清原翔、モデルから俳優の道への経緯。理系男子で彼女はいる?


清原翔、モデルから俳優の道への経緯。理系男子で彼女はいる?
出典元:スターダストプロモーション公式サイト

『ゼクシィ』のCMで一躍注目を浴びたモデルの清原翔さん。最近は俳優としても活躍されている塩顔イケメン男子。

そんな清原さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

清原翔 プロフィール

【芸名】清原翔(きよはら しょう)
【出身】神奈川県
【生年月日】1993年2月2日
【身長】185
【血液型】O
【趣味】カメラ、散歩、お香
【特技】野球、バレーボール
【その他】スターダストプロモーション 所属

特技の野球は、小学校2年生から中学3年生まで活動(ピッチャー)し、バレーボールは高校からやり始めたようです。

どうやらスポーツ少年だったようですね。背が高いのでバレーボールをやっていたのは納得すものがあります。

モデルから俳優の道への経緯

もともと表舞台に興味があったのですが、自分がそういうところに立てる人間だとは思っていなかったようです。

小学校・中学校・高校・大学とごく普通に生活してきましたが大学2年生のとき、

ふと「このまま就職していいのかな?」と。

とにかく何か一つでもチャレンジしてから卒業したいと思い、「MEN’S NON-NO」のオーディションに応募したといいます。

そして、2013年からMEN’S NON-NOの専属モデルになり、2016年に俳優活動をスタートします。

ドラマ『レンタルの恋』で連続ドラマデビュー。

普通の生活からモデル・俳優へと生活は一気には変化したでしょうね。

2017年、人気あるCM 結婚情報誌『ゼクシィ』の10代目CMガール・佐久間由衣さんの新郎役に抜擢されました。

このオーディションは1回目は落選し、2回目に抜擢!やり続けるって大切ですよね。2回目で受かるって、1回目と何が違ったのでしょうね。

今の事務所に入るきっかけとしては、はやり演技をしてみたかったからだそうです。

もともと、演技やテレビの世界に憧れはありつつも、表舞台に立つ人間じゃないと思っていたそうです。

そのような中、身近な人たちが活躍していく姿を見て、また話を聞くうちに興味が湧き出し、そして大学4年生の時に「MEN’S NON-NO」の方に相談していたようです。

今ではすっかり活動の場も広がり、ドラマ・映画・CMなど、活躍されています。

【ドラマ】
2017年1月『レンタルの恋』
2017年2月『東京タラレバ娘』 第4話
2017年4月『兄に愛されすぎて困ってます』
2017年7月『警視庁いきもの係』

【映画】
2017年『パパのお弁当は世界一』(2017年)
2017年『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』(2017)
2017年『リベンジgirl』

【雑誌】
2013年『MEN’S NON-NO』専属モデル

【CM】
2015年 日産自動車「リーフ」
2017年 日本コカ・コーラ「アクエリアス」
2017年 リクルート「ゼクシィ」

2017年から、さまざまな分野で引っ張りだこですよね。新人さんながら凄い才能がある方なのでしょうね。

理系男子で彼女はいる?

清原さんは大学では理工学部を専攻し理系男子だったようです。理系男子って頭がいいイメージがありますよね。

そんな清原さん、実は芸能事務所が決まった時、当初はすごく反対されたそうです。

もともと大学院へ行くつもりだったそうで

「そんな甘い考えなら辞めた方がいい」

「芸能界も辞めて、大学院までしっかり行った方がいい」

と言われたそうです。

そんな過去があったなんてね。思い切って芸能界の道に進まれましたが、今では注目される新人俳優さんで徐々にではありますが活躍されています。

彼女は?

これだけのイケメンですから彼女がいる・いないは気になるところですよね。

調べてみましたが、信憑性ある情報や目撃、スクープされた形跡がないことから今はいないと考えられます。

今後、今以上に知名度が広がりまたドラマや映画などにどんどん出演するようになれば、共演者との噂も浮上しそうですね。

ちなみに彼に好きなタイプの女性

人の悪口を言わない人で、よくしゃべり、明るくて、笑顔の似合う、透明感のある人が好き

だそうです。

また理想のデートについて

本人いわく

浅草に行って食べ歩きをして、夕方になったら飲み始めます。そのあとバッティングセンターへ行ったりして、最終的には上野あたりの居酒屋に入る

というような感じなんだそう。

どのような方が彼女になるのか気になりますよね・・。

これかもまだまだ目が離せないです。

まとめ

清原翔さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?
これからブレイクするにおいがプンプンします。

ぜひとも頑張っていってほしいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク