砂川啓介、大山のぶ代との子供がいない本当の理由。馴れ初めや年齢詐称した理由が素敵。現在は?

砂川啓介、大山のぶ代との子供がいない本当の理由。馴れ初めや年齢詐称した理由が素敵。現在は?
出典元:アクターズ・セブン

砂川啓介さんは、初代・体操のお兄さん。そしてドラえもんの声で有名な大山のぶ代さんの旦那さんです。

そんな砂川さんと大山のぶ代さんの結婚の馴れ初め子供、現在の様子など、色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

妻・大山のぶ代との子供がいない理由

1964年に砂川さんと大山さんは結婚しました。

砂川啓介 プロフィール・経歴

【芸名】砂川啓介(さがわ けいすけ)
【本名】山下 啓一(やました けいいち)
【出身】東京都
【生年月日】1937年2月12日
【身長】168
【体重】70
【その他】アクターズ・セブン 所属

砂川さんは、成城高校在学中に『足摺岬』など数々の映画に出演。卒業後、演技の基礎を学ぶため、江口舞踊研究所に入所し本格的にモダンダンスを習う。

1961年、NHK『うたのえほん』初代たいそうのおにいさんとしてブレイク。

1980年から6年間にわたって『お昼のワイドショー』の司会を務めるなど多方面で活躍。

以降、俳優・講演活動などで活躍していく。

大山のぶ代 プロフィール・経歴

【芸名】大山のぶ代(おおやま のぶよ)
【本名】山下羨代(やました のぶよ)
【出身】東京都
【生年月日】1963年10月16日
【身長】162
【血液型】O
【その他】アクターズ・セブン 所属

テレビ『ドラえもん』で、ドラえもん役を26年担当。

子供がいないのは悲しい理由があった

大山のぶ代さんが32歳の時に、第1子となる女児を出産しましたが死産でした。そして38歳の時生まれた第2子の女児は、未熟児で生まれ先天性心臓疾患の為生後3ヶ月亡くなりました。

それ以降、子を儲けていない。

お子さんが亡くなった原因として、大山さんは喫煙家であって、妊娠中は控えていたかは別にして、それが原因でリスクを高めたのでは?とも囁かれていたようです。

大山さんの自伝などには

「子供に自分のガラガラ声が遺伝していじめられたらかわいそうだ」という葛藤があった。

砂川啓介の著書では

「(大山が)2度の不幸から、『また同じことが繰り返されるのではないか』という葛藤やトラウマに囚われ、セックスレス(恐怖症)となってしまった」。

2度も子供の命を奪われ、計り知れないぐらい相当ショックは大きかったでしょうね。

そんなお二人は、子供さんがいなくてもおしどり夫婦とよばれ仲が良くてほんと素敵なご夫婦です。

馴れ初めが素敵

砂川啓介さんと大山のぶ代さんは1964年に結婚しました。

2人は1963年8月舞台『孫悟空』での共演で知り合いました。

ちなみに、NHKの『おかあさんといっしょ』でも共演していたそうですが、お互いに面識はなく会うことはなかったそうです。なので、大山さんは楽屋に挨拶に来た砂川さんを出前のそば屋だと勘違いしていたそうですよ。

その後、一緒にドライブに行った時、不良に絡まれている中学生を見つけたそうです。
特にお互い相談もしていないにもかかわらず、とっさに田舎から出てきた夫婦を演じ、その不良に道を尋ねるふりをしたそうです。そして、その隙に中学生を逃がしてあげたそうです。

このような出来事から結婚を考えるようになったそうです・・・。

また、その際とても丁寧に道を教えてくれたといい「不良とは言え、みんな優しい心を持っているんだと思った」とも語っている。

結婚を意識するぐらいお互い惹かれ合ったんでしょうね。

年齢詐称した理由

大山のぶ代さんは長らく、1936年10月16日生まれとしていましたが、実は大山さんは1933年10月16日生まれで砂川さんとは3つ違いで姉さん女房でした。

記者の方にこの事を聞かれた砂川さんは

「結婚した1964年当時は姉さん女房に抵抗のあった時代で、うちの両親に対する心遣いで1つ違いにしておこうと思ったのでしょうね」

と、当時の大山さんの気持ちを代弁して語っていたようです。

この時点で大山さんは認知症を患っていました・・。

年の差夫婦が当たり前というか別におかしくない時代にとっては、大山さんの行動はなんとも微笑ましいですよね。

現在は?

大山のぶ代さんは、2004年に心筋梗塞と脳梗塞を発症。しかし自宅療養と懸命なリハビリにより、日常生活の不安はないまでに回復し、活動を再開。

2015年5月、砂川さんは大山さんがアルツハイマー型認知症を発症し闘病中であるということを明らかにしました。

そして2016年4月、砂川さんは尿管がんを発症します。そのため大山さんは老人ホームに入所することに。

まとめ

砂川さん・大山さんというすごく幸せな夫婦に、数々の困難な出来事がやってきては乗り超えてきました。

いつか大山さんの病気がよくなり2人でテレビ出演することになったらいいのにと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク