遊井亮子、結婚せずに独身を貫く?レッドが再浮上。実はグラビア出身。


遊井亮子、結婚せずに独身を貫く?レッドが再浮上。実はグラビア出身。
出典元:ボックスコーポレーション

遊井亮子さんといえば、ドラマ『白線流し』『レッド』で注目を浴びました。

その後は、主役を引き立てる脇役で、引けを取らない、そして安定した演技力で数々のドラマなどに出演し活躍しています。

最近では、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『痛快TV スカッとジャパン』に出演されていました。

そんな遊井さんについて色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

遊井亮子 プロフィール・経歴

【芸名】遊井亮子(ゆうい りょうこ)
【本名】金井亮子
【出身】東京都
【生年月日】1976年8月10日
【身長】166
【血液型】A
【学歴】私立中延学園女子高等学校卒(現在:朋優学院)
【趣味】F1観戦・考古学・英語
【特技】華道
【その他】ボックスコーポレーション所属

1994年にデビューし、現在に至るまで主にテレビドラマの出演が多く様々な役どころの作品に出演し活躍されています。

【デビュー作品】
1994年ドラマ『静かなるドン』

〜主な代表作品〜

【ドラマ】
・1996年『白線流し』
・2001年『レッド』
・2013年『最高の離婚』
・2014年『ファースト・クラス 』
・2014年『蒼の海』

【映画】
・2007年『公安警察捜査官』

結婚せずに独身を貫く?

遊井さんを検索すると「結婚」と浮上しますが、結婚はされておらず独身のようです。ひょっとすると、バツイチ?と思いましたが、どうやらそれも違うようです。

華奢で線が細く綺麗、年齢も41歳(2017年時点)とそこそこ〜な年齢なので、おそらく皆さんは結婚していると過程し「結婚」と検索する人が多くて、キーワードが浮上したのでしょう。

では熱愛に関してはどうなのでしょうか?
長く芸能界にいる訳ですから恋の噂もあっても良いとは思うのですが、これといって全くの情報がありませんし、噂もありません。なので現在、彼氏がいるのかどうかも分かりません。

今後、遊井さん自身、結婚願望が強くなれば、もしかすると電撃結婚なんてこともありうるかもしれませんね。

今まで噂がなかっただけにどのような人を選ぶのか楽しみですね。

昼ドラ『レッド』が再浮上

レッド』とは2001年にフジテレビで放送していた昼ドラ。

遊井さんが主役を演じられた作品であり注目されたドラマでした。

この物語は、遊井さん演じる片瀬麻美は生まれつき、髪の色が赤くて周りからイジメを受けていました。

そんな麻美ですが世間に屈することなく、それでも強く女性として生きていく。といった過程を描いた作品。

麻美はデザイナーになりたいという夢を叶え、そして結婚します。ここでハッピーエンドで終わりかと思いきや、そこからが散々。

旦那が男性と浮気をし、結婚生活は上手くいかず・・・沢山苦労してきた。だけど、最終的に仕事面で上手くいった。というなんとも結末が昼ドラって感じのドラマ仕立てとなってます。

ちなみに出演していた男性は、村井克行さんや関口知宏さん。

また、このドラマは過激なシーンなんかもあって、衝撃的な作品。「遊井亮子」「レッド」「動画」と検索するとおそらく見れるでしょう。

このように、昔のドラマですが、また見たい!見てみたい!と再び若者の間で『レッド』は注目を浴びていたようです。

興味ある方はぜひ見て下さい。

若き頃の遊井亮子さんにも注目ですね。

グラビア出身

遊井さんはドラマデビューを果たした後、1995年に「フジテレビビジュアルクィーン」に選出。

このフジテレビビジュアルクィーンとは

将来性があると思われる、グラビアアイドルを、毎年数名選び、フジテレビのマスコットキャラクターとして、イベントやテレビに出演させる。

という企画の名称で若手女優の登竜門だったようです。

1992~2002年の開催期間に「フジテレビビジュアルクィーン」に選ばれた中には、内田有紀さんや稲森いずみさん、華原朋美さん、市川由衣さん、香里奈さんといった、今では確固たる地位を築かれた女優さんたちも。

グラビアの活動は、各誌で抜群なプロポーションで水着ショットを披露していました。

遊井さんは激痩せと言われていた時代もあり、またこういったグラビア時代も経て下積みをし、女優としてのキャリアを積まれていかれたようですね。

意外で驚きました。

まとめ

実力派女優として活動している遊井亮子さんの今後の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク