鈴木早智子(Wink)の現在、不倫疑惑や相田翔子との格差あまりにも悲運

鈴木早智子(Wink)の現在、不倫疑惑や相田翔子との格差あまりにも悲運
出典元: センス・プロダクション公式サイト

鈴木早智子さんは、相田翔子さんと共に「Wink」を結成し昭和のトップアイドルとして活躍されていました。

活動停止後は、色々あったようで・・

そんな鈴木さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール・経歴、現在は?

【芸名】鈴木早智子(すずき さちこ)
【出身】埼玉県
【生年月日】1969年2月22日
【身長】157
【血液型】A
【その他】センス・プロダクション 所属

愛知県名古屋市で、3人きょうだいの長女として誕生。

幼少の頃から歌手に憧れていた鈴木さんは、1986年に第1回「ロッテCMアイドルは君だ!」コンテストに出場し、最終選考まで残る。

1987年7月、雑誌『UP TO BOY』の第7代ミスアップ・グランプリを受賞。(第9代グランプリはWinkとしてデュオを組むことになる相田翔子さん)

1988年4月、相田さんとアイドルグループ「Wink」として歌手デビュー。

ブレイク前の初ライブでは5人しか観客が入らず楽屋で泣くこともあったそうです。

そんな時、相田さんは1歳年上の鈴木さんを「すごく優しくて、お姉ちゃんのように相談できる」と慕っていたという。

1988年11月「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」でブレイクを果たす。

以降、1990年3月にリリースされた「Sexy Music」まで5曲連続オリコンチャート1位を獲得。

この間人気は頂点に達し、トップアイドルの仲間入りを果たす。

更に、ブレイク後の1989年12月には同年7月にリリースされたシングル5作目となる「淋しい熱帯魚」で第31回日本レコード大賞を受賞。

1996年、「Wink」は活動停止。

その後、プロダクション尾木系列の尾木エージェンシー(1998年4月、ネバーランドに改編)に移籍し、ドラマや舞台で活動。

1998年頃、ドラマや舞台で活動するもあまりパッとせず・・

1998年5月に「ASAYAN」の企画「再起に賭ける芸能人」で小室哲哉プロデュース権を獲得するため出演。

しかし「ASAYAN」のやらせ演出等もあり、1998年8月に番組を離脱。

その後、ソロ歌手してシングルをリリースしたり、ライブを行っていたものの、売れている感じではなかったようです。

2008年12月、「第50回日本レコード大賞」に相田さんと2人でWinkとしてゲスト出演し『淋しい熱帯魚』を歌唱。

2009年9月、『SEPTEMBER SHOCK 鈴木早智子』というイメージビデオに出演。

2010年6月17日発売の『週刊文春』で不倫関係にあったことが報じられ、当面の間、芸能活動を自粛することに。

2010年11月、初の自叙伝『負けじ魂』を出版。芸能活動復帰を発表。

そして、

現在

舞台、ラジオ、テレビ番組・映画に出演。

また1980年代アイドルが集まる番組に出演する機会も多い。

不倫疑惑や相田翔子との格差が悲運

1987年7月、雑誌『UP TO BOY』の第7代ミスアップ・グランプリを受賞した鈴木早智子さん。

その後、上記で書いてある通りWinkとして活躍。

Winkが活動停止してから、相田翔子さんはバラエティ番組などに出演し活躍しまた、私生活では結婚しお子さんも産まれ幸せな家庭を築かれています。

一方、鈴木さんは
2010年6月に年下俳優との不倫騒動芸能活動を自粛していたようです。

妻子ある舞台俳優・津田英佑さんと不倫の関係にあると週刊誌に報じられた後、鈴木さんは自身のブログで「関係各位の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしまして本当に申し訳ありません」と謝罪。

津田さんとは出会いは、鈴木さんが発売したDVD『September shock』の共演者だったようです。このDVDはバストトップを露にし世間に衝撃を与えました。

週刊誌によれば、2人は知り合った後、すぐ男女の関係になったという。
でも津田さんは既婚者。そんな状況の中、鈴木さんに「妻とは別れる」
といい続け、彼女はその言葉をずっと信じていたようです。

鈴木さんいわく

不倫がいけないということは分かっていました。
でも、私たちは結婚を前提に付き合っていたし、彼にはずっと奥さんと(離婚)調停中だと聞かされていたんです」

しかし、鈴木さんの思いは裏切られ、4年続いた関係はあっさり破局を迎える。

「DVDのあとに映画で共演したのが最後でした。

その時、一緒に住む約束をしていたのですが、彼が急に
『たとえ(妻と)別れても、自分の中で答が見つからない』
と言い出し、曖昧な態度を取り始めたのです。

もうこれ以上、振り回されるのは嫌で、私から身を引きました」

そんな鈴木さんに対し、津田さんにコメントは

「彼女が何を言ったか知りませんが、そういうこと(不倫)はありません」

誰かを不幸にしたあとのに築いた幸せなんて、長続きするはずはないと感じますね。

トップアイドルだった2人なのに相田さんとは道が違ってしまいあまりにも皮肉です。

いつか這い上がってくることを願います。

まとめ

トップアイドルからの挫折、幸せな家庭を築いた相田さんとはまた違いますけれど

いつか幸せを手に入れて仕事も頑張っていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク