長野智子、夫はエリート商社マンで子供は?馴れ初めが素敵。家系が凄い

長野智子、夫はエリート商社マンで子供は?馴れ初めが素敵。家系が凄い
出典元:古舘プロジェクト公式サイト

長野智子アナは元フジテレビの人気アナウンサーで結婚を機にフリーアナウンサーに転身し活躍されています。

スポンサーリンク

長野智子 プロフィール・経歴

【芸名】長野智子(ながの ともこ)
【本名】伊藤智子(いとう ともこ)(旧姓:長野)
【出身】アメリカ合衆国
【生年月日】1962年12月24日
【身長】166
【血液型】O
【学歴】上智大学卒
【その他】古舘プロジェクト 所属

父親が海外赴任の多い商社勤務だった為、アメリカ合衆国ニュージャージー州で2人姉妹の長女として誕生。

帰国後、私立田園調布雙葉中学校・高等学校を経て、上智大学外国語学部英語学科を卒業。

高校時代には、アメリカ・ユタ州に3ヶ月のホームステイ経験をする。

上智大学に在学中、文化放送『ミスDJリクエストパレード』の月曜日のパーソナリティーを担当し、またタレント活動も行っていました。

当時、人気番組だった『プロポーズ大作戦』の「フィーリングカップル5vs5」に「ミスDJチーム」の一員として出演した経歴もあるそうです。この時の相手男性陣とは、カップル成立にならずでした。

1985年、フジテレビに入社。

入社後は、人気バラエティ番組『オレたちひょうきん族』など数々の番組に出演。

明るいキャラと美貌でお茶の間に愛され、フジテレビの看板アナウンサーとして活躍しました。

1990年、当時28歳の時に1歳年上の一般男性と結婚。

その後、フリーアナウンサーとなります。

1995年、夫のアメリカ赴任に伴い長野アナ自身も渡米。

1999年、ニューヨーク大学大学院(メディアエコロジー専攻)修士課程を修了しました。

帰国後、2000年の4月から不定期番組『ザ・スクープ』のキャスターを鳥越俊太郎さんと共に担当していました。

2011年10月には『報道ステーションSUNDAY』に出演し、2017年4月からは『サンデーステーション』でメインキャスターを務めることになります。

夫の赴任について行って、ニューヨークの大学院で修士課程を修了しているなんて向上心が強くてまさに才色兼備な人です。

夫はエリート商社マンで子供は?

1990年に結婚した1歳年上の商社勤務のご主人はエリートサラリーマン
2011年時点での年収が1500万円だと言われていたようです。

世間的にみれば、長野アナは玉の輿に乗ったと思ってしまいがちですが、実は長野家は祖父や父親までも商社マンだったようです。

だから彼女自身は、結婚相手に選ぶなら商社マンは嫌でできれば芸術家が望みだったとか・・。

しかし、彼女の人生も家系通りに商社マンと結婚しました。妙に不思議な感じです。

子供は?

2人の間には子供はいません。
出来なかったのか?作らなかったのかは解りません。

子供がいなくても夫婦仲がすごく良かったらいいですよね。

ただただ残念なのは、2人共DNAが良すぎるので子供さんがいたらきっと頭のいい子が出来るんだろうなぁと思って・・・。

馴れ初めが素敵

長野アナが今のご主人と結婚を決めた理由が素敵で、この世の女性だったらほとんどが嬉しいことかと思います。

今のご主人が転勤先のアメリカ・ニューヨークから毎晩のように国際電話をかけてきてくれたそう。

さらに彼女の誕生日には、彼女の年齢と同じ数のバラの花が届けられたという。

そんな彼の熱烈な行為により、彼女も彼に対する恋心というものが大きく芽生え「結婚」に向かって一直線だったようです。

大抵の日本人男性だったら、好きな人に花を送ることはしたくても照れくさい気持ちがかってしまい、この様なアプローチはなかなか出来ないと思います。

こういった経験談を聞くと失敗や恥ずかしさを恐れずに実行してみようという気持ちが湧きますね。

家系が凄い

長野智子アナいわく、先祖には戦国時代の武将・長野業正がいて、曽祖父は、日米修好通商条約の批准書交換の派遣船(米国軍艦「ポーハタン号」)で渡米し、明治維新後は新政府に勤めた長野桂次郎(立石斧次郎)なんだそうです。

勝海舟・福沢諭吉らと幕末、明治維新を生きた曽祖父って凄いですよね。

まとめ

プライベートなことである夫や子供について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

旦那さまに愛されている感がいいですよね。

また、仕事ではフジテレビ時代にはバラエティ出演が多くアイドルアナの先駆けとも言える存在でしたが、その後、報道系のキャスターに転身されました。

そして結婚後も長く活躍していて、目標にする後輩アナウンサーも多いことでしょう。

今後も末永く活躍していただきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク