渡辺真知子、結婚や子供は?父は偉大な人だった。人柄や現在の活動


渡辺真知子、結婚や子供は?父は偉大な人だった。人柄や現在の活動
出典元:「Kamome Music」オフィシャルサイト

1977年『迷い道』でデビュー以来、パワフルなボーカルと明るいキャラクターで、人気を博してきたシンガーソングライターの渡辺真知子さん。

そんな渡辺さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

渡辺真知子 プロフィール・経歴

【芸名】渡辺 真知子(わたなべ まちこ)
【本名】渡邉 真知子
【出身】神奈川県横須賀市
【生年月日】1956年10月23日
【職業】歌手、女優、シンガーソングライター
【血液型】B
【趣味】スキューバダイビング、ガーデニング
【学歴】緑ヶ丘女子高等学校→洗足学園短期大学卒
【その他】カモメミュージック 所属

渡辺さんは、1977年にデビュー。

「シンガーソングライターはテレビに出演して歌わない」という当時の音楽業界の常識を覆して積極的に歌番組に登場。

そして次世代のニューミュージックシンガーとして、声楽出身の豊かな声量で人気を博し、『迷い道』『かもめが翔んだ日』『ブルー』『唇よ、熱く君を語れ』など日本のポップス・シーンに残る数々のヒット曲を送り出す。

日本レコード大賞最優秀新人賞、他音楽祭12賞受賞。

2010年4月15日、自身のブログで「2010年4月22日に、小澤音楽事務所を離れ、個人事務所を設立する」旨の発表を行った。

結婚や子供は?

渡辺さんの結婚については、噂もなければ信憑性ある情報もありませんでした。

どうやら、現在も過去も結婚されていたという事実はないようです。なのでお子さんもいないかと思われます。

父親は偉大

渡辺さんの父親猛男さんは田端義夫(バタヤン)の流行歌、6つ年上の兄は米国のバンド、ザ・ベンチャーズの曲を好んで聴く、音楽好きの家庭で育ちました。

言葉より先に歌のメロディーを口ずさみ、小学生になるとオルガンを習い始めたといいます。

本人いわく

「人前に立つことが好きで独立心も強いのは父親譲り」

だそうです。

神奈川県職員だった父・猛男さんは人付き合いがよく、人前に立つのも歌うのも好き、しかし家では寡黙だったそうです。

兄を叱る猛男さんの姿が怖く見え、また娘を甘やかすこともない。でも細かいことは一切、言わず、家庭では趣味に没頭していたようです。

「休日は朝から盆栽いじりや収集した小判の整理、材料を一からそろえての模型作りなど、とにかく忙しい」

機嫌がいいときや盆栽の手入れ中などには、バタヤンの歌を口ずさんでいた。

小学生の真知子さんに美空ひばりの「真赤な太陽」を歌うよう頼んだことがあり、

「歌を覚えたいけれどなかなか覚えられないと、テープレコーダー代わりに何回も歌わされた」という。

そんな、猛男さんは真知子さんの音楽活動を応援し続け、ときに背中を押してくれたんだそうです。

猛男さんは国に貢献したという意味で瑞宝小、従五位の勲章をうけられました。凄い方ですよね。

人柄

渡辺真知子さんは、天真爛漫な人柄でテレビ出演時は軽快なトークで人気を集めたといいます。

また歌以外に書道が八段の腕前というのはビックリです。

そんな渡辺さんですが、人気が急速に落ちて売れなくなって仕事がなくなって、レコード会社からもう曲を作らなくていいと言われた渡辺さん。

ショックのあまり、マンションから飛び降りようと考えるぐらい追い込まれていた時期があったといいます。

そして1988年、音楽をやめるつもりで、アメリカ・アリゾナ州へ英語の勉強のため留学します。

そこで色々考えられたのでしょう。

「もっと自由でいい」と初心に戻るきっかけとなり、ジャズやラテン音楽へと幅を広げていった。

渡辺さんはシンガーとして生きる道を選ばれました。

ラジオで

「人生、死ぬこと以外はかすり傷」

と言った渡辺さん。

いろいろと悩み苦しんだ時期を超えてきたから言えるのでしょうね。

『速報!歌の大辞テン』で渡辺さんのVTRが紹介された時、ゲストだった工藤静香さんは「渡辺さんに憧れます」と語っていたようです。

芸能界からも憧れられている素敵な方なんでしょうね。

現在

パワフルな歌唱は現在も勢いはとどまらず。 デビューの頃よりコンサート活動を精力的に続けている。

近年ではそのライブパフォーマンスが評価され、ブラジル、キューバの日本人移民100周年式典など海外で歌う機会も多い。

2011年には日ロ友好イベントとしてロシア・サンクトペテルブルグにて地元のオーケストラと共演。

翌2012年にはロシア大使館でのサマージャズコンサートに出演。

2015年は、ポピュラーソングコンテストで審査員長の特別賞を受賞。

同年6月24日には、40年間の様々な代表曲を3枚組に凝縮させたセレクションアルバム「いのちのゆくえ~My Lovely Selections~」を発売。

2016年10月5日、シングル「ときの華」をリリース。

このように渡辺さんは、また創作活動も意欲的で現在もなお活躍し続けています。

まとめ

これからも素敵な歌声をきかせていってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク