則本昂大、嫁は美人で野球部のマネージャー。年俸や愛車は?偉大な両親


則本昂大、嫁は美人で野球部のマネージャー。年俸や愛車は?偉大な両親
出典元:東北楽天ゴールデンイーグルス 公式サイト

東北楽天ゴールデンイーグルスのエースとして活躍している則本昂大選手。

プロ入り1年目から開幕投手として登場し15勝を挙げる活躍で、パ・リーグ最優秀新人王を受賞。

その後も、連続試合2桁奪三振記録を更新するなど、素晴らしい成績を出し続けています。

そんな則本昂大選手ですが、実は既に結婚していて奥さん子供がいるようです。

奥さんのことや年俸愛車、また両親についてふれてみたいと思います。

スポンサーリンク

則本昂大 プロフィール・経歴

【氏名】則本昂大(のりもと たかひろ)
【出身】滋賀県犬上郡多賀町
【生年月日】1990年12月17日
【身長】178
【体重】82
【投球・打席】右投左打
【ポジション】投手
【プロ入り】2012年 ドラフト2位
【初出場】2013年3月29日
【所属】東北楽天ゴールデンイーグルス
【その他】プロ野球滋賀県人会副会長を務めている

則本昂大選手は、小学生の時に野球クラブに所属し5年生からエースに。

中学生の時には、軟式野球の大会で優勝するなど活躍していた。

八幡商業高校時代は、2年生から主戦投手になるも、甲子園に出場できなかった。

三重中京大学に進学。三重県リーグの通算成績は33勝0敗、防御率0.56といった凄い成績をのこす。

2012年、ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受け入団。

入団時の契約金は7000万円、年俸1200万円。背番号は「14」。

嫁は美人で野球部のマネージャー

2013年、12月24日のクリスマス・イブに則本選手は、地元滋賀県の八幡商業高校の野球部のマネージャーだった1年後輩の一般女性と1年半の交際を経て結婚

プロ1年目にして最高のクリスマスを迎えることが出来た則本選手。

奥さんはどんな人

身長158センチのスレンダー美人で、アイドルグループAKB48の倉持明日香さんや女優の柴咲コウさんに似たキリッとした大きな瞳が印象的な美女だそうです。

結婚するまでは、どうやら地元滋賀県で薬剤事務をしていたんだそうです。

ちなみに、ネット上で出廻っている奥さんの画像はAKBの倉持明日香さんです。

何を間違えたか、この倉持さんの画像が則本選手の奥さんだと思われている方もいるそうなので、皆さん勘違いしないように注意してください。

倉持明日香さんの画像

奥さんは一般の方なので、残念ながら画像はありませんでした。でもきっと綺麗な方なんだと想像がつきますね。

馴れ初めは

当時高校2年生だった則本選手は、入部してきた奥さんのことを「かわいらしい後輩が入ってきた」と思っていたようです。

でも、その時は交際することについて「想像してなかった」という。

しかし2011年12月に開催された高校の野球部忘年会で再会したのがきっかけで、その後は毎日のように連絡をとるようになったそうです。

そして電話やメールでやりとりするうちに自然と彼女に惹かれるようになり、2012年7月に交際を申し込んだという。

それから約1年半でゴールイン。

則本選手いわく

「付き合う前から料理とかも始めていたそうで、徐々に練習したり、料理教室に通ったりして、すごく頑張ってくれた。ああ、いい子だなって」と、いちずな姿により一層、結婚への思いは強くなっていった。

そんな幸せいっぱいの則本選手の好きな料理は、断トツでブリの照り焼だそうです。

またシーズン中は、「よく見に来てくれました」と球場に足を運んでくれた奥さんに感謝の思いも強い。

負けがこんだ時や、落ち込みそうになった時、

「楽天的というか、ポジティブなので。悲観的にならないし、それは大きかった」

と彼女の明るさに支えられてきたという。

その後、2016年3月8日に第一子となる女の子が誕生

野球では活躍し、家庭は安泰で・・まさに幸せを絵に書いた人生で、羨ましい限りです。

年俸や愛車は?

則本選手の年俸推移は

三重中京大学からドラフト2位、契約金7000万円で楽天ゴールデンイーグルスに入団。

・2013年 1200万円
・2014年 6000万円
・2015年 1億2000万円
・2016年 1億5000万円
・2017年 2億円

入団3年目で1億円の大台という破格の評価はあの田中将大選手にさえ与えられていませんし、大台突破は球団史上最速で、プロ野球史上でも5人目。

気持ちがいいぐらい、どんどん上がっていますよね。

成績推移を見てると、これが決して過大評価ではないことがわかります。

・2013年15勝8敗
・2014年14勝10敗
・2015年10勝11敗
・2016年11勝11敗

15勝をあげて新人王になっていますから、楽天が今則選手を厚遇するのは自然なことでしょう。

愛車は?

こんなにも稼いでいる則本選手の愛車は凄く気になるところです。

ダッジ チャージャ

新車価格は600万円〜

則本選手自身、アメ車が大好きと公言していたようです。

ちなみに時計は、ウブロ スピリットビックバン お値段420万円。

夢ありますよねー。

偉大な両親

則本選手がここまでこれたのも、育て支えてくれた家族があってこそ。

そんな家族についてふれてみたいと思います。

則本選手の両親は、父親が則本義孝さんといって2017年で60歳。職業は、精密機械器具を扱う地元の中小企業の技術者。

野球経験はゼロで素人でしたが、則本選手と一緒にボールを投げたり打ったりして、徐々に練習を始めて行きました。

それは、則本選手が小中に通う9年間、毎晩のように練習に付き合っていたそうです。

お父さんは

息子に教える以上、口でアレコレ言うだけでなく、練習に一緒に付き合って、体で教えなあかん

と思ったからだそうです。

投げ方から盗塁のスライディングの仕方まで、息子の前で実演してみせました。

則本少年がピッチャーを始めると、庭にマウンドのプレートを埋めて、ホームベース後方にネットを張って、即席のブルペンを作りました。

そしてお父さんは、このような経験をもとに、2005年に知人と2人で少年野球チーム「YK野球塾」を立ち上げました。

この「野球塾」から第2の則本選手を誕生させてほしいですね。

母親
則本選手のお母さんは、美奈子さんといってお父さんより6歳年下の54歳(2017年時点)。

プロ入り1年目の2013年8月29日に、新人勝利の球団新記録となる12勝目を挙げました。

登板前日の日、お母さんはメールで

「いつも通り、普通に投げとき」

と激励したそうです。

すると、則本選手は

「ほーい」

と返事。

この2人の何気ないやり取りが、普段から仲が良いってことがわかり、凄くいい親子関係だなと思いますね。

則本選手にとって両親は偉大な存在なんでしょうね。

ちなみに、則本選手にはお兄さんがいます。3兄弟だなんてお母さん大変だったでしょうね・・。

お兄さんは一般の方なので、メディア等には登場していません。

そして弟は、則本佳樹さんといって則本選手と同じく野球をやっています。

佳樹さんは投手としてプレーし、2012年夏の甲子園には北大津高のエースとして出場。

甲子園初戦の滝川第二高校戦では先発マウンドを任され、9回まで好投を見せましたが、惜しくも初戦敗退しています。

高校卒業後は、兄と同じくプロを目指すもプロのレベルに至らなかったという。

そんな時、名門の近畿大学が注目してくれた。でも私大では学費がかかる・・・諦めて就職と考えいたら、お兄さんが学費を出してくれたという。

そうして、近畿大学に進学。

在籍中は、右肘を2度手術しましたが、完治。

大学卒業後は、島田市内の山岸運送に入社し、船出したクラブチーム「山岸ロジスターズ」で投手を務めながら、プロを目指します。

右の本格派で最速145キロ。

佳樹さんは、

「大学ではいろんな勉強ができた。兄貴には恩返ししたい。学費はこれから、返していきたいと思っています」。と

いつかプロになって兄弟対決してほしいですね。

まとめ

則本昂大選手の奥さんや家族について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

野球に家庭と順調な則本選手。

今後も大いに活躍してくれることを祈ってます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク