大空眞弓、結婚し離婚した勝呂誉との仰天秘話。再婚は?苦労人だった?


大空眞弓、結婚し離婚した勝呂誉との仰天秘話。再婚は?苦労人だった?
出典元:オフィスのいり公式サイト

ベテラン大御所女優の大空眞弓さん。

順調な女優人生の一方で、プライベートでは、結婚離婚息子の不祥事、自身の病気と、様々な困難を乗り越えられてきた強い女性。

今回、『徹子の部屋』ではプライベートで大の仲良しだという女優の音無美紀子さんと出演されます。どういったトークをされるか楽しみです。

そんな大空真弓さんのことについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール・経歴

【芸名】大空 眞弓(おおぞら まゆみ)
【本名】中田 佐智子
【出身】東京都港区
【生年月日】1940年3月10日
【身長】153
【体重】60
【血液型】AB
【学歴】東洋音楽短期大学中退
【その他】オフィスのいり所属

1958年、東京音楽大学声楽科に在学中にスカウトされて「新東宝」に入社。

この時に大学を中退。

同年、近江俊郎監督『坊ちゃん天国』で高島忠夫さんの妹、みどり役に抜擢され、映画デビューを果たします。

その後、1961年にいちどフリーに。

そして1962年には、「東京映画」と専属契約を結びます。

【転機】
そして、1964年にテレビドラマ『愛と死をみつめて』で、不治の病に冒される主人公を演じ、瞬く間にお茶の間の人気者に。

以降、ドラマ・映画・舞台といった数多くの作品に出演。

1990年には、舞台『人生は、ガタゴト列車に乗って・・・』で、「第15回菊田一夫演劇賞」を受賞。

人気と実力が兼ね備えトップ女優として、不動の地位を確立していきます。

【受賞】
1964年 第3回日本放送作家協会女性演技賞受賞
1990年 第15回菊田一夫演劇賞受賞

ちなみに、俳優の石坂浩二さんとは親友でもあり、芸名の名付け親でもあるんだそう。

サザンオールスターズのファンであり、桑田佳祐さんと親交があるようです。

結婚し離婚した勝呂誉との仰天秘話

1961年、ドラマ『青年の樹』で共演し知り合ったという、俳優の勝呂誉(すぐろ ほまれ)さんと1968年に結婚しました。

その後、子供を授かるも1982年には離婚

当時、この結婚には、けっこう謎が多く、「偽装結婚」だったのでは?
という噂もあったようです。

また元夫の勝呂さんは、ここ最近は俳優業の活動はされておらず、会社経営をされているようです。

大阪十三にある、「ホテルプラザオーサカ」を経営されているのだとか。

ホテル活動のために奔走されていて、今はホテル業のお仕事が忙しいのかも知れませんね。

【子供】
大空さんには、1人息子さんがいます。

元俳優の中田元博さんなのですが、これまでに3度逮捕されているとか・・。

現在のところ、息子さんがどうされているのかは分かりませんでしたが、無事に更生されていることを願います。

【再婚】
離婚されてからは、恋愛はあったのかはさておき再婚はされていないようです。

仰天秘話

サバサバとした性格の持ち主だという大空真弓さん。

元夫の勝呂誉さんが再婚するといった際、自らも結婚式に出席したそうです。

これだけでも驚きですが、新郎側友人としてスピーチも行ったそうです。

スピーチ内容は

「過去の私と勝呂さんとの結婚は何かの間違いでした。私のことなんか忘れてどうぞお幸せに!」

と祝辞を述べて、新郎新婦や出席者の爆笑を誘ったそうです。

こんなことってあるんですね・・。

苦労人だった?

大空さんの父親は沖縄県、母親は広島県の出身。

目黒、深川に転居後、1歳半の時に父が貿易会社に就職し中国北京に渡る。

終戦間際に帰国、母の郷里・広島に住むことに。

1945年、5歳の時に原爆に遭遇。爆心地が遠かったため、その時は誰も症状は出なかったが、姉は20代後半に白血病で亡くなっている。

終戦後、父が大分県で家具の製造会社を始めたため転居。

その後、父が東京で貿易会社を興したため小学校2年の時、東京に戻り九段に落ち着いたようです。

昔は色々あったようです。

【病気】
2003年、テレビゲスト出演した『徹子の部屋』で初めてに患っていることを公表。

毎年9月頃に数日はスケジュールを完全にオフにして、癌検診を受けているという。

過去に数回腫瘍が発見されたが、いずれも良性であったため簡単な摘出手術で済んだようです。

これまでの大空さんを辿っていくと、幼い頃もバタバタとし、そして女優として大成するも、離婚・息子さんの不祥事・自身の癌を患われるなど、様々な困難を乗り越えられた大空さん。

その計り知れない強さ、尊敬いたします。

まとめ

大空真弓さんについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

末永いご活躍を期待したいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク