由美かおる、昔も現在も年齢に関係なくモテモテぶりが凄い!事故に遭遇していた。


由美かおる、昔も現在も年齢に関係なくモテモテぶりが凄い!事故に遭遇していた。
出典元:YAHOO!

女優として活躍している由美かおるさん。由美さんと言えば、あの『水戸黄門』での入浴姿が今でも目に焼き付いている男性達が多いのではないでしょうか?

そんな由美さんの昔も今もモテモテぶりや実は事故に遭遇していたエピソードを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

由美かおる プロフィール・経歴

【芸名】由美かおる(ゆみ かおる)
【本名】西辻由美子(にしつじ ゆみこ)
【出身】京都府京都市/6歳から兵庫県川西市で育つ
【生年月日】1950年11月12日
【身長】157
【体重】44
【学歴】私立梅花高校中退
【血液型】B
【特技】バレエ・合気道(四段)

1962年、由美かおるさんは12歳の時「西野バレエ団」に入団します。

1966年『11PM』に出演し、抜群のプロポーションと愛らしい風貌と網タイツ姿で人気を集めます。

ちなみに今も昔もスリーサイズ(B86cm W58cm H86cm)はデビュー当時(15歳)から現在までほぼ変わっていないそうです。

凄い努力をされているのでしょうね。

1967年、音楽番組『レ・ガールズ』で、金井克子さんや奈美悦子さんらと共演し、ミニスカート姿でマリリン・モンローのレパートリー等を歌って踊るシーンが話題を呼びました。

以降、歌手として女優として活躍していきます。

1986年からは、人気時代劇『水戸黄門』に「かげろうお銀」役でレギュラー出演。

番組中で披露される入浴シーンは名物となり、また合気道四段の猛者でもあり、劇中では華麗なアクションでお茶の間を楽しませたアクション女優の一面もありました。

昔も現在も年齢に関係なくモテモテぶりが凄い!

由美さんは、現在もこれだけお綺麗でさぞかし誘惑なども多かったでしょうね。

そんな由美さんは、恋愛の噂はあったものの結婚せず独身で子供さんもいらっしゃいません。いろいろタイミングが合わなかったんでしょうかね。

では、どんな方と噂になったのでしょうか?

最近では、2010年6月に数学者として活躍されている秋山仁さんと事実婚状態だという報道がありました。

同年11月、秋山さんの小学校の同窓会に由美さんが同席し、スペシャルゲストとして紹介したみたいです。

出会いは
秋山仁さんは2000年にアコーディオンを弾き始め、今ではミニコンサートを開く腕前だそうで、由美さんが2009年頃から秋山さんにアコーディオンを習い始めたそうです。

また、師弟関係でもあるようです。

事実婚の関係が7年間続いたようで、結婚は還暦婚としてその発表は近いのでは?と予想されていました。

しかし、現在は破局しているようです・・・。

ところが当の2人は交際関係に至ったことは認めず、事実婚や結婚間近という報道は作り話と一蹴。

そのような中、破局した真相など別れに関しての記事が浮上しているのもたしかであります。

噂によると秋山さんは非常に繊細で、些細な事に口うるさく由美さんに注意をすることが多々あったそうです。

そんな毎日に耐え切れなくなり、別れを告げたという・・。

これはあくまでも噂で当人たちが言っているものではないので、本当の真相はどうなのでしょうね。

大物たちもファンだった

2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが由美さんの大ファンで知られている。

衆議院議員の渡部恒三さんも大ファンで、渡部さんが民主党国対委員長就任時にプレゼントを贈ったそうです。

石原裕次郎

由美さんが15歳のとき、『11PM」にセクシーな網タイツ姿で登場した直後、 あの大物俳優である石原裕次郎さんから電話で共演のオファーを受けていたそうです。

今でも由美さんは、

「芸能生活の中で心に残っている男性は、まず格好いいと思ったのは裕次郎さんでした」

と思い出を振り返っていた。

モテモテぶり

海外では、ひと目ぼれされることがたびたびあったという由美さん。

チリでは「ホテルに将校さんから毎日花が届いた」とモテモテエピソードも。

しかし当時、これだけモテモテの由美さんですが、売れっ子だけに睡眠は3時間で恋愛どころではなかったそうです。

日本も海外の人も由美さんの魅力にゾッコンだったようですね。

昔の由美さんの画像を見れば納得しますがね・・。

事故に遭遇していた

1979年7月21日、羽田から和歌山県南紀白浜行きの東亜国内航空(当時)381便のYS-11に搭乗した由美かおるさん。

飛行機は、離陸後に後輪の左車輪が故障し、出せなくなっていることが判明。同機は羽田に引き返し、前輪と後輪が右側のみの片輪で着陸。

着陸後、速度が落ちた機体は脚のない左後方に大きく傾き、胴体を滑走路に激しく擦りつつ、機体の前後がほぼ逆に向いた状態で何とか停止。

幸いにも爆発や炎上などはなく、乗員乗客は全員無事だったという。

その場におられたみなさん、怖い思いをされていたでしょう。全員無事で何よりだったと思います。

まとめ

若い頃の由美さんと現在の由美さん、どちらも綺麗で変わらない美貌に釘付けです。

今後もみんなの憧れでいてほしいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク