鈴木雅之、嫁は下積み時から支えてた人で子供は?実はシャイで内向的な性格だった


出典元:鈴木雅之オフィシャルホームページ

今や、R&Bの帝王・ラブソングの王様として歌で常に表現され続けている鈴木雅之さん。

トレードマークのサングラス姿がカッコイイです。

そんな見かけはいっけんワイルドな感じがする鈴木さんですが、一体どんな方なんでしょうか?

スポンサーリンク

鈴木雅之 プロフィール・経歴

【芸名】鈴木雅之 (すずき まさゆき)
【愛称】Martin(マーチン)
【出身】東京都大田区
【生年月日】1956年9月22日
【身長】176
【血液型】AB
【学歴】芝浦工業大学工業高等学校中退
【職業】歌手、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー
【その他】ジャパン・ミュージックエンターテインメント 所属

1975年に「シャネルズ」を結成。

1980年、シングル『ランナウェイ』でデビューを果たし、110万枚のミリオンセラーに。

シャネルズはオールディーズの黒人コーラスグループTHE WILLOWSをモチーフとし、全員顔を黒塗りにし、そして鈴木さんはサングラスをかけているという斬新な演出で一気にお茶の間の人気を博しました。

後に「ラッツアンドスター」に改名し『め組のひと』など数々の大ヒット曲を生み出しました。

そして1986年には、ソロデビューをします。

これまで、自身のシングルやアルバムの作詞・作曲やほかのアーティストに楽曲を提供するなど、たくさんの名曲を生み出しています!

あれからウン十年、サングラススタイルを頑なに守り歌い続けている鈴木雅之さん。

本人曰く「サングラスはファッションではなく、体の一部」だそうです。なるほど!

また、第10回日本メガネベストドレッサー賞のサングラス部門を受賞されています。サングラス部門は今回からで、初受賞者だったようです。

嫁は下積み時から支えた人、子供は?

鈴木雅之さんは、結婚奥さんがおられます。気になる結婚相手については、公式な情報はありませんでした。しかしさまざまな情報サイトから得られたことはありました。

学生時代の同級生で15歳から13年間お付き合いしていた一般女性だそうです。そして1985年に当時のラッツ&スターのメンバー5人の合同結婚式を挙げたそうです。

奥さんは洋裁が得意で彼のデビュー当時の衣装を作成していたといいます。

下積み時代から支えて成功を見守ってきた奥さん、一方鈴木さんも浮いた噂は無く結婚相手の奥さんを一途に愛しているようです。

ちなみに結婚といえば、鈴木さんの曲は結婚式ソングとしても人気があります。

『出会えてよかった』
『もう涙はいらない』
『Boy I’m gonna try so hard』とか
『もう一度うまれくるなら』
など。

どれもこれもいい曲だし、また鈴木さんの歌声がまたより一層素敵にしてるんでしょう。

子供は?

結婚して30年以上経っているので、お子さんがいればそれなりの年齢になっておられるのかもしれません。しかし鈴木さん夫婦には子供はいないようです。

お子さんではないですけれど、子供のように可愛がっている愛犬パグのあんこちゃんを飼っていて、家族の一員のように可愛がられているのだとか。

生活感のない鈴木さんだからこそ、プライベートなことについてはほとんど公表されていないのでしょうね。

シャイで内向的な性格だった

現在の鈴木さんの姿から想像出来ませが、幼少の頃は内気で自己主張が苦手で、何時もお姉さんと共に行動をしていたようです。

姉について
鈴木さんのお姉さんは歌手の鈴木聖美さんです。

あの名曲『ロンリーチャップリン』ではデュエットをしていました。

聖美さんはもともとはバンドをやっていたそうで、当時から歌唱力はすごかったためプロからスカウトを度々受けていたそうです。

後に、鈴木さんの勧めでシャネルズのバックコーラスをすることに。

常にしているサングラスは、実は鈴木さんの内気な性格の裏返しとも言え、深夜に人と会う際もサングラスを着用していない事に不安を感じると明かされています。

まとめ

鈴木雅之さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

知っているようで実は知らないことが多々あり意外性に驚きました。

これからも、どんどん素敵な歌声を聞かせていってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク