岡野真也、ボク、運命の人〜で宇久森みどり役。どんな人?彼氏の存在は

岡野真也、ボク、運命の人〜で宇久森みどり役。どんな人?彼氏の存在は
出典元:ソニー・ミュージックアーティスツ公式サイト

若手女優ですがさまざまな作品のドラマ・映画・舞台に出演し活躍している岡野真也さん。

そんな岡野さんが2017年4月15日に、亀梨和也さん主演のドラマ『ボク、運命の人です。』に出演します。

ドラマの内容や役柄、また岡野さんの人物像に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』に出演

運命の恋」をテーマにした作品。お互い見ず知らず、されど30年もの間、幾度となくすれ違いしてきた男女の恋を描いている。

また亀梨和也さんと山下智久さんが、同じ土曜ドラマ枠のドラマだった『野ブタ。をプロデュース』以来約12年ぶりのタッグ「亀と山P」を組んで主題歌を担当。

亀梨和也さん主演のドラマで、なおかつ同じジャニーズで主役級の山下智久さんもドラマに出演するという豪華さ。

【物語】

この4月、都内の会社に異動してくることとなった正木誠(亀梨和也)。彼は女運がなく、なぜか付き合う女性たちには大きな難があり、挙句に別れを告げられるような恋愛を重ねていた。

そんなある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れる。

彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言い放つ。

怒る誠だったが、謎の男がテレビを点けると、そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿が。

愕然とする誠。なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く誠に、神様は言う。「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と。そして差し出す1枚の写真。

それは湖月晴子(木村文乃)の写真だった。だが、誠は晴子のことを知らない――。
(一部引用:ntv)

【宇久森みどり役】

亀梨和也さん演じる正木誠と同じ会社で働いていて、会社では娘的存在。

若手ながら演技派女優の岡野真也さん。どのように宇久森みどりを演じられるか楽しみですね。

物語で恋の発展とかもあるのでしょうかね・・。

【キャスト】

・正木誠(亀梨和也)
主人公。謎の男と出会い、晴子を運命の人と信じるようになる。

・湖月晴子(木村文乃)
誠の会社の隣で働く女性。運命なんて信じない現実的な性格。

〜湖月家〜
・湖月大地(杉本哲太)
晴子の父。一言多いが憎めない。

・湖月善江(石野真子)
晴子の母。悪気なくチクリとさす物言い。

〜スワローマーケティングス社〜
・四谷三恵(菜々緒)
晴子の同僚で大親友。直感型。

・鳩崎すみれ(渡辺江里子/阿佐ヶ谷姉妹)
晴子の会社社長。

〜ウエルカムウォーター社〜
・葛城和生(澤部佑)
誠の仲良き同僚。

・関原卓(大倉孝二)
誠の先輩。優れた営業マン。

・烏田翔吉(田辺誠一)
誠の上司。超自然派な会社部長。

〜自称・神様の男〜
・謎の男(山下智久)
誠の運命の恋を後押しする。

新しいドラマの内容で面白そうな感じがします。

どんな人なの?

岡野真也 プロフィール・経歴

【芸名】(おかの まや)
【出身】栃木県宇都宮市
【生年月日】1993年2月22日
【身長】155
【体重】42
【血液型】A
【趣味】読書
【特技】民舞、側転、くしゃみの演技
【その他】ソニー・ミュージックアーティスツ 所属

2005年、岡野さんが中学1年生の時にお父さんの薦めで「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」を受ける。

結果、ファイナリストに選ばれ現ソニー・ミュージックアーティスツに所属が決まり現在に至る。

ちなみに「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」は、角川映画とソニー・ミュージックエンタテインメントが共同で実施したオーディション。

応募総数は37,749人。その時のグランプリや準グランプリなどに輝いた人達は下記の通りです。

・グランプリ 蓮佛美沙子
・準グランプリ 関戸優希、水谷里歩
・審査員特別賞 高木古都、河原田麻亜里、土屋太鳳
・Yahoo! JAPAN賞 水谷里歩

今、女優として活躍している蓮佛さんをはじめ土屋さんたちの名前が挙がっていますね。

2007年、ドラマ『介助犬ムサシ〜学校へ行こう!〜』でデビュー。それ以降は数々のドラマ・映画・舞台・CM・雑誌と順調に出演されています。

主な作品(下記以外にもたくさん出演されています)
【ドラマ】
・2010年『ゲゲゲの女房』
・2011年『仮面ライダーオーズ/OOO』
・2013年『GTO 完結編〜さらば鬼塚!卒業スペシャル』
・2014年『アゲイン!』

【映画】
・2010年『時をかける少女』
・2011年『アバター』
・2012年『ツナグ』
・2015年『図書館戦争-THE LAST MISSION-』

【CM】
・2009年『カルピス カルピスソーダ』
・2011年『ソフトバンクモバイル』
・2013年『サントリー C.C.サイダー』
・2014年『アソビズム ドラゴンポーカー』

次々に仕事が舞い込むのは、可愛いだけでなく実力も伴っているからなんでしょう。

人物像について

長年、血液型がわからなかったそうですが18歳の時に判明(2011年3月27日のブログにて発表)。

それ以前は、献血に行っても判明しないで本人曰く「17年間の謎」だったそうです。そんなことってあり得るんですね。

趣味の読書は、自宅で本をいったん読み出すとソファーから降りられなくなるほど大好きだそう。

音楽を聞くのが好きで(特にロック・洋楽)、ライブなどにも頻繁に行っているんだそう。

好きな食べ物は、あずき。中学まではこしあん派で、今はつぶあん派。

高校で、華道部(安達流)に所属。月1回の活動で副部長を務めていた。

大学では、文化人類学を学んでいる。また映画制作サークルに所属し、ここでは役者としてではなく、脚本やカメラマンなど裏方仕事を中心に活動。

美少女評論家の高倉文紀さんは岡野さんについて

岡野は次世代の女優像として求められている「清潔感があって、知的な雰囲気があり、時代を超えた懐かしいたたずまいを持つ」の3つ全てを備えている
(引用元:Wikipedia)

と評されていました。絶賛です。

彼氏の存在

岡野真也さんは独特の魅力があって可愛い女性。彼氏がいるのか気になるところです。

調べてみましたが、信憑性ある情報や噂などが一切ないことから現時点では彼氏はいないと思われます。

もしかしたら今後、今以上に知名度が上昇すれば噂のひとつやふたつ浮上するかもしれませんがね・・。

プライベートにおいてまだまだ目が離せません。

まとめ

岡野真也さんについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

これからどんどん色々な情報が浮上してくると思うのでまたその時は更新していきたいと思います。

今後、活躍していってほしい女優さんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク