奥田洋平、ひよっこで工場主任・松下明は劇団俳優で凄い人。結婚してる?

奥田洋平、ひよっこで工場主任・松下明は劇団俳優で凄い人。結婚してる?
出典元:レトル公式サイト

NHK朝ドラ『ひよっこ』に登場している真面目そうなトランジスタラジオ工場の主任さんって誰かわかりますか?

奥田洋平さんといって主に舞台俳優として活躍されています。

一体どんな方なんでしょうか?

スポンサーリンク

奥田洋平 プロフィール

【芸名】奥田洋平(おくだ ようへい)
【出身】東京都
【生年月日】1975年11月22日
【身長】173
【その他】レトル 所属

『ひょっこ』で工場主任・松下明役

2017年4月3日からスタートする、NHK朝ドラ『ひよっこ』に奥田洋平さんが出演します。

『ひよっこ』は、故郷編と東京編の2部構成になっていて、後半の東京編で奥田さんが登場します。

【物語】
1964年、東京オリンピックが開催された年。

大家族の農家に生まれ、のんびりとして育ったヒロイン・谷田部みね子(有村架純)。

これといって大きな夢もなかったみね子は、高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんになると思っていました。

ところが、高校3年の冬、みね子の人生は突然動き始めます。東京に出稼ぎに行った父(沢村一樹)が突然行方不明に・・。

そのような中、父の分も働くために上京することを決意するみね子。

自分の殻をひとつ破って「幸せな家族を取り戻す大冒険」に乗り出します。

東京に出てきたみね子は、墨田区にあるトランジスタラジオを作る工場で働き始めます。

新しい仲間もできて仕事にも慣れてきたころ・・・・。

【松下明役】
奥田さん演じる松下明は、谷田部みね子(有村架純)が勤めているトランジスタラジオ工場で主任を任されている人物。

気弱な性格で、ミスをしないかいつもビクビクしながら仕事をしている。

乙女寮の舎監である永井愛子(和久井映見)が苦手なのか調子を狂わされ、困惑している。

劇団俳優で凄い人とは?

奥田洋平さんは、1999年に「劇団青年団」に入団し数多くの舞台に立ち演技力をみがいていきます。

また、客演公演(自分の所属していない劇団)にも積極的に出演。

そして、2011年には舞台『女がつらいよ』で佐藤佐吉賞 最優秀主演男優賞を受賞。

舞台俳優冥利につきますよね。

主な出演作
【舞台】
・2001年 青年団『さよならだけが人生か』
・2004年 五反田団『いやむしろわすれて草』
・2008年 新国立劇場『綾の鼓』
・2009年 サンプル『通過』
など。

代表作品
【舞台】
・2002年 東京タンバリン『タンゴ』
・2003年 青年団『隣にいても一人』
・2004年 地点『三人姉妹』
など。

このようにテレビではあまり見ることがない奥田さんは、舞台俳優としての実績はかなり凄いようです。

KAKUTA団長・成清正紀さんのブログでは(2014-10-24)

きのうはサンプルの奥田洋平くんと久しぶりの食事。
彼は先日まで、フランスで公演をしていた。

フランスの劇団に俳優として呼ばれるなんてすごいよね。
演出家や俳優たちとはお互いに英語でやりとりするんだって。

奥田君はちょっと常人離れしてるとこあるけど、それにしたって大したもんだよなあ!!
こういうことやってる人ってそうそういないと思う。

とコメントされていました。

フランス公演とは凄いですから絶賛されるのもわかりますね。

結婚してる?

舞台俳優さんだからでしょうか、「彼女」「結婚」「子供」と気になる情報は一切ありませんでしたし、噂などもありませんでした。

プライベートは明かさずということなんでしょうかね・・。

でも、今後テレビ出演などが増えた時、話されることがあるかも?しれませんね。

まとめ

奥田洋平さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

朝ドラ『ひよっこ』ではどういった工場主任を演じてくれるか楽しみですね。

今後もより一層活躍されることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク