永拓実、祖父は永六輔で叔母・母・兄と芸能一家。自暴自棄から東大に


永拓実、祖父は永六輔で叔母・母・兄と芸能一家。自暴自棄から東大に
出典元:YAHOO!

永六輔さんの孫であり、東大在学中という永拓実さん。

現在は、本を発売して作家デビューしたことを明らかにしています。

そんな永六輔さんの孫である永拓実さんについて、またご家族についてふれてみたいと思います。

スポンサーリンク

永拓実ってどんな人

永拓実さんは、1996年の東京都生まれ。

國學院久我山高校時代は、名門バスケットボール部に所属し、スポーツに明け暮れる。

東大文科二類に現役合格。

大学では学業に励む傍ら、国内や海外を一人旅するなどして地域文化に触れる。

2016年、インドでの異文化体験をまとめた作品がJTB交流文化賞最優秀賞を受賞。

完璧な男性のような気がしますね。

自暴自棄から東大に

本人の努力はもちろんのこと、お坊ちゃんでトントン拍子にいい人生を過ごされてきたのかなぁと思いきや、実は拓実さんは苦しい悩みを経験されていたようです。

高校時代の彼は、バスケットの全国大会の常連校で部活に明け暮れていたといいます。しかし、怪我で一線を退かざるを得なくなり、目標を失い、半ば自暴自棄に陥り、何もしない日々を過ごしていたそうです。

そんな時、祖父・永六輔さんの言葉に救われたという。

「無駄なことは何もない。無駄にする人がいるだけだ」と

この言葉で、何もしない自分の愚かさに気づいたといいます。

そして、この一言を実践し、一念発起。

その後、部活ができない鬱憤を勉強にぶつけ、東大に合格できたそうです。

現在は東京大学に通いながら、祖父の背中を追い、作家を志しているそうです。

永拓実さんの祖父・母・兄・叔母について

祖父・永六輔

角刈り頭と細長い顔がトレードマークの永六輔さん。(本名・永孝雄=えい・たかお)

2016年7月7日にお亡くなりになりました。(満83歳没)

物事の始まりの時期であったテレビ界で放送作家として活躍し、『上を向いて歩こう』をはじめ多数のヒット曲の作詞を手掛けるなど多方面で才能を発揮。

永六輔さんといえば、『上を向いて歩こう』
坂本九さんが歌って当時大ヒットした「上を向いて歩こう」この曲を作詞したのは永六輔さん。

ビルボード(Billboard)誌では、1963年6月15日付に、現在においても日本人のみならずアジア圏歌手唯一となる週間1位を獲得。

後に数多くのアーティストによってカバーされ、いまだに外国人によるモノマネのネタにもされる。

永六輔の長女で叔母・永千絵

成城大学文芸学部を卒業。家族構成は、既婚者で夫と2男。

永千絵さんは、映画・エッセイストとして活躍されています。

高校や大学の学生時代から映画が大好きで、高校生のときには永六輔さんの代わりに、映画雑誌『キネマ旬報』のページを書いていたといいます。

また、大学生の時には映画雑誌『SCREEN』に原稿を書いたそうです。

大学卒業後、女性誌『an-an』や『LEE』などで、映画ページ連載。

現在は雑誌『月刊クロスロード』に連載。

永六輔の次女で母・永麻理

元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの永麻理さん。(本名:岡崎 麻理)

父・永六輔さんの「子どもは近所の学校に行くべきだ。」という教育方針から、近所の渋谷区立の小中学校に姉の永千絵さんと共に通う。

その後、慶應義塾女子高等学校を経て、慶應義塾大学文学部人間学科卒業。

高校在学中は、ハワイのプナホウ・スクールに留学。その時の同級生には、なんと元アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマさんがいたそうです。

かなり頭がいいということが想像できますね。

そして大学卒業後の1985年にフジテレビへ入社されました。

同じ1985年入社のアナウンサーには、現在めざましテレビで活躍されている軽部真一アナウンサー、三宅正治アナウンサーなどがいます。

永六輔の孫で兄・育乃介

永拓実さんのお兄さん・育乃介さんは、青山学院大学を卒業。

その後、2012年に芸能プロダクションのイトーカンパニーが結成した東京タワーを応援するユニット「タワーボーイズ」で芸能界デビュー。

タワーボーイズの公式サイトは2014年から更新していませんが、現在も活動はしているようです。

しかし、育乃介さんのブログによると2015年末を持って所属事務所を離れたようなので、現在の活動状態はわかっていません。

こうしてみなさんの職業をみていると、やはり永六輔さんの影響を強く受けているのだなと思いますね。

まとめ

永拓実さんについて、また祖父・永六輔さん、叔母、母、兄ついて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

なんだかんだやっぱりDNAって凄いなぁと改めて思い知らされました。

まだまだ若い永拓実さん、今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク