十朱幸代、実は結婚していた?でも今は独身。華麗なる男性遍歴の真相

十朱幸代、実は結婚していた?でも今は独身。華麗なる男性遍歴の真相
出典元:アクターズ・セブン公式サイト

2017年時点で年齢が74歳といつまで絶っても綺麗な十朱幸代さん。

一時はテレビに出ない日が続き死亡説が流れたほどでした。

十朱さんは、くるぶしの病気で長期入院し、リハビリ生活を送られていました。

そしてリハビリを終え、約1年後に復帰を果たしたといいます。

そんな十朱さんのプライベートである結婚男性遍歴について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

十朱 幸代 プロフィール・経歴

【芸名】十朱 幸代(とあけ ゆきよ)
【本名】小倉 幸子(おぐら ゆきこ)
【出身】東京市日本橋区(現・東京都中央区日本橋)
【身長】163
【体重】50
【学歴】東京文化学院高校英語科卒
【生年月日】1942年11月23日
【血液型】O
【その他】アクターズ・セブン所属

十朱さんの父親は十朱久雄(とあけひさお)さんといって俳優で活躍されていました。(1985年、肺がんで他界されています)

なので、十朱さんはいわゆる二世タレントだったようです。そして4歳の時には、父親の主宰する劇団で子役として出演していたようです。

そんな十朱さんは、1958年にNHK『バス通り裏』で芸能界デビューをします。

翌年の1959年には『惜春鳥』で映画デビューをかざります。

1968年には明治座で初舞台を踏むなど、女優として順調にステップアップされています。

1980年には、映画『震える舌』、1985年 映画『花いちもんめ』でブルーリボン主演女優賞を受賞。

その後もまた日本アカデミー賞主演女優賞を受賞し、そして2014年には旭日小綬章受章を受賞されました。

数え切れないほどの各賞を受賞し、ドラマ・映画・CMなどに出演し、大物女優として幅広い世代に認知され活躍されています。

実は結婚していた?でも今は独身

1974年1月、長年の同棲相手だったという俳優の小坂 一也さん挙式をされています。でもあくまでも未入籍事実婚だったそうです。

小坂一也さんは歌手や俳優として活躍し、若き頃はプレスリーの曲をカバーするなど、元祖和製プレスリーと言われ人気があったようです。

その後、同年中に破局。

以降、十朱さんは数々の恋愛遍歴がありますが今だ独身を貫いておられます。

一方の小坂さんは1977年に一般の方と再婚されました。

1997年、62歳の時に食道ガンで死去されました。

長年の同棲生活から未入籍ですが、挙式をしたとたんに破局とは・・何かしら歯車が狂い始めたのでしょうかね。

数々の恋愛をされてきた十朱さんですが、いまひとつ結婚まで踏み込めなかったのは何か原因があるのでしょうか?

華麗なる男性遍歴の真相

恋多き女性として挙げられている十朱幸代さん。噂や報道などによれば、数々の男性遍歴があるようです・・。

今までに噂になった男性

・俳優・竹脇無我さん
1986年に熱愛報道が。

・俳優・高倉健さん
昭和の大スター高倉健さんが40代半ばの頃、十朱さんとの親密交際が噂されていたようです。高倉さんが十朱さんにエルメスのバッグをプレゼント、またそば店でひそかに食事をするシーンが目撃されたことがあったそうです。

・歌手・西城秀樹さん
十朱幸代さんは47歳の時に、12歳年下の西城秀樹さんとおおっぴらに交際していました。

恋多き美女として有名だった十朱さんでしたが、公に交際を認めたのは西城さんが初めてだったそうです。

相当な熱の入れようだったようで、かなり本気だったんでしょうね……。

食事やゴルフにハワイ旅行・・と交際を続け仲睦まじい二人でした。

また、西城さんは「真剣に愛してます。愛に年の差は関係ない」と言われていたので、結婚もすぐそこだなと、周囲も察知していました。

しかし、2人は破局しました。

えっなんで!となりますよね・・では破局の原因って何だったのでしょうか?

家柄を重んじる十朱さんの親族が反対、一方で西城さんの祖母が孫を望んでいたためと言われています。

そして十朱さんは、西城さんの祖母に「孫の産めない嫁はいらん!」と一喝。

この2点が破局になった原因の真相では?と言われているようです。

俳優・原田龍二さん
映画で共演したきっかけかはわかりませんが、噂になった一人です。

俳優・要潤さん
外国で撮った番組でふたりが共演。ロケ中に十朱さんの方から
アタックしたとかしないとか・・・。

中には単なる噂だけの人もいるかもしれません。こうしてみるとイケメン揃いや若手が目立つことから、年下キラーなのかもしれませんね。

まとめ

いくつになっても綺麗な十朱幸代さん。仕事面でも恋愛にしても、まだまだ目がはなせませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク