清塚信也、妻は乙黒えりで馴れ初めや子供は。母や姉も凄い人

清塚信也、妻は乙黒えりで馴れ初めや子供は。母や姉も凄い人
出典元:トライストーン・エンタテイメント公式サイト

清塚信也さんの評判や実力は折り紙付きと称されるほどのピアニストであり、今現在でもその実力は世界的でも知名度があります。

そんな清塚信也さんのさんは美人で有名ですが、子供などの有無についても調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

清塚信也 プロフィール・経歴

【芸名】清塚信也 (きよづか しんや)
【出身】東京都
【生年月日】1982年11月13日
【学歴】桐朋女子高等学校音楽科卒、モスクワ音楽院(留学)
【血液型】B型
【その他】トライストーン・エンタテイメント 所属

1982年に誕生した清塚さんは、日本人の父と韓国人の母をもつ。

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。

7歳で桐朋学園「子供のための音楽教室」に入室。

1996年に全日本学生音楽コンクール・中学校の部で優勝。

2年後には東京交響楽団と共演デビューを飾りました。

その後、第3回浜松国際ピアノアカデミー「アカデミー国際ピアノコンクール」で優勝。

桐朋学園女子高等学校音楽科を主席で卒業。

その後、モスクワ音楽院に留学。

2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位

2001年、桐朋学園大学附属ソリストディプロマコースに入学し、徹底的にピアノ演奏技術により入り一層磨きをかけていきます。

2004年、日本イタリア協会第1回イタリアピアノコンコルソボローニャ部門でボローニャ賞の次の金賞受賞者の一人となる。

2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。

2006年、ザイラー国際ピアノコンクールで3位。

2007年に公開した映画『神童』で、ワオ(演:松山ケンイチ)のピアノ演奏シーンの吹き替え担当。

同年、さいたまスーパーアリーナにて、『BYJクラシックス』金聖響指揮 / 東京フィルハーモニー交響楽団と共演。

2007年12月、自身初のクラシックアルバム「熱情」を発売。

2010年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』では、第2部から龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノで演奏。

2013年、映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビュー

知識とユーモアを交えた話術と繊細かつダイナミックな演奏で全国の聴衆を魅了し続け、年間100本以上の演奏活動を展開するなど、多方面において活躍されています。

妻は乙黒えりで馴れ初めや子供は?

プライベートでは2012年に女優乙黒えりさんと結婚されました。

ピアニストと女優の接点は何だったのでしょうか?どうやら知人の紹介で出会ったようです。

乙黒さんは子供の頃にピアノを習った経験があったようで、音楽好きだったことで清塚さんと意気投合しそのまま、交際に発展。

そして2012年4月に婚姻届けを提出、6月には乙黒さんの妊娠を発表。

同年11月に、第1子となる女の子が生まれました。

続いて2015年4月にも女の子が誕生。

清塚さんは2人の子供のパパさんなのです。

また、清塚は日本人の父と韓国人の母の間に生まれたハーフと知られていますが、結婚相手の乙黒えりさんもまた、タイ、英国、日本の混血なのです。

不思議と通じるものがあるのでしょうかね・・。

ちなみに彼女はタイ・バンコク生まれの神奈川県育ち。2人の子供たちは4ヶ国の血が流れているということですよね。どうりで子供たちが日本人離れした美人なのに納得です。

気になる方は、乙黒さんのブログを拝見してください。

乙黒えり プロフィール・経歴

【芸名】乙黒えり(おとぐろ えり)
【出身】タイ・バンコク/神奈川県横浜市育ち
【生年月日】1982年10月12日
【身長】165
【学歴】青山学院大学文学部心理学科卒
【血液型】O型
【趣味・特技】英語、中国語、アクション
【その他】オフィスメイ 所属

タイ、英国、日本の混血。

タイ・バンコクで生まれ、その後2年半ほどをモロッコ・カサブランカで過ごしたのちに帰国。

横浜雙葉学園在学中にスカウトされる。

2001年、オーディション番組で4,000人の中から選ばれ1ヶ月の香港生活を送り、香港映画『ザ・スチュワーデス』でデビュー。

「20日、30日、5パーセントオフ」というイオングループのCMでお馴染み。

「超星神グランセイザー」以降は特撮作品への出演も多い。

母や姉も凄い人

母親とのエピソードは多岐にわたって情報が浮上していますが、 清塚さんが音楽に触れるきっかけとなったのは2つ年上のお姉さんが最初だったと考えられます。

バイオリンを習っていたお姉さんは、けっこう本格的で学生時代は一日中休み無しで、常日頃からピアノ漬けだったと言われているようです。

そんなお姉さんのバイオリンレッスンに3年間付き添うことで、絶対音感を養ったという清塚さん。

幼少期からピアノを習っていた清塚さんも、きっと想像以上にお母さんの音楽に対する情熱が注ぎこまれていたのは推定されます。

その徹底ぶりというのが凄いようです・・。

一日12時間のトレーニングをし、練習時期が不足しているケースだと学校を休んででもトレーニングをするほどだったそうです。

単なる趣味・特技で終わる音楽ではなくて、教えはあくまでも「ピアニスト」として活躍していく=それで食べていくということ。

でなければ、コンクールで勝てるほどの実力は身につきませんね。

そういった清塚さんのそばには、鬼と同様に母親の存在がありました。 教育熱心な母親の口癖の1つは、

「ピアニストにならないなら生きてなくていい。」

このような力強い母親に不安を覚えながら、 ピアノのトレーニングを続けた壮絶な幼少期だったようです。

清塚さん本人はちょっとした頃のレッスンは大きく好きではなかったと思われますが、ここへ来てお母さんのスパルタ教育は愛情があってのこと。

間違いなく中学のコンクールで優勝をしたことから、順調に成果を出してきた清塚さん。並大抵の苦労ではできないことだと思います。

そんな気にある母上さまですが、音楽家とかではなくて一般の方なんだそうです。

クラッシックが大好きで、でも自分は幼い頃に音楽を習いたかったけど習えなかった。

それが子供に向けられたというわけですね。

また清塚さんとお姉さんは絶対音感が優れているのに対してお母さんは、まるっきりなかったそうです。

なので、お姉さんとよく音楽のことでお母さんを騙し違うことで気分転換をしていたようですよ。

そのようなお母さんですが、孫には嘘のように優しいようで、また清塚さんとも仲が良くて親子関係は良好みたいです。

2人とも立派に育てあげたお母さんは、ブレずに子育てをし素敵な方だと思いますね。

上記でご存知の通り清塚さんにはお姉さんがおられます。
お名前は「美耶さん」。

美耶さんは、2009年には清塚さんのコンサートにゲスト出演をされていました。

桐朋学園大学ヴァイオリン科を卒業されています。

毎日学生音楽コンクール東京大会高校生の部で入選をされた経歴があり、また容姿端麗で

綺麗な顔立ちをされています。

2009年くらいの情報によると、美耶さんは洗足学園フィルハーモニー団員として演奏活動他指導に励んでいるということでした。

とても美しい美耶さん。ご結婚されているのか気になるところです。

今のところ結婚してる、子供がいるといった情報が浮上していません。結婚しても旧姓でお仕事をされる方が沢山いますから、もしかしたら結婚されているかも知れないですね・・。

いずれにしても、これだけの美貌ですから、結婚はまだでも彼氏はいるような気がしますね。

まとめ

清塚信也さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?
これからもどんどん活躍していってほしいなぁと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク