陰山泰、ひよっこで乙女寮の料理人・森和夫ってどんな人?結婚や子供は?


陰山泰、ひよっこで乙女寮の料理人・森和夫ってどんな人?結婚や子供は?
出典元:石井光三オフィス公式サイト

ダンディな雰囲気が漂う陰山泰さんは主に舞台で活躍されている俳優さんです。

そんな陰山さんが、NHK朝ドラ『ひよっこ』に出演されます。

一体どんな方なんでしょうか?

スポンサーリンク

『ひよっこ』乙女寮の料理人・森和夫

2017年4月3日からスタートする、有村架純さんヒロインのNHK朝ドラ『ひよっこ』に陰山泰さんが出演します。

【物語】
1964年、東京オリンピックが開催された年。

奥茨城の小さな農家に生まれ、大家族の中でのんびりとして育ったヒロイン・谷田部みね子(有村架純)。

奥茨城の暮らしが大好きで、これといって大きな夢もなかったみね子は、高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんになると思っていました。

ところが、高校3年の冬、みね子が描いていた人生とはうらはらに突然動き始めます。

東京に出稼ぎに行った父(沢村一樹)が突然行方不明に・・。

そのような中、父の分も働くために上京することを決意するみね子。

自分の殻をひとつ破って、幸せな家族を取り戻す冒険に乗り出します。

東京に出てきたみね子は、墨田区にあるトランジスタラジオを作る工場で働き始めます。

新しい仲間もできて仕事にも慣れてきたころ・・・・。

【森和夫役】
向島電機・「乙女寮」の料理人。

工員たちの食事を作る料理人で、みね子(有村架純)たちの入寮日には、やりくりしてお肉たっぷりのカレーライスをふるまう。

みね子の同期・青天目澄子(松本穂香)は、そのカレーライスの虜となり、カレーが出てくる日を楽しみにするようになります。

その後、みね子は 赤坂の「すずふり亭」の洋食屋で働くことになります。

物語『ひよっこ』は「料理」というのがキーワードとなっているようです。

なので、「乙女寮」の料理人・森和夫(陰山泰)も何らかの影響をみね子に与えそうな感じがします。

どんな人物?

陰山泰 プロフィール・経歴

【芸名】陰山泰(かげやま たい)
【出身】兵庫県
【生年月日】1956年1月27日
【身長】175
【体重】60
【趣味】草木染、薬膳料理、ピアノ、トランペット
【特技】関西弁、ワークショップ指導
【その他】石井光三オフィス 所属

1978年、陰山さんは早稲田大学在学中に、劇団「早稲田『新』劇場」の結成に参加し、舞台を中心に活動をスタート。(1986年「劇団DA・M」と改名する)

その後、1983年に「早稲田『新』劇場」を脱退。

そして早稲田大学演劇研究会出身の、白井晃さん、高泉淳子さん、吉澤耕一さんを中心に劇団「遊@機械/全自動シアター」を結成する。

以降、数々の舞台に出演していきます。

また、1998年からはバレエの森本京子さんとユニット「K’s pro.」を立ち上げ、演劇にダンスを取り入れた芸術的なステージを上演。

2002年、劇団「遊◎機械/全自動シアター」解散。

その後もさまざまな舞台・ドラマ・映画に出演し活躍されています。

【代表作品】
・1989年 舞台『ア・ラ・カルト』
・2010年 舞台『イカれた主婦』
・2010年 映画『僕と妻の1778の物語』
・2015年 ドラマ『夢を与える』

主な出演作品
【映画】
・2003年『ジョゼと虎と魚たち』
・2011年『僕と妻の1778の物語』

【テレビ】
・2010年『龍馬伝』
・2010年『桂ちづるの診察日録』
・2012年『梅ちゃん先生』
・2015年『夢を与える』

【舞台】
・2011年オーデュボンの祈り
・2011年『銀河英雄伝説外伝』
・2015年『嵐が丘』
・2015年『HEADS UP!』
・2016年『新版国性爺合戦』

上記作品はほんの一部で、数多くの作品に出演されています。

結婚や子供は?

昔ながらの舞台俳優さんというか演劇人といった感じで、プライベートはいっさい明かさずミステリアスな陰山さん。

なので、気になる「結婚」してるとか「子供」がいるとかそういったプライベートのことは情報や噂もありませんでした。

プライベートがわからない。それもまた、カッコいいですね。

まとめ

学生時代から、夢中になられている演劇は陰山さんにとって、天職だったのでしょう。

今後も、多彩な表現者として私達を魅了してほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク