井村雅代、結婚した相手は教師で子供は?青木愛が語るコーチの真の姿とは?


井村雅代、結婚した相手は教師で子供は?青木愛が語るコーチの真の姿とは?
出典元:YAHOO!公式サイト

シンクロナイズドスイミングヘッドコーチ鬼コーチとして知られている井村雅代さん。

そんな井村さんは、日本のシンクロナイズドスイミング界の基礎を作り上げ、そして世界で戦える選手の育成を行ってきました。

その指導者としての実績や功績から「シンクロ界の母」と呼ばれています。

今回は、井村さんの結婚子供といったプライベートのこと、また元シンクロナイズドスイミング選手だった青木愛さんが語るコーチの素顔に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

井村雅代 プロフィール・経歴

【氏名】井村雅代(いむら まさよ)(旧姓:福井)
【出身】大阪府
【学歴】天理大学卒
【生年月日】1950年8月16日

井村さんは、小学校の頃に水泳を習い中学生になってシンクロを始めました。大阪府立生野高等学校、天理大学を卒業。

シンクロ選手として、日本選手権で2度優勝、ミュンヘンオリンピックに出場し活躍していました。

1974年、大阪市内の中学校などで保健体育科の教諭を務める傍ら、1975年より古巣の浜寺水練学校に請われる形でシンクロ指導者としての活動を開始する。

1978年からは日本代表コーチに就任。

1981年、教職を退職。

1985年からは大阪府内に「井村シンクロクラブ」を創設。競技者育成を行い独特のスパルタ式指導法で世界的な選手を次々と育てあげます。

以降、長年に渡り日本のシンクロナイズドスイミング界を牽引し、凄まじいぐらいストイックな姿勢でシンクロ指導者としての道を邁進していきます。

シンクロ界の母

コーチとして所属していたクラブから独立し「井村シンクロクラブ」を設立したことにより、前所属クラブから圧力がかかっていたようです。

というのもクラブを創設した直後は、専用プールがなかった。にも関わらず前所属チームは「井村にプールを貸すな」という圧力をかけていたようです。そのせいで大変苦労も多かったという。

そんな苦しい境遇を乗り越えた井村さんは、7年後のバルセロナ五輪でクラブからメダリストを輩出しました。(奥野史子さんがソロ、デュエット(奥野・高山ペア)で銅メダルを獲得しました。)

その後、毎オリンピックに出場していく。

2001年世界水泳福岡大会、立花・武田組が日本初の金メダル、アテネ五輪ではこのコンビと、チーム種目が、それぞれ銀メダルを獲得するという華々しい活躍をする。

その後、井村さんは日本代表コーチを退任。

2008年、中国代表チームの監督に就任。

長年に渡って日本代表のコーチを務め、日本チームを知り尽くしている井村さんがライバルである他国代表チームの監督に就いたことについて、批判的な意見も沢山ありました。

しかし井村さんは、批判に耐えて選手たちを指導し、オリンピックメダリストを育成し中国においても「中国シンクロチームの母」として知られるまでに。

2008年9月、中国代表チームの監督を退任。

その後、井村シンクロクラブで指導を行いつつ、日本や中国での講演活動を行う。

中国の報酬が凄かった

あくまでも噂ですが、中国が井村さんに出した報酬は年俸で1億円だそうです。

また金メダルを取ったらさらにボーナスが出るという。

指導方法には口を出さないと言う約束で、住まいは高級マンションを貸してもらい、専属の通訳とマッサージ師や専属のコックまで付いていたそうです。

凄いですよね・・。

結婚した相手は教師で子供は?

井村さんは、1977年に当時勤めいたいた同僚の体育科教諭と結婚しました。これを機に現在の井村姓となりました。

シンクロ漬けの半生を過ごし、シンクロに人生を捧げていたイメージのある井村さんでしたから意外に結婚されているとは思いませんでした。

井村さんが教諭として働いていた時期だから結構はやめに結婚されていたのですね。

鬼コーチも恋愛となれば別なのでしょうかね・・・。

子供さんについてですが、信憑性ある情報や噂などが一切ありませんでした。なのでもしかしたらいないのかもしれませんね。

青木愛が語る井村さんの素顔

元シンクロナイズドスイミング選手の青木愛さん。

8歳からシンクロナイズドスイミングを始め、2005年の世界水泳選手権で日本代表に初選出。2008年の北京オリンピックにも出場し5位入賞。大会直後に現役を引退し、現在はタレント、レポーターとして活躍中。

現役時代は大きな瞳に愛らしい顔、身長が173㎝のバランスのとれた肢体、スラリと伸びた手足で女子アスリート史上NO.1の美貌と称されていました。

そんな青木さんは、中学2年生から井村コーチが運営する「井村シンクロクラブ」に所属していた経歴の持ち主。

青木さんいわく井村コーチのことを「選手に対する愛情が人一倍ある」そんなエピソードを語っていました。

青木さんが日本代表だった当時、肩を負傷したことがあったそうです。

当時井村コーチは中国代表のヘッドコーチに就任していたにも関わらず、青木さんの通院にいつも付き添っていたそうです。またリハビリでの練習も、マンツーマンで指導を行っていたんだそうです。

青木さんは「本当に、何より選手のことを、一番に考えてくださってる先生」と・・。

多くの人がテレビなどで井村さんの鬼コーチっぷりを見たことがあるのではないでしょうか?

あの怒っている井村さんだけをみれば、怖い人だけかもしれませんが誰よりも選手のことを思っている井村さんだからこその指導方法なのではないでしょうか?

あの指導がなければ今の日本のシンクロ界はなかったかもしれませんね・・。

まとめ

井村雅代さんについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

井村さんの非情なまでのスパルタコーチは、日本のシンクロ界への思いと、選手たちに「金メダルを取らせてあげたい」という愛情が必ずあるということがわかったような気がしました。

もう一度、井村さんと並んで選手たちの笑顔を見たいものです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク