ブルゾンちえみ、コシノジュンコをリスペクト!教員志望から芸人の道に

ブルゾンちえみ、コシノジュンコをリスペクト!教員志望から芸人の道に
出典元:ワタナベエンターテインメント

2017年ブレイクするであろうといわれている 上から目線のいい女。女性芸人のブルゾンちえみさん。

2017年1月1日に放送されていた『ぐるナイ!おもしろ荘』で優勝し早くも注目されるようになりました。若手お笑い芸人の登竜門的番組ですからね・・。

セクシーなキャリアウーマン風スタイルで、男性と絡みながらダンスするちえみさんにネットでは中毒性のある独特な雰囲気で「売れるやつだ」などの声があがっていました。

そんなちえみさんは、コシノジュンコさんをリスペクトし、はじめは芸人よりも教員志望だったそうですよ。そんな気になるいろんな事を調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブルゾンちえみ プロフィール・経歴

【芸名】ブルゾンちえみ(ぶるぞん ちえみ)
【出身】岡山県
【生年月日】1990年8月3日
【身長】155
【学歴】島根大学教育学部中退
【その他】ワタナベエンターテインメント所属

趣味は、日々の生活で見た色っぽいものなどを撮ってInstagramに載せる、洋画鑑賞、海外メイク研究。

特技は西洋占星術、アルバイト先での影響からインド人とネパール人とスリランカ人が見分けられる。

スポーツは、長距離走3000m、5000m、10000mを10年間やっていた。

2015年9月、ワタナベエンターテインメントカレッジ卒業し、ワタナベエンターテインメントに正所属となり同年中にデビュー。

【芸風】
パッツン前髪に、濃〜いメイク、女性らしい丸みを帯びたボディライン、そして身体を強調させた衣装が特徴。

もともとピン芸人ですが、横に男性芸人2人(同じ事務所所属の後輩コンビ・ブリリアン)を「With”B”」として従えネタも披露しています。

それがまた面白いんですよ〜。

良い女感のオーラを漂わせながら男性とセクシーに絡みながらダンスをする。

「自分から狩りに出ないと男は出来ないって思ってない?花は自分からミツバチを探しに行きますか?探さない。待つの。まいてごらん?自然と男は寄ってくるから」などと格言を繰り出す。

両となりの男性は芸人ながら顔もそこそこイケメンでなかなかいい身体をしております・・笑。

コシノジュンコをリスペクト

ファッションデザイナーのコシノジュンコさんをリスペクトしているブルゾンちえみさん。

だから、髪型やメイクがコシノさん風なのが納得です。歳はさすがに違いますけれど、なんだか似ています。

そんな大好きで憧れのコシノジュンコさんに会ったそうです。

それは、青山のコシノさんのお店へ行ったとき、パーティーのチラシが置いてあったので、出席したそうです。

そこで、本人とあいさつをすることができたそうです。

そしてコシノさんから『メークも髪形もチャーミングね』と褒め言葉をかけてもらい、自信がついたそうです。

それはもうブルゾンちえみさんにとっては夢のようですね。

今後の目標について、バラエティーに出ること。そして将来は、海外セレブみたいに化粧品のプロデュースをしたい。売れたら、衣装など自分の身の回りにお金を使いたいんだそうです。

叶う日も遠いようで近いような感じですね。

教員志望から芸人の道に

ブルゾンちえみさんのお父さんは、岡山県の小学校の先生をしているそうです。そしてその影響からか、学生の頃は島根大学教育学部に入学し教員を目指していたようです。父の背中を見ていたんでしょうね。

しかし、3年で中退し地元岡山に戻り劇団で活動するようになる。その後、大阪で歌の活動を始め、上京。

そしてワタナベエンターテイメントのタレントコースに入学。

当初、タレントを目指していましたが、すぐにテレビに出演したい!とアピールしたところ講師の方に「一番手っ取り早いのは芸人になること」と言われて芸人の道に方向転換。

教師からタレント、そして女ピン芸人になったブルゾンちえみさん。かなりぶっ飛んだ夢ですよね〜。

家族の反応は?
学校の先生をしているお父さんだから、さぞかし厳格な厳しい人だから芸人になるなんて反対されていたのかと思いきや、意外にも寛容だそうで、出番が1分の東京のライブでも岡山から見に来てくれるんだそうです。

いいご両親ですよね。泣けます。

まとめ

ブルゾンちえみさんのプロフィール・コシノジュンコさんをリスペクト!そして教員志望から芸人の道に進まれた経緯を書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

新年初めで「おもしろ荘」でスタートし優勝、今後ブレイク間違いなしだと思う女芸人さんですので今後、ぜひとも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク