丘みどり、彼氏がいて結婚?アイドルから今に至るまで波乱万丈だった


丘みどり、彼氏がいて結婚?アイドルから今に至るまで波乱万丈だった
出典元:アービング公式サイト

演歌歌手でありながら、その美貌は高畑充希さんや桐谷美玲さんに似ている美女ということで話題になっている丘みどりさん。

たしかな歌唱力と見た目の美しさが際立っている丘さんは一体どんな方なのでしょうか?

スポンサーリンク

丘みどり プロフィール

【芸名】丘みどり(おか みどり)
【本名】岡 美里
【出身】兵庫県姫路市
【生年月日】1984年7月26日
【身長】157
【血液型】A
【その他】アービング 所属

彼氏がいて結婚?

丘さんはミニスカートで演歌を歌っている珍しい演歌歌手で色気たっぷりあって綺麗です。

そんな丘さん、彼氏がいても結婚していてもおかしくない年頃。

丘さんのように可愛い人を見ると彼氏がいるのか?結婚しているのかなぁ等気になりますよね。

早速調べてみると、やはり気になっている方が多いようで検索ワードには彼氏や結婚が上昇していました。

結論から言えば、現在は結婚していなくて独身だそうです。

もしかすると結婚はしていなくても彼氏はいるのかな?と思っていたら、あるサイトには、以前、テレビ番組で丘さんがキッパリと「彼氏はいません」とコメントされていた様子を見ていたんだとか・・。

売り出し中の歌手が、彼氏いますと正直に言うとは思いませんが・・笑。でも今はお仕事が大事な時期と考えられていそうですね。

また、自身のブログに気になる質問の問いに答えられています。

・好きなタイプは?

笑顔の素敵な穏やかな人。興味のない話でもなんとなくでもいいから聞いてくれる人。笑
はい♡おしゃべりなんで♡

・もし結婚するなら年上?年下?

うーーんあまり年齢にこだわりはないんですが、しいて言うなら…年上かな♡

・結婚願望はありますか?

ありますよぉ。子供に自慢してもらえるようなママにもいつかなりたいです!ミニみどりに逢いたい。

きっと、丘さんならいつかは結婚して子供を・・と幸せを手に入れられるでしょうね。

アイドルから現在に至るまで波乱万丈

丘さんは幼い頃、人見知りが激しかったと言います。それを心配した母親が何か人前に出ることをと考え、5歳から祖母の通う民謡教室に連れていったことが始まりでした。

週に一度、地元の民謡教室へ通うことになった彼女の才能に最初に目を付けたのが民謡教室の先生だった。

先生が言うがまま「兵庫県日本民謡祭名人戦」に出場。するといきなり優勝を果たします。「民謡の天才少女」が誕生した瞬間だった。

その後、
コロムビア民謡コンクール(少年少女の部)
「産経民謡コンクール(少年少女の部)」
などで優勝し、瞬く間に頭角を現していきました。

11歳になると更なるステップアップをするために姫路から秋田や岡山まで民謡のレッスンに通うように。

また、演歌好きのおばぁちゃんの影響で様々な演歌歌手のコンサートに行くようになり、その中で影響を受けたのが鳥羽一郎さんだそうです。

鳥羽一郎さんの歌に触れ、日本人の心情や情緒、四季や風景を歌う「演歌歌手」という夢を抱くようになったといいます。

ちなみに丘さん、中学の時は卓球部だったようです。兵庫県大会にも出場したことがあるそうです。吹奏楽部とかではなく・・意外ですよね、しかも強いとは!

アイドル歌手

18歳になった丘さんは、演歌歌手としてではなく大手芸能事務所からアイドルとして芸能界デビューをしました。その綺麗なルックスゆえなのか・・。

バラエティー番組のアシスタントとして、時には体を張ったロケも行い、アイドルとして活動していきます。

時には、警察犬に噛まれたり、バンジージャンプをしたりと歌とはかけ離れたことをして辛かったでしょうね。

そんな時、丘さんはふと立ち止まり、改めて自身の人生や夢について考えるようになり、アイドル活動を辞めることに・・。

専門学校

そして、大阪にあるアーティスト育成の専門学校へ通い、本格的な歌手になるためにボイストレーニングや作詩、人前で歌うことのトレーニングを積んでいきます。

ハリのある伸びやかな高音ボイスはここでさらに磨きがかかりました。

演歌歌手

20歳となった丘さんは、カラオケ番組に出演したことがきっかけとなり、2005年『おけさ渡り鳥』で念願だった演歌歌手「丘みどり」としてデビューを果たしました。


母親

スターへの階段を駆け上がる夢に向かい、母親と2人頑張ってきましたが、その母親ががんに侵されていました。

NHKにも出演し、CDセールスも順調。デビューしたばかりの新人にとってとても大事な時期でしたが、丘さんは母親の看病のために芸能活動を一時休止を決意。

母親のために必死で看病をしました。

しかし1年後、母親は家族に見守られながら47歳という若さで静かに息を引き取られました。

生前の母親は

「ママは幸せやったよ。でも後悔していることがたくさんある。してみたらよかったと思うことが多すぎる。

だからみーちゃん(みどり)には何でもチャレンジしてもらいたい。ママの分までしたいこといっぱいして欲しい。やらずに後悔よりやって後悔の生き方をして欲しい」と

丘さんに語っていたようです。


復活

母親が亡くなり、ヤケになって「もう歌手を辞める」と言っていた丘さん。

そんな丘さんに対して父親は「うん。いいよ。もう辞めな」と優しく語りかけたという。

その言葉を聞いて冷静になることができた。今思えば、あの時「辞めるな」と言われていたら反抗して辞めていたかもしれない・・と。

歌手活動を再開

2007年「日御碕灯台」、2008年「風鈴恋歌」、2010年「北国、海岸線」、2012年「木曽恋がらす」、2014年「椅子」と次々に新曲をリリースした。

今まで自分を支えてくれた多くの人たちのため、そして天国の母親との約束を胸に、丘さんは大きく羽ばたいていくことを決意。

2016年1人東京へと上京、事務所もレコード会社も移籍し、1からスタートを切ります。

キングレコード移籍第一弾となるシングル「霧の川」は、第9回日本作曲家協会音楽祭「奨励賞」、第49回日本作詩大賞「優秀作品賞」を受賞。

2016年6月13日に姫路市観光大使に任命。

色々あった丘さんの人生。亡き母との約束の為、支えている多くのファンの方たちの為に丘さんは今後も全力で走り続けられるでしょう。

まとめ

これからの活躍が期待できる丘さん。頑張っていってほしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク