林部智史、彼女はどんな人?看護学生から歌手になるまでの経緯

林部智史、彼女はどんな人?看護学生から歌手になるまでの経緯
出典元:林部智史オフィシャルサイト

聴く人の涙を誘う、絶対的な歌唱力に加えその透き通るような繊細な歌声を魅了している林部智史さん。

今最も泣ける歌と評判になりデビュー曲「あいたい」が有線放送全国ランキングで1位になるなど輝かしいデビューを果たしています。

そんな林部さんの噂がある彼女について、歌手になるまでの紆余曲折した経緯などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

林部智史 プロフィール

【芸名】林部智史(はやしべ さとし)
【出身】山形県新庄市
【生年月日】1988年5月7日
【身長】172
【血液型】O

林部さんは、EXILE ATSUSHIさんなどを輩出した「ESPミュージカルアカデミーヴォーカルコース」を卒業。しかも首席!

卒業後、テレビ『THEカラオケ★バトル』に出演。圧倒的な歌唱力が高く評価され、番組には最多出演を誇る。

2015年10月、年間チャンピオン決定戦では、番組史上初となる予選・決勝共に連続100点を記録し、2015年の年間チャンピオンを獲得。

歌上手でけっこいい成績は残すもの優勝が出来ませんでした。が、2015年にやっと年間チャンピオンを取り、そのあとは何回か優勝を果たしています。

そんなイケメンで歌が上手い林部さんに熱愛している彼女がいるという噂がありますが・・。

彼女ってどんな人?

これからまだまだ知名度が上昇していくであろう林部智史さんに熱愛の噂というのはどういうことなのでしょうか?

たしかに林部さんを検索すると「彼女」「熱愛」といったワードが上昇していました。

色々調べてみましたが、信憑性ある噂やスクープされた形跡も一切ありませんでした。

イケメンだし歌上手いし若いし・・とモテるでしょうから彼女がいるだろうという憶測をしてしまいますよね。

今は、恋愛よりも仕事が忙しいような気もしますし、でも思いを込めて歌をうたい上げるのは、そういった人がいるのか・・真実はどうなのでしょうね。

これからもっともっと知名度が上昇すれば噂などが浮上してきそうですね。

ちなみに林部さんに愛してやまない家族がいるんだそうです。

「ゆきちゃん」といってかわいいちゃん。またウサギも飼っているようです。動物好きなんでしょうね。

看護学生から歌手になるまでの経緯

林部さんはデビューしたばかりの新人ながらライブが完売する盛況ぶりで、順風満帆な歌手生活に映りますが、実は彼はかなり悩み、苦しんだことも多かったようです。

幼稚園の頃から歌手に憧れていたという林部さん。でも兄も姉も進学校に通っていて、自分もその道に進むべきだと思っていたので「歌手になりたい」という選択肢は許されないと思い込んでいたそうです。

だから家族にも友達にも歌手になるという夢を語ったことはなく、自分の中で封印してきたという。

高校は、バスケットボールの強豪校への進学を考え一般入試で高校受験をするものの失敗し、1浪の末に「山形県立山形南高等学校」に合格。

多くの挫折を繰り返していた。

高校卒業後は、看護の道を志して「鶴岡市荘内看護専門学校」に入学。

しかし、受け持った患者の死に心のバランスを崩し、原因不明の高熱にうなされ、引きこもる日々。うつ病になり看護師を目指すのが困難になった。

同じくうつ病を経験したお姉さんの助言で沖縄に行くことに、そしてここからアルバイトをしながら放浪の旅を続けることになる。

林部さんは、ひとり旅に戸惑いを感じていましたが、沖縄で気持ちが軽くなって日本1周の旅に出ました。

行く先々では、ギターを弾く人に出会い、いつも笑顔で歌っていたという。病から笑顔が取り戻せたようです。

そして北海道の礼文島で歌っていた時、「その歌声で歌手を目指さないのは、おかしいよ」と言ってもらい、ようやく、心の扉が開いたそうです。

23歳の時、一念発起しEXILEのATSUSHIさんらを輩出した音楽の専門学校に入学。

学費を稼ぐために、2年間は毎朝2時起きで新聞配達をしていたという。

学校では実力を十分に発揮し主席で卒業。

しかし、その後は自ら歌の道を離れてしまうのです。

在学中に100以上のオーディションを受けても惨敗で、主席になっても、所属先も決まらない。

「歌はもう無理」と、見切りをつけていた時、恩師が「今は止めないが、“音楽がやめさせてくれない時”がきたら、進むしかない」と声をかけてくれたそうです。

そして卒業の翌年、テレビ『THEカラオケ★バトル』の出演が決まった時、「あ、きたな」と、直感で感じたそうです。

それからは、ご存知の通り今までの実力をどんどん思う存分に発揮し念願だった歌手デビューを果たしました。

まとめ

爽やかなイケメン林部智史さんは、すぐさま歌手デビューをし売れたわけではなく紆余曲折を経てやっとの思いでデビューしました。

単なる話題性だけでなく、しっかりとした下積みがあり、たしかな実力があるのでこれからは今以上に売れる方だと思いますね。

今後も素敵な曲をたくさん聴かせてほしいと思います・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク