吉幾三、妻と苦労を乗り越え成功するまで。子供は3人で孫もいる

吉幾三、妻と苦労を乗り越え成功するまで。子供は3人で孫もいる
出典元:吉幾三オフィシャルサイト

吉幾三さんといえば『雪國』や『酒よ』といったカラオケの定番演歌から、元祖和製ラップとしても評価されている『俺ら東京さ行ぐだ』のようなコミックソングまで、幅広いジャンルの音楽をされています。

そんな吉幾三さんですが、ここに至るまでは苦労されたようです。

スポンサーリンク

吉幾三 プロフィール

【芸名】吉幾三(よし いくぞう)
【本名】鎌田 善人(かまた よしひと)
【職業】歌手・作詞家・作曲家・ラッパー・俳優・タレント
【出身】青森県
【生年月日】1952年11月11日
【身長】178
【体重】70
【血液型】B
【趣味】パソコン、ゴルフ、釣り
【特技】料理、書道
【その他】吉プロモーション 所属

吉幾三さんの父親は鎌田稲一さんといい、津軽三味線の高橋竹山さんとともに活動した民謡歌手。

吉さんが中学生の時、父親に「手っ取り早くもうかるのは何?」と尋ねたら「泥棒か歌手だ!ハッ、ハッ!」と。

それを聞いた吉さんは、地元の中学校を卒業後、父親の反対を押し切って歌手になるために上京し米山正夫さんに師事。

【略歴】
1977年(25歳)『俺はぜったい!プレスリー』がヒット。
1983年(31歳)『俺ら東京さ行くだ』がヒット。
1983年(34歳)『雪國』がヒットし、NHK紅白歌合戦に初出場。

【他の主なヒット曲】
・『粋歌』
・『酒よ』
・『海峡』
・『津軽平野』
・『エレジー~哀酒歌』

妻と苦労を乗り越え成功するまで

9人きょうだいの末っ子で家庭が貧しかったという吉さん一家。いつしかそんな貧しさから抜け出したいと思うようになっていた吉少年。

父親から手っ取り早くかせぐには「歌手か泥棒」と聞いた吉さんは、中学生になると東京に出て歌手を目指すようになります。

中学卒業後、父親の反対を押し切り上京。

当時、お母さんが大金だった3千円をはたいて買ってくれたガットギターと、何も入っていないトランクだけ持ち、東京行きの電車に乗ったという。

その頃、上野にある料理屋でお姉さんが働いていたようで、しばらくはお姉さんのところにお世話になっていたようです。

上京後、米山正夫さんに師事。

1973年3月1日にヤンマーディーゼルのコマーシャルソング「恋人は君ひとり」を山岡英二の芸名で発売し、歌手デビュー

まさかですが当初は吉さんはアイドル歌手として売り出しました。が、成功しなかった。

1977年11月25日、「吉幾三」と改名。フォークソング路線に移る。

自作の再デビュー曲『俺はぜったい!プレスリー』がヒットし、これを機とし映画化される。

その後、低迷期を経て、コミックソングや演歌へと楽曲の方向性を探る。

1984年、千昌夫さんに提供した『津軽平野』がヒットして作曲家としての才能が注目される。

そして、同11月25日に千さんのプロデュースで発売された『俺ら東京さ行ぐだ』が大ヒットを飛ばします。

1986年2月25日、千さんから「今さら正統派の演歌なんか売れるわけない」と言われたそうですが、その大反対を押し切って曲を発売。

その自作曲は『雪國』といって初のオリコン1位を獲得。

以後、発表楽曲をコミックソング歌手から本格的な演歌歌手へ路線変更し、現在に至っている。

演歌系では数少ないシンガーソングライターであり、大半を自ら作詞・作曲しており、特に出身地である「津軽」を題材とした曲が多い。

ここまでくるには苦労の長い道程だったと思います。その苦労は奥さんと共に超えられてきました。

結婚生活

結婚し、子供もできて、吉さんいわく「女房は大変だっただろうね。」・・と。

当時の吉さんは、喫茶店でアルバイトをしながら、水前寺清子さんや北島三郎さんの前座で地方を回っていたから、ほとんど家にいなかったそうです。

また、借金もたまっていったし・・と。これ以上苦労かけちゃいけないと日々思っていたようでした。

そして何度もやめようと思い悩んでいた、そんな時に『俺はぜったい!プレスリー』が出来て、急に売れたんだそうです。

その後は低迷期もありましたが、乗り越え、さまざまな分野で活躍されています。

子供は3人で孫もいる

吉さんには子供が3人いらっしゃいます。

長女の鎌田幾美さんは、青森県の私立高でピアノを専攻し、卒業後はボーカリスト「KU」名義で歌手活動を行い、

そして次女は寿三美(ことぶき みみ)さんといって主に舞台女優として活動されているようです。

次女・寿三美について

寿さんは、1979年2月24日生まれの37歳(2017年時点)

寿さんが小学3年生の時、吉さんが突然青森に家を建て、東京から青森に引っ越します。

1998年、吉幾三公演『日本一?の父ちゃん!』で初舞台を踏み、1999年に昼ドラマ『ああ嫁姑』に出演。舞台を中心に活躍されています

吉さんは、子供たちには厳しい人だったよう。

寿さんによると

中学生の頃、部活がない日の門限は午後五時。遅れた時は、正座をさせられ、きょうだいげんかをしたり言うことを聞かなかった時は、おしりを叩かれたこともあったといいます。

結婚
今の旦那さんを「私の彼です」と、紹介した時、吉さんは難しい顔をしながら旦那さんを連れて別の席に移ったそうです。

そんな様子を寿さんは「大丈夫かな」とハラハラしながら見ていると、
吉さんは、いきなり旦那さんの顔を平手打ち。その後、がっちりと抱き締めていたそうです。

寿さんは「どうしたの?」と聞くと

本当に愛しているのかと聞いたら、

即答で「愛しています」と言ったんで、悔しかった・・・と

吉さんは普通のお父さん!娘さんが可愛くて仕方なかったんでしょうね。


寿さんには二人の娘さんがいます。吉さんにとっては目の中に入れても痛くないとっても可愛いです。

娘には厳しかった吉さんですが、孫にはとても甘いおじいさんだそうです。

また、寿さん一家と家が近いので、たびたび夕食を一緒に食べるそうです。

しつけのために子どもをしかると吉さんに「なんでそんなにしかるんだ」と、逆に怒られてしまうという。

自分の子供には厳しく孫には甘くなる・・世間一般のありがちな祖父母と同じなんですね・・

まとめ

家族仲がいい吉幾三さん。今後の活躍も期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク