瀬戸俊樹、彼女の存在は?仮面ライダーで人気に至るまでの経緯が凄い


瀬戸俊樹、彼女の存在は?仮面ライダーで人気に至るまでの経緯が凄い
出典元:研音公式サイト

印象的な目力で人を惹き付けるイケメン俳優の瀬戸利樹さん。

芸能人の登竜門とも言われている戦隊モノ『仮面ライダーエグゼイド』で鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ役を演じたことで、若い世代に人気が急上昇。

そんな瀬戸さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

瀬戸利樹 プロフィール

【芸名】瀬戸利樹(せと としき)
【出身】千葉県
【生年月日】1995年10月7日
【身長】176
【血液型】B
【趣味】映画鑑賞
【特技】野球
【その他】研音 所属

中学生の頃は、野球一筋で髪型は坊主だった。

甘いものが得意ではなく、特にチョコレート系は幼少期に鼻血を出したことから苦手。

彼女の存在は?

これだけのイケメン。やはりお約束ですが彼女がいるのか?気になるところです。

熱愛彼女について調べていると、同じ研音に所属する女優の大友花恋さんの名前が浮上してきます。

大友花恋さんは、Seventeenモデル・女優としても活動し、『君の膵臓をたべたい』『王様のブランチ』などに出演。

瀬戸さんと大友さんは、音楽PV撮影で恋人役として共演し話題になりましたが、本格的な恋愛に発展したわけではありません。

いわゆる、共演しただけで噂が流れるありがちなパターンだったようです。

瀬戸さんは『仮面ライダーエグゼイド』を演じている頃、「今は演じる事に一番情熱を注いでいます!」と。

大事な時期で恋愛どころではなく、また仕事が楽しい時期なんでしょうね。

なので現在は、熱愛の噂はなく、彼女はいないと考えられます。

ちなみに好きなタイプの女性は、自然体でよく笑う子だそうです。

今後に注目です!

ブレイクに至るまでの経緯

『仮面ライダーエグゼイド』で人気を博した瀬戸さん。人気になるまでの経緯とは?

2013年、研音が主宰する世代スターを育成する部門「Next Generation」に所属。

2014年、嵐の二宮和也さん主演ドラマ『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』で俳優デビュー。

得意とする野球を活かせる役でしたが、まだまだ出番は少なかったようです。

2015年、岡田将生さん主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』で初出演。

オーディションを受け見事に勝ち取った役は、俳優として大きく成長できた作品。

同年8月より、はれて研音に所属し俳優としてのスタートを踏む。

2016年10月2日からスタートしたドラマ『仮面ライダーエグゼイド』で準主演を勝ち取る。

子供たちやママさんたちから人気を博し、ブレイクする。

実は、『仮面ライダーエグゼイド』の前作だった『仮面ライダーゴースト』でもオーディションを受けていたが、残念ながら落選・・。

同じ事務所で同年齢であった山本涼介さんが同作品で深海マコト/仮面ライダースペクター役となったことに悔しさを感じていたと言います。

そして『エグゼイド』のオーディションではその気持ちをばねに全力で挑んだそうです。

結果、1年間続く連ドラに、絶好のチャンスを見事勝ち取りました。

ちなみになんですが、主演を演じたのは「第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝いた飯島寛騎さんでした。

戦隊モノに出演している俳優さんってイケメンばかりですよねー。

芸能界に入る前は?

野球一筋だった瀬戸さんが、高校生の時に初めて東京に遊びに行きました。その時から何か光るものがあったのでしょうか、サロンモデルにスカウトされました。

そしてモデルへの道へ・・。

最初は戸惑いながらも、段々と慣れていくと髪型を変えたりするのが楽しくて、また美容師さんの仕事ぶりをみて美容師になりたいと思うようになっていったと言います。

高校を卒業したら美容専門学校に行くつもりだった瀬戸さん。

するとお世話になっていた美容師の方に、

「美容師になる前に、人生は一度きりだから、芸能事務所に所属してみない?」

と勧められたそうです。

しゃべるのが不得意だった瀬戸さんは

「僕なんて無理です!!」

と断ったようですが「人生は一度きり」のフレーズにちょっと心が揺れ、今の事務所に面接を受けたといいます。

人との出会い、関わり方で人生って大きく左右するものだなぁと思いますね。

しかし、その美容師さんって見る目ありますよね・・

もし瀬戸さんが俳優の道に進まず美容師になっていたら、「イケメン美容師」として話題になっていたのはたしかでしょうね・・。

どちらにしても注目される方なんでしょう!

まとめ

瀬戸俊樹さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今後が楽しみなイケメン俳優さんです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク