いてくれた役ということで認められた感があり、死ぬほどうれしかったという。

その後も、岩松さんの作品『ジュリエット通り』に出演されるなど演技のキャリアを積んでいきます。

しかし、趣里さんは演技のテクニックを極めたいのではなく、自分を表現したいという気持ちに気がついたそうです。

2014年6月、劇団「オーストラ・マコンドー」に加入しました。

この劇団は、2010年に演出家・倉本朋幸さんを中心に結成された演劇プロデュース・ユニット。

2013年には浮間ベースを立ち上げた青山功さんが代表・プロデューサーとして加入。

映画を舞台化するという作品は、高い評価と話題を得て、各方面から注目されています。

また、映像界からも高く評価されており「第14 回東京フィルメックス」のコンペ部門で見事スペシャル・メンションを授与されている。

2014年6月、劇団化を決行。

デビュー当初は、身体の線が細過ぎるし演技が下手、朝ドラに出演できたのも親の七光り的な声も多々あったようですが、趣里さんは劇団で色々な事を学び日々成長されているようです。

そんな趣里さんを見ていると決して親の七光りではなく本人の努力だと思いますね。

ある人が虜になっている

2016年4月舞台『アルカディア』に出演していた趣里さん。

この舞台の出演者の方々は、堤真一さん、寺島しのぶさん、井上芳雄さん、浦井健治さん、迫田孝也さん・・など豪華キャスト。

その中に選ばれる趣里さんって凄いと思います。

また、この舞台を見にきていた元AKBのエースで今は女優として活躍しているあっちゃんこと前田敦子さんは演技はもちろんのころ趣里さんの全てが好きで虜になっているようです。

あっちゃんのTwitter発言が

舞台「アルカディア」観劇。
しゅりちゃん、しゅりちゃん、しゅりちゃん、頭の中がしゅりちゃんでいっぱい。目が一時も離せませんでした。好きすぎる、、大好き。と

頭の中が趣里さんでイッパイになるほど好きってどんな感じなのでしょうね。

まとめ

バレリーナの夢から女優の道へと邁進している趣里さん。そんな彼女は水谷豊さん、伊藤蘭さんとの子供で2世タレントと言われないぐらいお芝居に前向きで努力し頑張っておられます。

透明感あふれる趣里さん、舞台以外にももっとドラマ・映画にも出演してほしいです。

今後の活躍に期待したいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク