藤竜也、嫁の芦川いづみは元日活の看板女優。子供は?愛のコリーダでの秘話

藤竜也、嫁の芦川いづみは元日活の看板女優。子供は?愛のコリーダでの秘話
出典元:藤竜也エージェンシー オフィシャルウェブサイト

味のある演技派俳優の藤竜也さん。いくつになられても渋いですよね。
そんな藤竜也さんの奥さんについてや、大きな話題を呼んだ映画『愛のコリーダ』について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤竜也 プロフィール・経歴

【芸名】藤竜也(ふじ たつや)
【本名】伊藤 龍也
【出身】北京/神奈川県横浜育ち
【生年月日】1941年8月27日
【身長】173
【体重】63
【血液型】O
【学歴】日本大学芸術学部演劇学科卒
【その他】エージェンシー 所属

趣味は陶芸。陶芸が好きなあまり映画では陶芸家の役を、そして「藤竜也 陶芸展」を開催したり、また自宅裏に2階建てプレハブの陶芸工房まで建築するほど陶芸に没頭していたそうです。(現在は更地化している様子)

藤さんは、大学在学中に銀座・日劇前でスカウトされ、日活に入社。

1962年『望郷の海』でスクリーンデビュー。

その後、通行人の役やチョイ役など何年も苦しい時代を過ごすことになります。

それでも、なんとか印象に残るようにヒゲをはやしてみたり、仕事がない時は足繁く撮影所のアクション道場で稽古をしたり・・とかなり下積みを経験されました。

また、当時人気だった鈴木清順監督のもとを訪ねどうにか出演をアピールしましたが、「君には何も無い」とダメ出しを受けたそうです。本人いわく、このことが俳優として転機になったと・・。

1969年、映画『野獣を消せ』で暴力的な個性的な役を演じ話題に。そしてこの作品でスターダムにのし上がっていきます。

以降、アクションが多く身体を鍛えていた藤さん。そんな藤さんは、現在スポーツジム等で身体を鍛えている俳優の先駆者といえるでしょう。

その後、転機が訪れます。

1971年に、日活が撮影所を一部閉鎖しフリーとなり、ドラマ出演するようになっていきます。

1973年、ドラマ『時間ですよ』で、謎の男を演じお茶の間で人気を博すようになりました。

1976年、藤さんにとって俳優人生の中で最も印象に残る作品、大島渚監督の映画史に残る『愛のコリーダ』で藤さんは吉蔵役を演じ、大きな反響・話題を呼びます。→後に詳しく説明

以降、アクション現代劇を中心にテレビドラマ・映画で大活躍。

イケメンというだけでなく、ヒゲをはやしたり、身体を鍛えたり、稽古を一生懸命したりと俳優として出来る限りの努力をてしている藤さんって素敵です。

〜主な作品〜
【ドラマ】
・1973年『時間ですよ』
・1975『悪魔のようなあいつ』
・1978年『大追跡』
・1981年『プロハンター』
・2015年『かぶき者 慶次』

【映画】
・1969年『野獣を消せ』
・1970年『野良猫ロックシリーズ』
・1976年『愛のコリーダ』
・2015年『龍三と七人の子分たち』

嫁の芦川いづみは元日活の看板女優

1968年、藤さんは元日活の看板女優だった芦川いづみさんと結婚されました。

当時、すでに芦川さんは日活の看板女優、そして藤さんより6つ年上。一方、藤さんといえば日活男性スターの中で、ほんの駆け出しの俳優だったようです。

藤さんと結婚を機に芦川さんは人気絶頂機のなか引退し、家庭に入られています。山口百恵さんを思い出しますね。

1968年と言えば、藤さんがまだブレイクする前ということで、彼の苦しい時代を支えられていたのでしょうね。

芦川いづみとは

後輩だった吉永小百合さんに「マリア様のような女性」と憧れられるほど、魅力的で素敵な女性だったようです。

日活では、石原裕次郎さんや赤木圭一郎さんの相手役を務め、看板女優となりアクション映画をはじめ、さまざまな作品に出演されています。

芦川さんが、もし女優を続けていたならば、30代、40代は言うに及ばず、もしかしたら80代の今でも、その世代のトレンドリーダーのような存在となっていたかもしれません。

子供

藤さんは、奥さんとの間に息子さんがひとりいらっしゃるそうですが、信憑性ある情報がなく、詳しいことは分かりませんでした。

おそらく、芸能人ではなく一般の方で堅実に暮らされているんでしょうね。

愛情

藤さんは2015年にエッセイ「現在進行形の男」を、出版されています。その中で奥さんのことをストレートに打ち明けているのがとても素晴らしいなぁと思いました。

藤さんは

「結婚前は当然、カノジョを好きで、それはとてもスペシャルな感情でした」と回想。

そして現在も

「時間が経つに連れ、ものすごくプレシャス――かけがえのないものになって来る。それがなんともいえない愛しさになるのです」と

50年近く連れ添い、年を増すごとに大切になっている存在ってあり得ないぐらい素敵。ほんと羨ましいご夫婦です。

愛のコリーダ・秘話

愛のコリーダ』は、痴情の果てに、男性の局部を切り取った阿部定事件を題材にした映画。

男女の性愛を、非常に生々しく描いているため、実際のところ男優探しは大変だったそうです。

多くの俳優さんたちが出演を尻込みする中、既に売れっ子俳優だった藤さんでしたが、出演依頼に二つ返事で引き受けたとのこと。

台本読んでこれに出ない訳にはいかない 」と思ったそうです。かなり男気がありますよね。

しかし、この映画はヒロインの女優・松田英子さんと実際に性交に及び、当時、芸術かポルノかという大論争を起こし、裁判沙汰にまで発展しました。

また『愛のコリーダ』は、かなりの部分がカットされてしまったことでも知られています。

2000年にノーカット版がやっと再上映されたことで、あらためて、映画作品として高い評価を得ることになりました。

完成披露記者会見で、藤さんの奥さんが松田英子さんと初めて顔を合わせた時、「主人がお世話になりました」と優しい笑顔で頭を下げたとか・・。さすが元日活の大女優ですね。

また、カンヌ映画際では体当たりの演技が世界的な評価を得て多くの観客を圧倒させました。

まとめ

シリアスからコミカル役と幅広い演技で定評のある藤さん。今後もまだまだ活躍していってほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク