徳丸純子、結婚し旦那や子供は?経歴や不作の83年組とは?ネイルがプロ級


徳丸純子、結婚し旦那や子供は?経歴や不作の83年組とは?ネイルがプロ級
出典元:シュール公式サイト

1983年にデビューした徳丸純子さん。衰え知らずでまだまだ綺麗な方ですよね。そんな彼女ですが当時は「不作の年」と呼ばれてきました。それはどう意味なのか?なぜそう呼ばれてきたのか・・。

いろいろ調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

徳丸純子 プロフィール

【芸名】徳丸純子(とくまる じゅんこ)
【出身】大分県
【生年月日】1966年6月26日
【身長】165
【血液型】O
【学歴】明治大学付属中野高等学校定時制卒
【その他】シュルー所属

結婚し旦那や子供は?

徳丸純子さんは、ブログで結婚したことを報告されていました。

「感謝」と題したブログは、2011年12月6日のことでした。
ウエディング姿の彼女と旦那さんが手を取り合っている画像や結婚についての文章が綴らていました。

残念ながら、旦那さんは一般の方なのか顔写真は載っていませんでした。
その変わり、彼女の綺麗なウエディング姿やケーキなど気になる画像は多々ありました。

幸せいっぱいの様子です・・。

そして徳丸さんは、結婚機にシアトルで生活をすることに。あーぁなんて素敵なんでしょうね。

また子供さんに関してですが、そういった報告やスクープ等がないようなので2人だけの生活を満喫されているかと思われます。

気になる方は彼女のブログをご覧ください。

旦那さんに作ったというお弁当や美容、食べ物のことなどいろいろ書かれているブログ仕立てで、見る価値ありです!おすすめです。

経歴

1983年、TDKコア主催の「金の椅子オーディション」に応募。この時の応募総数は34,854人でした。

そして徳丸さんは、全国大会まで残り、河合奈保子さんの『夏のヒロイン』を歌い見事に優勝。

その後、レコード会社TDKコア、事務所オフィスジュニアに所属。

1983年3月21日『聖・ファーストラブ』でアイドル歌手としてデビューを果たす。

ハウス『フルーチェ』のCM出演で顔を売り、各種新人賞にも参戦。

1985年以降は、俳優業に移行し、数多くのドラマに出演。また一時は「東京乾電池」の劇団員として、舞台にも多く出演していた。

数年前からはモデル事務所「シュルー」に所属し、モデル専業としてCM中心に活動。

2014年、デビュー30周年記念ライブパーティーを開催。

2016年、全シングルAB面+アルバム曲10曲収録のゴールデン☆ベスト発売決定。

2018年、デビュー35周年を記念して、同期デビューの人たちとライブイベント~不作と言われた私たち「お神セブンと申します」~を開催。

View this post on Instagram

本日のFM PiPi「keiZiroのぬばたまZ ぷち」 桑田靖子さんが電話ゲストで登場だぉ! https://ameblo.jp/keiziro-z/entry-12322075338.html 1983年組は来年デビュウ35周年を迎えます💘 通称「お神セブン」何かを企んでハズだし(笑) 名古屋から始まるツアー、新曲のお話も聴かなきゃ! こちらは桑田靖子さんのブログね👇てかkei様って。 https://ameblo.jp/kuwata-yasuko/entry-12326847799.html みてね! #fmpipi #nubatamaz #zenthotradio #桑田靖子 #木元ゆうこ #大沢逸美 #小林千絵 #徳丸純子 #松本明子 #森尾由美 #お神セブン #keiZiro #まめしば #新宿おとあそび #technodelogos

Ziro Keiさん(@kei.ziro)がシェアした投稿 –

不作の83年組アイドルとは

多くのスターを輩出した「花の82年組」。その82年組に隠れて「不作」と評された83年デビューのアイドルたち。

83年にデビューしたアイドルたちが、数年を経て本年を語っていました。

半年経った頃には、私たちは“厳しい世代”なんだなって実感があった。レコードの売り上げやオリコンの順位がデビュー曲から悪くて、音楽番組に呼ばれることは滅多になかった。

82年組の早見優ちゃんや中森明菜ちゃん、小泉今日子ちゃん、堀ちえみちゃんなんかはデビュー直後から人気だったし、そこからどんどん人気も過熱してた。そんな中で私たちの出る幕なんて最初からなかった、みたいな感じ。

アイドル雑誌や週刊誌でも82年組は次々と表紙を飾っていたのに、83年組は誰も表紙を飾れなかった。

特に強烈に印象に残っているのが、『日本テレビ音楽祭』でデビュー2年目の歌手を対象にした“金の鳩賞”の時。「今年の受賞者は……該当者なし!」って発表されたときはもう(笑い)。あれはつらかったなー。

【金の鳩賞】とは
1983年の受賞者は中森明菜さん、シブがき隊、1984年の最優秀新人賞は岡田有希子さん、吉川晃司さん、トップアイドル賞に小泉今日子さんや吉川晃司さんが選ばれる中、金の鳩賞は「該当者なし」だったそう。

「アイドル水泳大会」で、売れてない状況を否が応にも感じさせられた。83年組が歌うシーンは大体ポロリのある騎馬戦の時で、みんな歌なんか聴いてない。

私たちが歌ってる画面は右側のワイプ部分に小さく映ってるだけ。完全に騎馬戦を盛り上げるためのBGM・・。

誰も見ていないのにたくましく歌ってた。82年組の皆さんは、ちゃんとしたステージがあって羨ましかったなぁ・・。

と当時の厳しい様子を語られていました。

不作を経て再び

そんなアイドルたちが35年の時を経て再び集結し「お神セブン」というグループを結成しました。

メンバーは、徳丸純子さん、大沢逸美さん、木元ゆうこさん、桑田靖子さん、小林千絵さん、松本明子さん、森尾由美さん。

当時は他の事務所のアイドルと友達になってはいけない空気があったといいます。

この歳になって仲良くなれたのは本当に嬉しい。「あの頃、こんな話をして打ち解けたかったなあ」と、青春時代に戻ったかのような清々しい気持ちになるんだとか・・。

今回のライブは何度も話し合いされ「無理かも・・」という雰囲気を乗り越えて実現させたイベント。

「不作」と呼ばれた彼女たちを応援してくれた「ファン感謝デー」のようです。

そんな7人のライブ『35周年イベント☆83年組アイドル~不作と言われた私たち「お神セブン」と申します~』は、博品館劇場(東京・銀座)にて2日限定で開催。

日時は、2018年11月19日(月)19時開演、20日(火)14時開演/19時開演。

盛り上がるイベントのような感じですね。

ネイルがプロ級

徳丸さんは、ネイルアートが好きでネイルスクールに通っていたそうです。

ブログに掲載されているネイルはまさにプロ級です。

手先が器用なんですね。

まとめ

徳丸純子さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?
紆余曲折を経て、今がある。今後の徳丸さんの活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク