森崎博之、結婚した妻はどんな人で子供は?実はかなり凄い人


森崎博之、結婚した妻はどんな人で子供は?実はかなり凄い人
出典元:CREATIVE OFFICE CUE公式サイト

北海道で結成された大人気劇団「TEAM NACS」のメンバーでリーダー森崎博之さん。

そんな個性的な面々が集まるナックスのリーダーを務める森崎さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

森崎博之 プロフィール・経歴

【芸名】森崎 博之(もりさき ひろゆき)
【本名】森﨑 博之(もりさき ひろゆき)
【出身】北海道東川町
【生年月日】1971年11月14日
【身長】178
【血液型】O
【その他】CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)所属

演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。

1996年、北海学園大学演劇研究会出身の大泉洋さん、安田顕さん、戸次重幸さん、音尾琢真さんと共に演劇ユニットを結成。リーダーを務める。

個々にみなさん活躍されている俳優さんです。

当時は「なっくす」と呼ばれていて研究会の中で、特に異色な存在であった5人を「別物」として扱う侮蔑の意味もあったようです。

1996年に研究会主体の卒業公演を行う予定が延期となり、卒業に間に合わない2人(森崎・安田)を舞台に立たせるため、「解散公演」と銘打って結成され、卒業と同時に即解散。

このまま終わると誰もが思っていたら、大学卒業後、就職のため上京した森崎さんが北海道に戻ってきたことにより、「TEAM NACS」は再結成を果たした。

そして北海道を拠点に活動を始めます。

ある情報では、こんな話がありました。

大学在学中の芝居の中で、森崎さんが「ノックスです!」と自分の役名を名乗る第一声が「ヌォァックスです!!!」とあまりに力を込めすぎるために“ナックス”にしか聞こえないと言われたとか。

当時の演劇研究会で『ナックス!』が一躍大流行となりますが、すぐに飽きられ(笑)森崎さん本人が、当時仲良く一緒にいた5人で
「なっくす」と名乗ったのが始まりだそうです。

名前の由来ってけっこうそんな感じなのでしょうかね。

ファンの間では、「TEAM NACS」の魅力はなんといっても5人が揃う生の舞台と言われています。

個々の活動が忙しいためか5人が揃った「本公演」と言われる舞台は数年に一度、開催されるかされないかの状態でそのチケットはプラチナ級と言われているようです。

そう言われると一度は見てみたくなりますね。

多くの作品の脚本・演出を手がけ、結成から年々動員数を増やし、2012年の「TEAM NACSニッポン公演『WARRIOR~唄い続ける侍ロマン』」では全国18カ所にて70,000人を動員。

2015年には初の外部脚本・演出による「悪童」にて60,000人、千秋楽ライブ・ビューイングで30,000人を動員。

森崎さんの個々の仕事
北海道の食をあらゆる角度から取り上げ、食のあり方を見直す番組HBC「森崎博之のあぐり王国北海道」を2008年よりスタート。

ごはんソムリエを取得し、食育の大切さ、北海道の素晴らしさを講演会などでも発信している。

結婚した妻はどんな人で子供は?

森崎さんは2005年に結婚されています。

お相手は学生時代に知り合った一般の方で交際期間8年という長い期間を経て結婚されたようです。

お子さんは、男の子2人と女の子1人いるという情報が・・。

第一子は2009年4月、第二子は2011年、そして第三子となる娘は2018年に誕生。

奥さんも子供さんも名前や画像の情報等は一切ありませんでした。一般の方だから当たり前だろうし、顔出しにすると怖いですものね・・。

きっと奥さんは綺麗な方で、また子供さんは可愛いんだろうなぁと想像がつきます。

生まれてきた時の喜びを自身のブログで語られていました。

「僕がちょうど札幌にいる時間を選んで産まれてきてくれた息子よ、ありがとう」

「健康な子供を産むためにずっと頑張ってくれた妻、ありがとう」

積極的に育児に手を貸し、また食育の推進もされているという模範的な父親像。

「健康な子供を産むためにずっと頑張ってくれた妻、ありがとう」

と奥さまへ感謝を綴り、

「初めてのオムツ交換、初めての沐浴、どれもたいへん愛おしくて貴重な体験でした。手がウンコまみれになっても、息子のムスコを直にシモ洗いしても、何したって幸せを噛み締めました」

と子供さんを溺愛するパパぶり。

よき夫でよき父親である。なんて素敵な人なのでしょう。

実は凄い人

森崎さんは、実のところ凄い人でメンバー思いな方だなぁと思ったエピソードがありました。

会社員

森崎さんはずっと劇団にいるような感じですが、一度は会社員として働いていたようです。

しかも証券会社。

そんな森崎さんは、入社一年目ながら、営業成績をどんどん残していたといいます。

実力が認められたのか新入社員なのに社長賞をもらってハワイ旅行をプレゼントされたとか。

東京の証券会社の営業でこれはすごいことだと思います。やり手社員だったようです。

証券会社がどこの会社だったのか?という情報までありませんが、素晴らしい営業成績だったという噂はあるようです。

そんな絶好調の彼がなぜ会社をやめることになったのでしょうか?

それは、祖父の言葉だったようです。

森崎さんのおじいさんがボケてしまったようで

お盆に「ちょっとじいちゃん、最後に会えないか?」って

お父さんから電話があったようです。

帰省すると

すごい俺が帰った日は調子が良かったらしくて。寝たきりだったんだけど、ムクって起き上がって「おー、博之。お前、頑張ってんだな~」って言ってくれたんですよね。

「お前がんばれよ、札幌で」って言われた言葉が、すごく重くて。

その足でね、旭川から羽田に向かう前に札幌に一回寄ったんですよね。で、そこであっさり皆と再会しちゃって。

そして、

大学時代からの付き合いであるメンバー達に、東京での住所を教えた森崎さん。

すると、次から次へと大泉さん達が遊びに来て「ホームシック」状態になったといいます。

そうこうしている間に、おじいさんは亡くなくなりました。

じいちゃんの遺影の前で決断しました。「じいちゃん、俺帰るわ」って。

おじいさんが引き合わせてくれたのかもしれませんね。

こうしておじいさんの死をきっかけに、今の森崎さんがあるんです・・。

メンバー思い

ある取材で

「東京でメンバーそれぞれ活動し出して、オレはリーダーとして何ができるんだろう」と悩んだ時期があったという森崎さん。

結局、行き着いた答えが

「メンバーを一番愛している奴がリーダーだ!」と言い、月1回の『ハナタレ』の収録でメンバーが北海道に帰ってきた時に、「良く帰ってきたな」と受け止めたい

と言っていたようです。

リーダーの「メンバーを愛している」感が最高に素敵だと思います。

まとめ

森崎博之さんについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

人間的に素敵な方だし、かっこいい生き方をされているなと感じました。

これからも「TEAM NACS」のリーダーとしてみなさんを支え、そして個々の仕事も頑張っていってほしいと思います。頑張ってください!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク