柳澤秀夫、妻はどんな人で子供は?病気って?趣味が本格的

柳澤秀夫、妻はどんな人で子供は?病気って?趣味が本格的
ホリプロ公式サイト

以前はNHKに務めていた柳澤秀夫さん。現在は退社されてテレビ『ワイド!スクランブル』のコメンテーターを務められています。

外報部の記者時代は、カンボジア内戦や湾岸戦争を取材し、飛び出したら戻らないような人生を送り続けていたそうです。

そんな柳澤さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

柳澤秀夫 プロフィール・経歴

【氏名】柳澤 秀夫(やなぎさわ ひでお)
【愛称】ヤナギー
【出身】福島県会津若松市
【生年月日】1953年9月27日
【学歴】早稲田大学政治経済学部卒
【趣味】機械工作
【好物】マヨネーズ(取材現場に持参するほど)
【苦手】ミョウガ
【その他】ホリプロ 所属

福島県会津若松市出身の柳澤さんは、地元の福島県立会津高等学校を卒業した後、早稲田大学政治経済学部を卒業する。

1977年、NHK入社。

1984年、横浜・沖縄各放送局記者を経て外信部記者に。

そしてバンコク、マニラ各特派員、カイロ支局長を歴任し、カンボジア内戦、湾岸戦争といった紛争地帯なども経験してきた。

湾岸戦争時、西側諸国の特派員としてイラクに残って、インマルサットを使ったレポートを繰り返す。

こういった経緯から彼は「伝説的なテレビ記者」とよばれるまでに。

2000年、解説委員に就任。中東情勢を担当。

9.11テロ事件、イラク戦争などの影響により中東情勢に関するドキュメンタリー番組や討論番組に頻繁に出演。

2007年10月31日、『ニュースウオッチ9』を担当していたが、肺癌を患い降板し、1年余り治療に専念。

その後、体調が戻る。

2009年からは解説委員室が関わる番組に再び出演。

2010年3月からスタートした番組『あさイチ』のコメンテーターに抜擢。

すると的確な解説と軽快なトークで人気を集める。

2012年6月15日、NHK放送総局解説委員長に昇進。

その後、解説委員に戻っている。

2017年10月28日、会津地方出身者による親睦会「会津会」の第8代会長を務めている。

2018年9月30日、NHKを退局。ホリプロへ移籍する。

妻や子供

NHKの職員だった若き頃は、世界中を取材しいつしか伝説の記者と呼ばれるまでになっていた柳澤さん。

そんな柳澤さんですがプライベートはどうなのでしょうか?結婚されているのか?子供さんはいるのか?気になるところです。

もし奥さんがおられたら、戦争の現場に行かれるご主人について相当不安だったと思います。

調べてみると、実は中学生の同級生と結婚されていて奥さんもお子さんもいらっしゃいます。

子供さんは、息子さんと娘さんの2人だそうです。

外報部の記者時代、カンボジア内戦や湾岸戦争を取材してきた柳澤さんは、子育ては奥さんに任せっきりだったそうで、

奥さんに

「うちにはお父さんはいない」

と言われていた。

奥さんがしっかり家を守っていてくれていたんでしょうね。

どんな奥さんか見てみたいですけれど、きっと綺麗な方なんでしょうね。

病気について

当初、NHK広報室は肺癌ではなく単に「肺疾患」としていた。しかし不定期の出演番組が主体となって制作した2012年11月18日放送の『NHKスペシャル』で自ら、それが肺癌だったことを初めて明かしました。

大病の告知にショックを受け、病名を口に出来ないほどだったそうで自分の弱さに思い知らされたといいます。

そんな柳澤さんを奥さんには、相当支えられたみたいです。

病気を克服して家族が支えになってくれるなんて、それだけで幸せですよね。

趣味について

少年時より機械工作などを趣味としていた柳澤さん。

秋葉原ラジオ会館へ部品探しに通い、アマチュア無線技士として自作の無線機を用いている。

マイクロ波の47ギガヘルツで10ミリワットと微弱な空中線電力でアマチュア無線局と交信し、2014年11月中旬に77ギガヘルツで直線通信距離225キロメートルを記録している。

趣味でもとことんと追求するタイプなんでしょうね。

まとめ

柳澤さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

波乱万丈の柳澤さんですが、病気を克服されて今でも仕事を頑張っておられます。

無理しない程度に仕事をし、今後も視聴者にわかりやすい情報を届けてほしいなぁと思います。応援してます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク