片岡鶴太郎、元嫁や子供は。再婚は?ボクサーや芸術家になった理由。柳原がお気に入り

片岡鶴太郎、元嫁や子供は。再婚は?ボクサーや芸術家になった理由。柳原がお気に入り
出典元:片岡鶴太郎ウェブんサイト

俳優・お笑いタレント・画家など多才な才能を持っている片岡鶴太郎さん。そんな片岡さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

片岡鶴太郎 プロフィール・経歴

【芸名】片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)
【本名】荻野繁雄
【出身】東京都
【生年月日】1954年12月21日
【学歴】東京都立竹台高等学校卒
【身長】163
【体重】51
【血液型】O
【その他】太田プロダクション 所属

片岡鶴太郎さんは、高校時代は演劇部に所属し3年の時には部長を務めていました。そして高校卒業後は、俳優を目指し上京。

生活の為しばらく土木作業員などの仕事を経験した後、1973年に声帯模写芸人・片岡鶴八さんに弟子入りし、舞台に出演するようになる。

声帯模写
役者・歌手・知名人等の声調をまねる芸。今でいうものまね芸人ってことでしょうね。

その後、師匠が亡くなり隼ブラザーズの元で修行を行ったり劇団に所属し舞台に出演したりしていた。

そして鶴太郎さんが24歳の時に、漫才ブームの仕掛け人の一人だった横澤彪さんと再会したことにより転機が訪れます。テレビ『お笑い大集合』にテレビデビューを果たしたものの、漫才ブームには乗れませんでした。

しかしテレビ『オレたちひょうきん族』に出演し、近藤真彦さん、九官鳥の「キューちゃん」や浦辺粂子さん、たこ八郎さん等の真似で一躍人気を博しました。

以降、鶴太郎さんはものまねからボクサー・俳優・水墨画・陶芸・書家などマルチにおいて多方面で活躍。

そして、まだまだやるのが鶴太郎さん。

2017年5月、インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定に合格する。

インド政府よりヨガマスター、ヨガインストラクターの称号を授与され、第1回ヨガ親善大使に任命される。

そのマルチな才能は更に進化を続けている。

元嫁や子供は?

下積み時代に松山の道後温泉で劇団に所属していた鶴太郎さんは、小森のおばちゃまなどのネタを披露していました。しかしそれはウケなかったそうですが、座長は鶴太郎さんの才能を理解してくれていたようです。

その座長の娘さんと鶴太郎さんは結婚しました。

しかし、2017年3月に離婚していたことを発表されました。

そんな鶴太郎さんは、元奥さんとの間に子共が3人と子だくさん。しかも全員が男の子なんだそうです。

子供は?

子供さんは3人とも男の子で、大人になり現在は何をされているのか調べてみることに。
うで3人と子だくさん。しかも全員が男の子なんだそうです。

ご存知の通り3人は既に成人していて、片岡鶴太郎さんが離婚となった今も生活状況は変わらないようですね。

また、片岡鶴太郎さんの本名は「荻野 繁雄」さん。離婚後、片岡鶴太郎さん側の苗字のままのようです。

3人の子共さんはそれぞれ個々違ったとても素敵な職業についていて、現在も積極的に活躍されているようです。

職業

・長男は俳優として芸能活動をしているようです。また他にも実業家として会社を立ち上げられているとか。

「ネクストグローバルフーズ」という会社名で「もつ焼きのんき」などの店舗を経営しているようです。

店舗は複数店経営しており、現在は俳優よりも経営者として忙しい毎日を送っているようです。

また、既にご結婚されているようです。

・次男は、「ILL」というバンドでボーカルとギターとして活動。

しかし、現在はアート界で猛進を見せる気鋭のアーティストとして、幻想的なアートパフォーマンスを行っていると話題になっておられます。

三男は料理人を目指しているという噂がありました。

兄弟仲が良くてそれぞれが才能を生かしている様子から、父親である鶴太郎さんのその才能ある背中を見て育ったのでしょう。

こうしてDNAは受け継がれていくものですね。

再婚はあり?

長年連れ添った奥さんと離婚された鶴太郎さん。いずれは再婚されるのでしょうか?

今、現在のところそういった女性関係の噂やスクープされた形跡はありませんでした。

今後の鶴太郎さんに注目です。

ボクサーや芸術家になった理由

鶴太郎さんは、芸人として人気を博していた時期の1988年に「今までの自分が嫌になり、それを否定したかった」という理由からプロボクサーテストを受験しました。

33歳だった鶴太郎さんは、当時ボクシングのプロテストの受験資格年齢が29歳までであったため、当然受験資格がなかった。しかし日本ボクシングコミッションに懸命に頼み込み「合格しても試合には出場できない」という条件で特別に受験が叶い、合格したそうです。

実は〜なエピソードですね。

プロテスト後は、鬼塚勝也さんや畑山隆則さんのマネージャーとしてタイトルマッチではセコンドを務めるなど両人の世界王座奪取に大きく貢献。

以降、俳優としての才能も開化していきます。

芸術家

タモリさんに影響を受けて、挿絵を描くことを始め、水墨画や陶芸など美術方面へ傾倒していく。

岡本太郎さんとテレビ『鶴太郎のテレもんじゃ』で共演し知り合い、岡本さんによってその才能を評価され自信を持っていったそうです。

2007年には、絵画の視点で書道にも挑戦し、第24回産経国際書展に応募。作品「骨」が話題を呼び、総数7575点の中から「産経新聞社賞」を受賞。

2015年3月、書家として「第10回手島右卿賞」を受賞した。

昔からその道一筋ではないのに、これだけのことが出来るのは本人の努力はもちろんのことやはり生まれ持った才能というやつでしょうかね。まさに芸術です。

栄光の裏には

2008年10月、NHKテレビ『病の起源』第4回のテーマである「読字障害」に出演した時のこと。

鶴太郎さんは学生時代、教科書の音読などが苦手だったという経験から自らも読字障害の疑いがあったのではないか?そのことがむしろ芸術家として開化するきっかけになったのではないかと告白していた。

柳原可奈子とは?

鶴太郎さんは、テレビで柳原可奈子さんを見て、彼女の芸を気に入ったそうです。そして既に柳原さんが太田プロダクションにも入っているとは知らずに「スカウトして来い」と言ったことがあるそうです。

そこまで言わせる柳原可奈子さんって凄いですよね。

まとめ

今後も片岡鶴太郎さんの活躍に目がはなせませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク