大橋トリオ、結婚し妻や子供は?経歴や著名人達を虜にするおすすめの曲

大橋トリオ、結婚し妻や子供は?経歴や著名人達を虜にするおすすめの曲
出典元:大橋トリオ公式サイト

大橋トリオさんは、シンガーソングライター・作曲家・編曲家として活躍されていて、あの世界で活躍する錦織圭さんや俳優の瑛太さんなど、アーティストやクリエイターと著名人から大人気があります。

そんな、モデルのようにオシャレでヒゲが似合う大橋さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

大橋トリオ プロフィール

【芸名】大橋トリオ(おおはし とりお)
【本名】大橋好規(おおはし よしのり)
【出身】兵庫県西宮市生/千葉県出身
【生年月日】1978年7月12日
【学歴】洗足学園音楽大学音楽学部卒
【その他】ディケイド 所属
大橋さんは、ピアノ・ギター・ベース・ドラムなど、あらゆる楽器をこなすソロ・アーティストなのです。

「大橋トリオ」という名前からバンドを組んでいるイメージだけど、ソロアーティスト。

ピアノ、ギター、ベース、ドラムなど、あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤーでもあり、ジャズ、アコースティックをベースに、映画やCM などの音楽制作、歌手(SMAP・小泉今日子・山下智久ほか)への楽曲提供。

結婚し妻や子供は?

大橋トリオさんって彼女がいるのか?もしくは結婚しているのか?気になり調べてみるとどうやら結婚されているようです。

情報によれば、奥さんは作詞家のmiccaさん。

大橋さんの日本語歌詞はほぼ全て奥さんであるmiccaさんが書いているようです。大橋さんの音楽に物語を感じるのは、この歌詞によるものも大きいかと思います。

お互いをリスペクトしていて素敵な夫婦なんだろうなぁと思います。

子供は?

大橋夫妻にとても悲しく辛い出来事があり、miccaさんのTwitterの投稿はしばらくなかった。

しかし、大橋さんのアルバム『10ten』のリリースにあたり、ほんの少し心が落ち着いたのか、そのアルバム10tenの中に「はじまりの唄」という曲があり、その曲に対してmiccaさんはTwitterでつぶやきました。

今日は大橋トリオ10ten発売日。
昨年は私達の小さな可愛い花がtenの光になりそして星になった。
全ての出来事は私を作る材料だから、また私はここで生まれ、そしてはじまりの唄。全てのアンジュリア達に愛を込めて、、この音が聴いて下さる皆さんの輝きに変わります様に心を込めて…

と。(引用元:https://www.instagram.com/p/BBUGEq8Mgwz/)

これについてファンの皆さんの応援の声が多数ありました。

そんな思いのこもった『はじまりの唄』は泣けます。2人の愛がいっぱい込められた素晴らしいアルバムは詞とメロディが心に響き、癒され、元気をくれます。

結婚式

大橋トリオさんの曲は結婚式でよく使用されています。

『HONEY』
これまで大橋トリオさんのプロモーションビデオを手掛けてきた映像作家であり、また大親友の柿本ケンサクさんが、フランス・モンサンミシェルで挙げた結婚式にインスパイアされ産まれた曲

『ラブリー』
小沢健二さんのカバー

『Bing Bang』
曲のポップさもあって、結婚式のゲストを迎える迎賓のシーンで人気が高い

『そんなことがすてきです』
毎日の幸せをかみしめたくなるような曲

どれもこれも迷ってしまいそうないい曲ばかりです。わたくしが一番なのは『HONEY』でしょうかね。

経歴や服装がオシャレ

パリッとした気持ちがいいシャツにパンツ、シルクハットを被り、長髪に髭。ちょっとユーモラスで粋な大橋さんが奏でるのは、粋でモダンでも間口の広いポップ・ミュージック。そんな音大でジャズ・ピアノを学んだ彼の経歴を追ってみたいと思います。

経歴

音楽を始めるきっかけとなったのは、父親が音楽関係の仕事に就いていた影響。

幼少の頃より様々な楽器に触れ、3歳の時にピアノを習い始め、13歳の時にはドラムを始める。

16歳になるとロックに傾倒し、エレキベース、エレキギター、アコースティックギターをバンド等で演奏する。

ジャズに傾倒する。

作曲家になるためにはジャズを勉強した方がいいと「洗足学園音楽大学」へ進学。

音楽理論や演奏技術を学ぶかたわら、様々なジャンルの音楽を聴くようになり、在学中に作曲を始める。

2003年、本名の大橋好規名義で音楽家として活動を開始。

大学卒業後の2003年、映画『この世の外へ クラブ進駐軍』にミュージシャン役で出演し、ピアノ演奏および編曲を担当。

その際、俳優の村上淳さんのピアノの演奏指導を行ったことがきっかけとなり、その後数々の映画音楽やCM・CF音楽を担当するようになる。

2004年には、半野喜弘のアルバム『Lido』の発売を記念したコンサート『Yoshihiro Hanno Concert “Lido”』に、Lido Ensembleのピアノおよびキーボード担当として参加。

2005年にはTammyのミニアルバム『ギターとラブレター』で初めて音楽プロデューサーを務める。

2006年、映画『colors』のサウンドトラック『colors original soundtrack』を発表。

2007年より大橋トリオ名義で歌手としても活動を開始し、2初のアルバム『PRETAPORTER』を発表。

以降、ナレーターとしても、CMやアーティストの作品のTVスポット等で活動を行う。

2009年、ミニアルバム『A BIRD』でメジャーデビュー。

ファッション

高校生の時に色気づいてきたという大橋さん。当時は雑誌の『メンズノンノ』を参考にしていたようです。

今は、意外に小ぎれいな年相応のファッションをめざしているようです。また最近はローファーを気に入ってよく履いているみたいです。

著名人を魅了

大橋さんのやさしい歌声は、耳にすーっと入って心地よい気分にさせ、その気だるく甘く、色気のあるほわっとした声色に魅了されている著名人も多数おられます。

錦織圭
世界で活躍しているテニス銅メダリストの錦織圭選手は、大橋さんのファンで試合前によく聴いているんだそうです。ゆっくりした曲が好きという錦織圭選手の一番好きな曲は「はじまりの唄」。

瑛太
俳優の瑛太さんは「大橋さんの音楽に救われてきた」と語っていたようです。

クリス松村
音楽通でもあるクリス松村さん曰く

「大橋トリオさんはベテランで全く期待を裏切らないアーティスト。自分が聴いてきた中で素敵だなと思う音楽を取り入れて大橋トリオの音楽にしているもっとブレイクしていい。」

と絶賛。

村上淳との関係
俳優の村上淳さんと大橋さんは関わりが深いんだそうです。同じ事務所の2人は映画共演を機に親交があり、大橋さんに歌うことを勧めたのが村上さんだそう。

村上さんは作品制作にも携わることも多く、これまでにアルバムのジャケットのアートワークデザイン、Tシャツのデザインを担当していた。

また、アルバムのタイトル考案やライブに参加していた。

おすすめの曲

2011年、トヨタ『ラクティス』のCMソングに起用された曲。
なんとなく聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

また彼の魅力はオリジナルの楽曲だけではありません。カバー曲だって、原曲のイメージを崩さずに、自分の音楽として成立させています。

まとめ

調べていくうちに、曲を聴いたりしていくうちにみんなが虜になっていく気持ちがわかるような気がしました。歌声がほんと最高に素敵です。

今後、どんどん活躍していってほしいアーティストの一人です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク