庄野真代、夫の小泉まさみと離婚、再婚は?大病をも吹っ飛ばす精神力

庄野真代、夫の小泉まさみと離婚、再婚は?大病をも吹っ飛ばす精神力
出典元:庄野真代オフィシャルサイト

『飛んでイスタンブール』『モンテカルロで乾杯』などのヒット曲で知られる歌手・庄野真代さん。

順風満帆にみえる庄野さんですが、波瀾万丈の時を経て現在に至っているようです。

早速、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

庄野真代 プロフィール・経歴

【芸名】庄野真代(しょうの まよ)
【本名】庄野眞代
【出身】大阪府大阪市
【生年月日】1954年12月23日
【血液型】B
【趣味】習い事・スキー・フリマ
【特技】節約
【その他】ルフラン所属/NPO法人国境なき楽団理事(現代表)

庄野さんは、幼い頃は病弱でオルガン教室に通うなどしていた。

しかし、小学校高学年から活発になり、中学時代は生徒会活動に没頭。

大阪府立東淀川高等学校に入学し、演奏活動を始めオーディションへの参加に明け暮れていた。

そして大学受験、失敗するも浪人しながら音楽活動を続ける。すると「ヤマハボーカルオーディション」に見事合格し、「合歓音楽院」にて研修を受けることになった。

20歳の時、「フォーク音楽祭」に参加し予選を次々と突破。

関西四国決勝大会でグランプリを獲得し、全国大会にてスカウトされる。

1976年、デビューLP『あとりえ』が発売され、都会派ニューミュージックの歌手として注目されるようになる。

2年後の1978年、代表曲『飛んでイスタンブール』が大ヒットとなる。
同年大晦日の「第20回日本レコード大賞」中山晋平賞(のち作曲賞)を受賞、また「第29回NHK紅白歌合戦」初出場を果たした。

その他、ヒット曲には、1978年の『モンテカルロで乾杯』『マスカレード』、1980年の『Hey Lady 優しくなれるかい』などがある。

夫の小泉まさみと離婚、再婚は?

プライベートでは1977年に作曲家の小泉まさみさんと結婚。その後、2人の女の子を授かるも、小泉さんとは後に離婚

その後、誰かとお付き合いしているという噂もなければ、またスクープされていないところをみると再婚の可能性は現時点ではなさそうです。

小泉まさみはどんな人

小泉まさみ プロフィール・経歴

【芸名】小泉まさみ(こいずみ まさみ)
【本名】小泉正美
【出身】神奈川県
【生年月日】1948年2月21日

早稲田高校を経て、多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業。

ベンチャーズに出会いバンドを始め、加山雄三さん、ポール・マッカートニーさんに触発されて作曲をはじめる。

筒美京平さん、橋本淳さんに師事し、1972年にコロムビアレコードから『はなくそは空気のかけら』でデビュー。

大病をも吹っ飛ばす精神力

庄野真代さん、実は子供のころから体が弱く、今までに15回も入院経験があるそうです。

腸閉塞、髄膜炎、若年性突発性関節症、またアイススケートの事故で顔面陥没の大手術を受けるなど、ホント色々な病気と戦ってこられたようです。

事故と病気など、それぞれ経験され、ある全身麻酔の手術を受けたことで大きなターニングポイントになったそうです。

「人の命はいつどんなことが起こるか分からない。やりたいと思っていることは一つ一つこなしていかないと夢には届かない」

と感じたそうです。

そして、庄野さんは次々に夢を叶えていくことになります。

1980年には「思いついて」28カ国132都市を旅行。旅先で地球の環境問題に目覚める。

歌手活動のほか、講演・司会・リポーターなどを務め、ミュージカルやドラマに出演するなど精力的に活動。

1991年にはシンガポール・マレーシア・香港でCDデビューし、アジアでの活動を開始。

2000年、45歳の時に法政大学人間環境学部に入学。1年間の英国留学などを経て2004年に卒業。同年9月、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係研究科に入学。

2006年、音楽を通したボランティア活動を組織化して、NPO法人国境なき楽団を設立。

以降、さまざまなことにチャレンジされています。

・支援コンサート
・参議院議員に立候補(結果は落選)
・震災チャリティコンサート
・法政大学の非常勤に
・タイの国際マラソン大会で3位入賞、5位入賞
などなど。

夢を無限だと語る庄野さんは、ロンドン留学を果たし、早大大学院アジア太平洋研究科を修了。

こうして、ひとつずつやりたいことを成し遂げられてきました。

現在は、NPO「国境なき楽団」を主宰し、世界の子供たちに楽器をおくる活動などに取り組んでおられます。

「もう年だからダメ」という言葉は庄野さんにはご法度ですね。人間いくつになってもやる気があれば、なんでも出来るそんな庄野さんの精神力は尊敬の念を抱きます。

まとめ

これからもどんどん活躍していってほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク