竜星涼、ひょっこで警察官・綿引正義。スカウトから戦隊・パリコレの道程

竜星涼、ひょっこで警察官・綿引正義。スカウトから戦隊・パリコレの道程
出典元:研音

端正な顔立ちで顔が小さく、それでいて背が高くイケメンな竜星涼さん。テレビ『獣電戦隊キョウリュウジャー』桐生ダイゴとして出演して以来、一躍人気ものに。

そんな彼が国民的人気のNHK朝ドラ『ひよっこ』に出演します。

さっそく色々、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

竜星涼 プロフィール

【芸名】竜星涼(りゅうせい りょう)
【本名】非公開ですが情報によれば 「三上竜星」
【出身】東京都
【生年月日】1993年3月24日
【身長】183
【体重】63
【血液型】A
【趣味】サッカー・バスケ
【特技】走り高跳び
【その他】研音 所属

『ひょっこ』で警察官・綿引正義役

2017年4月3日からスタートする、有村架純さんヒロインのNHK朝ドラ『ひよっこ』に竜星涼さんが出演します。

【物語】
1964年、東京オリンピックが開催された年。

大家族の農家に生まれ、のんびりとして育ったヒロイン・谷田部みね子(有村架純)。

これといって大きな夢もなかったみね子は、高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんになると思っていました。

ところが、高校3年の冬、みね子の人生は突然動き始めます。東京に出稼ぎに行った父(沢村一樹)が突然行方不明に・・。

そのような中、父の分も働くために上京することを決意するみね子。

自分の殻をひとつ破って「幸せな家族を取り戻す大冒険」に乗り出します。

東京に出てきたみね子は、墨田区にあるトランジスタラジオを作る工場で働き始めます。

新しい仲間もできて仕事にも慣れてきたころ・・・・。

【綿引正義役】
茨城県出身の赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する真面目な性格の警察官。

父親の捜索願を出しに来た美代子(有村架純)が同郷と知り、少しでも役に立ちたいとの思いから捜索の手伝いを申し出る。

爽やかなルックスからか、トランジスタラジオ工場の乙女寮の女子工員たちをとりこにしてしまう。

イケメンとあってドラマでもモテモテの役柄のようですね。

スカウトから戦隊シリーズ、パリコレまでの道程

2009年、原宿の竹下通りで美容院に行く途中でスカウトされる。さすが東京だなぁ〜。

2010年1月、正式に研音に所属。

2010年4月、テレビ『素直になれなくて』で、上野樹里さん扮する水野月子の教え子役で俳優デビューを果たす。

2012年『ライアーゲーム -再生-』で映画初出演。

2013年2月〜2014年2月に放送された、テレビ『獣電戦隊キョウリュウジャー』の桐生ダイゴ・ キョウリュウレッド(声)役でテレビドラマ初主演。同作で岩泉猛志ノ介役(ノンクレジット)も務める。

2013年に公開された『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック 』で映画初主演を果たす。

2014年6月14日に開催された『MTV VMAJ 2014』に授賞式のプレゼンターであるゲストセレブリティーとして出演。

現在もテレビ・映画・CMへと活躍されています。

絶賛

俳優初挑戦に出演したドラマ『素直になれなくて』のプロデューサーだった中野利幸さんは竜星さんについて、

俳優としての応用力や空気に馴染む早さを称賛し、ドラマで回を重ねていくうちに上手くなっていく様子を「役者としての勘がいいと思う」と評価されている。

筋肉が凄い

竜星さんは細いですけど、脱いだら筋肉がけっこうあってムキムキです。その理由は、事務所が行っている「研音 肉体改造部」に秘密が隠されています。

その活動はかなり激しくて、竜星さんの体脂肪率は8%をきったと公表されています。アスリート並です!

「研音 肉体改造部」とは
所属の若手タレントが俳優として必要な体づくりを目的として活動していくプロジェクト。俳優・反町隆史さんの思いから始まったという。

パリコレ

受かるかどうか分からないパリでのオーディションを単身で受けに行った竜星さん。

見事「ヨウジヤマモト」さんのオーディションに合格

『Yohji Yamamoto HOMME 2016-2017AW Paris Collection』に出演し、パリコレデビューを果たしました。

そして竜星さんは、1度だけではなく2年連続パリコレに出場するという快挙。

2017年1月『Y-3 Fall/Winter 2017-18コレクション』に出演。

パリコレのオーディションに2回も合格できるなんて改めて凄いと思います。

そんな竜星さんは

「自分にとってファッションは必要不可欠なものであり、最高の趣味、娯楽。」

なんだそうです。妙に納得・・。

俳優・モデルとしてまたドラマ『賢者の愛』では、中山美穂さんと体当たりのラブシーンに挑むなど、新境地を開拓してきた流星さん。

今後ますますの期待が予想されますね。

まとめ

竜星涼さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

これからどんどん活躍されていかれると思います。

『ひょっこ』で警察官・綿引正義役をどのように演じてくれるか楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク