奈良岡朋子、結婚せずに独身な理由に納得。岡本健一も虜になるほど素敵な人


奈良岡朋子、結婚せずに独身な理由に納得。岡本健一も虜になるほど素敵な人
出典元:劇団民藝公式サイト

主に舞台をはじめ、ドラマや映画で幅広く活躍されている奈良岡朋子さん。

芸能界に入られて70年近く経つというから驚きです。

あの石原裕次郎さんが尊敬していたというほどの実力をもつ、日本を代表する名女優の一人。

そんな奈良岡さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

奈良岡 朋子 プロフィール・経歴

【芸名】奈良岡 朋子(ならおか ともこ)
【出身】東京府東京市本郷区(現・東京都文京区)
【生年月日】1929年12月1日
【身長】158
【血液型】AB
【学歴】青森県立弘前中央高等学校卒→女子美術大学卒
【その他】劇団民藝の法人取締役・劇団共同代表を務める

奈良岡朋子さんのお父さんは、奈良岡正夫さんという洋画家で日本の美術家団体である示現会(しげんかい)の会長を務めた経験もあるすごい方です。

奈良岡さんの学生時代は、戦争中だったそうで、通っていた女学校が、戦闘機の無線機工場になり、奈良岡さんも動員されていたといいます。

そして戦争が激しくなると、青森へ疎開。

終戦後、東京に戻り女子美術大学に入学。

そこで舞台装置を手掛けるために入った演劇部でライフワークとなる演劇と出会う。

その後、もののはずみで受験した民藝の試験が見事合格。

女優としてのスタートを切ることになります。

1948年、民衆芸術劇場付属俳優養成所1期生として入所し同年舞台デビュー。
1950年、劇団民藝創設に参加
1954年『煉瓦女工』で初主演を務める

以降、劇団の中堅女優として活躍。

民藝創設者の死後、故大滝秀治さんと共に代表を務める。

2005年~2006年には『ドライビング・ミス・デイジー』で無名塾の仲代達矢さんと共演。

舞台のほか、特に橋田壽賀子さん脚本作品ではナレーターとして頻繁に起用されている他、石井ふく子プロデュース作品にも多く起用。

また、朗読の名手でもあると言われています。

1992年、紫綬褒章を受章

結婚せずに独身な理由に納得

ほんと余計なお世話かと思いますが、奈良岡さんはなぜ今まで一度も結婚をされていなかったのでしょうか?

その理由として奈良岡さんは

「演劇と同じ位にのめりこめる相手とは出会わなかったので結婚をしなかった」

といいます。実にシンプルな理由で納得しますね・・。

淋しいとか思わないのでしょうか・・?

ご本人いわく

それでも「奈良岡朋子」の人生はひとつでも役者として様々な人生を生きられる」

と前向きに考えられています。

このように独身を貫いている奈良岡さんですが、実は女優の大竹しのぶさんを本気で養女に迎え入れたかったそうです。

ある意味、奈良岡さんにそこまで思わさせる大竹しのぶさんって凄いかもしれませんね。

結婚しないで子供がいなくても、交友関係が凄く広い奈良岡さんですから淋しくないのかもしれません・・。

交友関係

女優歴はもちろんですが、奈良岡さんの壮大な交友歴は凄いです。

・石原裕次郎さん(最も尊敬していた女優として奈良岡さんを挙げている)
・大滝秀治さん(民藝の第一期生同士)
・杉村春子さん(実妹のようにとても可愛がってもらったという)
・美空ひばりさん(親友で本名で呼び合う仲)
・太地喜和子さん(親友)
・岸本加世子さん(可愛がっていた)
・田宮二郎さん(実姉の様に慕い、奈良岡さん宛に遺書を残している)
・黒柳徹子さん(デビューが同時期で当時から親交がある)
・八千草薫さん(『女の会』というグループを結成するほど仲が良い)
・草笛光子さん(『女の会』というグループを結成するほど仲が良い)
・池内淳子さん(『女の会』というグループを結成するほど仲が良い)
・吉永小百合さん(結婚式の介添人をつとめた)
・若尾文子さん(長年に渡り親交が深い)
・京マチ子さん(長年に渡り親交が深い)
・山岡久乃さん(長年に渡り親交が深い)
・大竹しのぶさん(養女にしようと考える程)

などなど・・・・大物俳優、大物歌手と凄い人達ばかりで奈良岡さんの芸歴生活がいかにどういったものかわかるような気がしますね。

また、奈良岡さんを本当の母親のように慕っている女優の方などはたくさんいらっしゃるでしょうね。

岡本健一も虜になるほど素敵な人

テレビ『徹子の部屋』で、奈良岡さんと、ジャニーズ事務所所属の元男闘呼組・岡本健一さんが「仲良しカップル」として登場された時がありました。

年の差ウン十歳の大女優と元アイドルの2人。

出会いのきっかけは、奈良岡さんが出演していた舞台『放浪記』だったそうです。

19歳のとき、男闘呼組の一員として初めて舞台に立った岡本さんは「舞台」という世界に憧れを持ち極めたいと思っていたようです。

そのような思いの中、奈良岡さんの舞台を拝見した岡本さんは、その演技に心を奪われたといいます。

今では一緒にご飯を食べに行くほど、大の仲良しのお二人ですが、実は初めて舞台で共演した時、岡本さんは奈良岡さんに怒られたそうです。

舞台の最初の読み合わせで、「滑舌悪い」「呼吸する場所が違う」など多くの指摘を受けたといいます。

そんな岡本さんについて奈良岡さんは

「野放しにしている方がいい役者だと思うから劇団には入れない」

と話されていたようです。

劇団に入らず現在もジャニーズにいる岡本さん、演技派でとてもいい役者に成長されています・・。

いい俳優さんに巡り合えば、その人は段々成長されていくんだなぁとしみじみ思いますね。

奈良岡さんという人は岡本さんをはじめ、虜になるぐらい本当に素敵な女優さんなんでしょうね。

まとめ

これからも健康に気をつけて、どんどん活躍していってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク