樫山文枝、旦那は天までとどけの父親の綿引勝彦で子供は?実家はエリート揃い


樫山文枝、旦那は天までとどけの父親の綿引勝彦で子供は?実家はエリート揃い
出典元:劇団民藝公式サイト

NHK朝ドラ『おはなはん』に出演すると瞬く間に人気者になった女優の樫山文枝さん。

最近は、テレビではあまり見かけなくなりまりたがまだまだ女優さんとして健在。

そんな樫山文枝さんの結婚した旦那さんや子供、実家について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

樫山文枝 プロフィール・経歴

【芸名】樫山文枝(かしやま ふみえ)
【本名】綿引文枝(旧姓:樫山)
【出身】現:東京都武蔵野市吉祥寺
【生年月日】1941年8月13日
【身長】162
【その他】劇団民藝 所属

東京文化学園高等学校を卒業。
かつて、5千円のモデルとなった札新渡戸稲造氏が校長を務めた名門です。

俳優座附属養成所で学んだ後、さらに劇団民藝俳優教室を経て1963年、劇団民藝に入団しました。

当時、俳優座は養成所に入るのが40倍ぐらいの競争率だったようです。
入るだけでも大変だったようですね。

入ってからの養成機関は3年間。また、養成所を出たからといって俳優座に所属できるとは限らない世界。

現在でも養成所を経て準団員になれるのは毎年1人ぐらいで、準団員から団員になるのがまたまた大変みたいです。

1996年、NHK朝ドラ『おはなはん』のヒットで一躍有名女優に。団員になって3年の頃だった。

劇団民藝には、一期生である名女優の奈良岡朋子さんが在籍されています。樫山さんにとっては大先輩に当たります。

しかし『おはなはん』で樫山さんのほうが先に知名度を上げたために、移動公演で旅館に泊まった時など、旅館の方から「樫山先生」と呼ばれ、となりにいた奈良岡朋子さんに

「樫山先生の鞄お持ちして」

なんて言われたとか・・・。

またこんなエピソードも
朝の8時だいって、食事や洗濯などで忙しい時間帯だと思います。

しかし、『おはなはん』が始まると全国の水道使用量をカウントするメーターが一気に止まるほどだったとか・・・。それもそのはず、視聴率は最高60%を超えたそうです。

桁が違いますよね。こうしてテレビデビューは鮮烈だったようです。

今では、新人女優の登竜門といわれているNHKの朝ドラヒロイン。このきっかけになったのは、樫山さんが主演した『おはなはん』から始まったともいわれています。

〜主な作品〜
ドラマ
・『おはなはん』
・『天と地と』
・『国盗り物語』

旦那は綿引勝彦で子供は?

老若男女問わず人気者だった樫山さんのハートを射止めたはどんな方なのでしょう?

樫山さんが結婚した相手は、俳優の綿引勝彦さん。同じ劇団だったことから知り合ったようです。

綿引さんといえば、役柄により強面のイメージが強かったものの、昼ドラ『天までとどけ』のお父さん役がハマり、いつしか強面からよきお父さんのイメージがつきました。

今では有名俳優の綿引さんですが、樫山さんと結婚した当時は「無名の劇団員」なんて言われていたようです。また、綿引さんよりも樫山さんの方が劇団内では3年先輩だったようです。

最終的には、お互いが活躍されてますね・・。

子供について

樫山さんは綿引さんとの間に1人の男の子を授かりました。

樫山さんは、芸能人の家の子供として生まれた息子さんを、他人に後ろ指を指されることのないよう、厳しく躾てきたそうです。

子供さんのために、しっかりと子供さんに寄り添って育児をされてきたようですね。

そんな彼は、両親共に芸能人でありますが、芸能界に入ることはなく一般の会社員となられたようです。現在は、立派は大人の男性になっておられるでしょうね。

実家はエリート揃い

樫山文枝さんの父親は、早稲田大学哲学科の教授。

それだけでも凄いのに、ヘーゲル研究で有名なドイツ近世哲学・実在哲学の研究者であったようです。重要なポジションにおられますね。

このようにとても優秀な父親の元で育てられた樫山さんですが、これまた伯父さんも凄いかたなのです。

「オンワード樫山」の創業者で、多くの競走馬をデビューさせた馬主として有名であったようです。

また、実業家として成功していた伯父さんは樫山奨学財団を設立し、優秀な人材の育成にも力を入れ社会貢献もされていました。

ほんと凄いです。

エリート揃いの恐るべし血筋です。

そして母親は、短歌を作るのが好きでいつも短歌を作ってはノートに書き留めていたようです。

樫山さんは優秀な父親と、風情ある母親の元で育ってこられたので、何気なく上品さが感じられるのは、このような立派なこ両親の元で育ってこられたからでしょうね。

まとめ

これからもまだまだ活躍していってほしいです。

今後は夫婦で共演なんてことはあるのでしょうか・・。楽しみです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク