和田聰宏、結婚相手は誰で子供は?昔の職業や経歴。実家が農家?


和田聰宏、結婚相手は誰で子供は?昔の職業や経歴。実家が農家?
出典元:ノックス公式サイト

和田聰宏(わだ そうこう)さんは、人気ドラマ『下町ロケット』で営業係長・江原春樹役で出演。それに伴い知名度が上昇し注目されている俳優さん。

そんな和田さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

和田聰宏 プロフィール・経歴

【芸名】和田 聰宏(わだ そうこう)
【本名】和田 聡宏(わだ としひろ)
【出身】福島県岩瀬郡天栄村
【生年月日】1977年3月25日
【身長】176
【血液型】O
【特技】ヘアカット バスケットボール
【資格】普通自動車・自動二輪(中型)免許

2000年に俳優としてデビュー。

FUNGOに所属していた時代は、本名の「和田 聡宏(としひろ)」だった。
2005年9月、ディグカンパニーに移籍し「和田 聰宏(そうこう)」に改名。

2014年よりノックス所属

結婚相手は誰で子供は?

和田さんを検索すると「結婚」や「結婚相手」「彼女」というワードが上昇します。イケメンだし結婚し子供さんもいるのかな?じゃ奥さんは?と色々連想していったら気になり、調べてみることに。

結論から、結婚しているという情報はありませんでした。また彼女の存在なども調べてみましたが、一切情報がありませんでした。しかし子供さんについては、いるという情報が浮上していました。真相はどうなのでしょうか?ベールに包まれ過ぎです。

おそらく今は独身だと思われますが、これだけのイケメンです。水面下で愛を育んでいるかもしれません・・。

「和田聡宏 結婚」と検索される方が多いみたいで、かなりの方が和田さんの結婚に興味があるみたいです、和田さんカッコいいですし気になりますよね。

まだまだ今後の和田さんに目がはなせないです。

昔の職業や経歴

和田さんは、始めは俳優ではなくて美容師を志していたようです。地元福島から上京し、美容師の専門学校に行って美容師の免許を取得したといいます。

そして専門学校を卒業後、渋谷の美容院に1年半ぐらい勤めていた。修行として始めはお客さんの髪を切れずにシャンプーをする毎日でした。それヤキモキしていた和田さん。

女性の先輩に厳しく指導されて泣いたこともあったのだそうです。

そんな時、ある雑誌で映画のエキストラの募集を見ます。

和田さんはそのエキストラに応募。すると見事合格しました。それはセリフもないエキストラだったそうですが撮影現場の雰囲気に魅力を感じ俳優の道み進もうと思ったそうです。

わらないものですよね。もしその現場に行かなかったら今もなお美容師をされていたかもしれない・・・運命ってわからないものです。

その後、美容室を辞めてアルバイトをしながら劇団通いをされていました。

ちなみにオーディションを受けた映画というのは、2000年に上映された『BULLET BALLET』です。

その後、2004年にテレビ『東京湾景』で連続ドラマ初出演で、仲間由紀恵さんの恋人役に選ばれ注目される。

2005年『死霊波』で映画初主演をつとめる。

以降、さまざまな映画・ドラマ・CM・舞台などに出演し活躍しています。

主な作品
【映画】
・『ホテル・ハイビスカス』
・『イエスタデイズ』

【ドラマ】
・『東京湾景』
・『下町ロケット』

実家が農家?

ネット上で気になる噂がちらほら。それは和田さんの実家農家であるという噂がありました。

和田さんの出身が福島県にある岩瀬郡天栄村という村なので実際、農家だったとしてもおかしくはないですね。

またネット上の噂だけですが、家族はお姉さん・和田さん本人・弟さんの3人姉弟みたいです。

跡継ぎってどうなるのでしょうね・・。

和田聰宏さんは以前「下町ロケット」に出演したときのインタビューで実家がお米を作る農家で長男であることを明かしています。

実家が農家だったという噂はどうやら本当だったようです。

元々は美容師になっていずれは実家に戻って農家を手伝うという約束で上京してきたのだそうです。

結局俳優への道に進むことになり、初めは両親にも反対されると思って内緒にしていたそうですがCMに出演したことで嘘も発覚してしまい、

家族会議を開いたこともインタビューで話しています。

結局、弟さんが農家を継いでくれるということになり、両親も応援してくれるようになったのだそうです。

弟さんが一人なのか二人なのか?というところまではわかりませんでしたが、弟さんがいることは確かなようです。

また、お姉さんがいるらしいという情報もありましたが、信憑性がある情報なのかはわかりませんでした。

弟さんの画像などは一般の方なのでありませんが、きっと男前でしょうね。年齢などの詳細についても残念ながら情報は見つかりませんでした。

まとめ

なかなか個性的な和田さん。再度『下町ロケット』を出演したことで、より一層忙しくなりそうですね。

頑張っていってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク