岡田茉莉子、夫は映画監督の吉田喜重で子供がいない理由。激痩せ・歯・目の下について


岡田茉莉子、夫は映画監督の吉田喜重で子供がいない理由。激痩せ・歯・目の下について
出典元:tv-asahi公式サイト

昭和の美人女優として知られている岡田茉莉子さん。今ではもう大御所女優さんです。

そんな岡田茉莉子さんについて子供のこと、またネットで噂になっている激痩せ目の下などについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

岡田茉莉子 プロフィール

【芸名】岡田茉莉子(おかだ まりこ)
【本名】吉田鞠子 よしだ まりこ
【出身】東京都
【生年月日】1933年1月11日

〜家族構成〜
叔母:御幸市子(宝塚スター)
父   :岡田時彦(無声映画時代を代表する二枚目俳優)
母   :田鶴園子(宝塚歌劇団卒業生)

岡田茉莉子さんは、1951年に映画『舞姫』の準主役に抜擢される。

以降、東宝映画の主演スターとなります。

その後は松竹と専属契約し、有馬稲子さんと共に松竹の二枚看板として大活躍し数々の賞などを受賞していく。

また、父娘とも芸名の名付け親は、あの作家の谷崎潤一郎さんだそうです。

「お父さんの芸名を付けたのだから君の名前も私が付けましょう」

と言って付けてくれたそうである。

また、大の阪神タイガースファンとしても有名な岡田茉莉子さん。

最近では、

「最近、テレビに出ている若い女優さんについてどう思われますか?」という質問に、「あの方たちは女優じゃありません。タレントさんです。」

と発言し賛否両論の声が。

思ったことをハッキリする性格のようである意味気持ちがいいですね。

夫は映画監督の吉田喜重

岡田さんと吉田喜重監督は、映画『秋津温泉』で出会い、その後交際に発展し結婚

1964年6月21日、旧西ドイツのバイエルン州で海外挙式をする。

ヨーロッパ各国を巡った約40日間の新婚旅行は、当時はまだ海外渡航自由化の直後で、貴重な挙式と旅行になったという。

吉田喜重プロフィール・経歴

【氏名】吉田喜重(よしだ よししげ)
【出身】福井県福井市
【職業】映画監督、演出家、脚本家
【学歴】東京大学文学部仏文科卒
【生年月日】1933年2月16日

1933年、福井県で生まれた。福井大空襲で家が焼失し、一家で東京の田園調布に転居。

高校時代は演劇部には入らなかったものの、自作の演劇脚本を文化祭で上演するなど、高校時代から才能を発揮。

1951年、東京大学文学部仏文科に入学。

1955年、大学卒業後は松竹大船撮影所に入社。助監督を経て1960年に『ろくでなし』で監督デビュー。

以後、『秋津温泉』『嵐を呼ぶ十八人』などの作品を手がけ活躍していく。

1964年『日本脱出』のラストシーンを松竹に無断でカットされたため退社。

1966年に独立プロの「現代映画社」を設立。

1969年の『エロス+虐殺』がフランスで上映されたことから海外でも注目され始める。

以降、映画監督として復帰し数々の作品を送り出し、数々の賞を受賞するなど日本を代表する映画監督の一人となる。

夫婦で30年以上ジムに通っているそうですよ。いつまで経っても仲がいいですよね。

子供がいないのは理由がある?

気になるお二人の子供ですが、2人に間には子どもはいないみたいです。

理由は定かではありませんが、ネット上にはちらほらそのような気になる情報がありました。

子どもを産むと美しさを保つために整形をする女優が多いから、そのような事を言われないよう子供を作らないと。

また、子どもが出来るとそういった行為をしたという事実があり、それを想像されるのが嫌だから作りたくないと。

どこまでが真実かはわかりませんが、どこまでいってもプロ意識の高い方なんだと思いますね。

激痩せ・歯・目の下について

岡田さんがテレビに出るたび噂されているのが、目の下のたるみと、歯の違和感です。

確かに、現役バリバリのころに比べれば、現在の目の下の劣化は激しいし、歯は入れ歯のような感じにも思えますね。

また、最近は頬のラインが以前と比べてシャープになり痩せたようにも思えます。なかには激痩せと思う人もいるかもしれませんね。それで歯も不自然に思うのかもしれません。

でも考えてみて下さい!80歳超えていてあの若さと綺麗なのは素直に凄いと思いませんか・・。年齢のことを考えれば、目のたるみ・歯については仕方ない気がしますけどね。

まとめ

今回、岡田さんについて書いてきましたがザ・女優という感じがしていい意味で凄い方なんだと思います。

夫婦で映画賞なども受賞されているので、これからも女優として、映画評論家としても活躍していってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク