浜木綿子、元夫の事を凄く愛してた?再婚を考えた恋人がいた?現在は。


浜木綿子、元夫の事を凄く愛してた?再婚を考えた恋人がいた?現在は。
出典元:YAHOO!

元宝塚女優でその後も女優として大活躍されている浜木綿子さん。

あの演技派俳優の香川照之さんのお母さんでもあります。

そんな浜木綿子さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

浜木綿子 プロフィール・経歴

【芸名】浜木綿子(はま ゆうこ)
【出身】東京市目黒区
【身長】157
【生年月日】1935年10月31日
【学歴】梅花中学校・高等学校を経て→宝塚音楽学校卒
【その他】浜木綿子事務所 所属

浜木綿子さんは、1953年に宝塚音楽学校を経て、第40期生として宝塚歌劇団に入団。

宝塚入団時の成績は64人中3位で、入団して早々に演技が認められ、雪組トップ娘役として、また宝塚歌劇団内外の舞台に数多く出演。

1961年に宝塚歌劇団を退団。

その後は、東宝と契約を結び、舞台女優として活躍。

1962年『悲しき道具』で文化庁芸術祭奨励賞、1973年『湯葉』でゴールデンアロー賞演劇部門賞など数々の賞を得られます。

1980年代から2000年代にかけては、2時間ドラマを中心に数多くのドラマに出演。

特に『女監察医・室生亜季子』シリーズ『おふくろシリーズ』などは高視聴率で人気ドラマとなり、平成7年には『おふくろシリーズ』で第3回橋田賞を受賞。

二時間ドラマの女王として君臨した時期も長く、また『火曜サスペンス劇場』最多主演女優となる。

1989年、『人生は、ガタゴト列車に乗って…』で第15回『菊田一夫演劇賞大賞』を受賞。

そして、芸能生活60周年を迎え、永年の舞台の功績に対して、第38回『菊田一夫演劇賞特別賞』を受賞。

2000年に紫綬褒章を受章、2014年に旭日小綬章を受章。

デビューからずっと活躍され続けているなんて凄いですよね。

元夫の事を凄く愛してた?

1965年に浜さんは、歌舞伎役者の三代目市川猿之助(後の二代目市川猿翁)さんと結婚し、同年12月に長男の香川照之さんを出産。

しかし、香川さんがまだ1歳半の時に、夫の市川猿翁さんは他の女性の元に移り住んでしまいます。

その女性というのが、猿翁さんよりも16歳年上で日本舞踊藤間流紫派家元の藤間紫(ふじま むらさき)さん。

当時、六代目藤間勘十郎の妻で2児の母親でもありました。

猿翁さんにとって、16歳年上の藤間紫さんは12歳の時の初恋の相手だったという。その時、既に自身の踊りの師匠の奥さんであったため、何とか諦めをつけて結婚したのが浜木綿子さんでした。

そして、別居から1年、夫の帰りを待ち続けましたが、その思いは届かず1968年に離婚

結婚してわずか1年余りで、年上の人妻で、子供もいる女性に夫を奪われた浜さんは、辛くて辛くてたまらなかったとお察しします。

当時の心境を

「悔しくて、悔しすぎると涙が出ないのよ。大声で叫びたいと何度も思ったわ」

と振り返っています。

以後、浜さんは、幼い息子の面倒を見るのを母に手伝ってもらいながら、女優業を続けます。

後年、香川照之さんは、父親の市川猿翁さんに会いにいった時

「僕はあなたの父ではない、今後二度と会わない」

と言われたといいます。

こうして父と子の確執が生まれました。

しかし、その後はわだかまりがとけたのか、歌舞伎役者として弟子入りします。

浜さんは、その時は相当複雑な気持ちだったと思いますが、これをきっかけに46年ぶりに猿翁さんと再会。

そこで猿翁さんと話したことでわだかまりが消え、現在では楽屋に行って息子の話をするなど、新たに良好な関係を築き上げているようです。

凄く愛し尊敬

浜さんは香川さんの前では一度も猿翁さんの悪口を言ったことがないといいます。

悪口どころか

「お父さんはりっぱな人だった、素晴らしい人だった」

と言って育てたという。

だから香川さんは父親をずっと尊敬し、冷たくされても切り捨てられなかったのかもしれませんね。

また猿翁さんさんが「自分の子供ではない」と言ったのは
今さら父親とは名乗れない、お母さんを大切にしなさい、ということだったのではないのしょうか・・・。

普通、浮気をされて別れた場合、文句のひとつも言いたくなるところを浜さんはそれをしなかった。

それは本当に市川猿翁さんのことを心底愛し尊敬していたからではないでしょうか。まして今まで独身を貫き通されているのですから・・。

再婚を考えた恋人がいた?

浜さんは離婚後、支えになってくれた今は亡き元小結・龍虎さんと恋仲になっていたといいます。

しかし、浜さんあれ以来ずっと独身を貫いています。

週刊誌の情報によれば、2人の交際が始まったのは、龍虎さんが角界を退いた75年の夏頃だったといいます。

「子供好きの龍虎さんでしたが、肝心の浜さんの長男・照之くんは、ずっと龍虎さんに、なつかなかったそうです。

龍虎さんが、浜さんの家を訪れたときも照之くんは、彼に背を向け、壁に向かって黙って座っていたのです。龍虎さんは“やっぱり、子供は難しいね”と、ポツリともらしていました」

浜さんは香川さんに「あなたのお父さんは尊敬できる人」と教え続けていたため、香川さんは会えない父を慕うあまり、母の恋人である龍虎さんを受け入れることができなかったのでしょうか?

そして浜さんも息子の胸中を察し、再婚に踏み切ることができず、浜さんと龍虎さんは’85年頃に破局。交際開始当時は、小学生だった香川さんは東大生になっていた。

実は浜さんは、トーク番組『ボクらの時代』で、10年愛の破局について明かしていたようです。

「照之が(大学生の頃)、『もうそろそろ別れたらいいんじゃないか』って。それで、言いに行ったのよ、その相手に。

あの子にとって父親は一人しかいないんです。そう(照之に)言われたって、(交際相手に)言いに行きましたよ」

番組では交際相手の名前を明かされませんでしたが、まさしく龍虎さんのことだった・・。

浜さんは、叶わなかった悲恋にどう思われていたのでしょう。

現在は?

浜さんは、数多くのドラマや映画に出演し、特に1986年から放映された火曜サスペンス劇場『監察医・室生亜季子』シリーズは人気でした。

しかし、2007年に同シリーズは終了。すると、以後、浜さんはドラマに出演することはなく、年間に1ヶ月の座長公演とその稽古期間、そしてCM以外の仕事はほとんどせずにいるようです。

また息子である香川照之さん一家と同居し、悠々自適の生活を送っているのだという。

もともとは専業主婦になりたかったという浜さん。

現在は、歌舞伎役者として厳しい修行を続ける息子の幸せを願う一人の母親として生きられているのではないでしょうか。

女優としても母としても素敵な方です。

まとめ

仕事に恋に一生懸命だった浜木綿子さん。これからはゆっくりと自分自身の幸せを考えて晩年を過ごしてほしいですね。

女優としての浜さんも応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク