野沢直子、浜ちゃん宅に居候!元カレはカリスマのあの人


野沢直子、小川菜摘とは親友

【野沢直子 浜ちゃん宅に居候 元カレ カリスマ】

年1回〜2回、サンフランシスコから出稼ぎにやってくる野沢直子。この帰国のペースでテレビでたまに見かける事が何年も続いています。

ダウンタウンが東京進出の切っ掛けとなった伝説の深夜番組『夢で逢えたら』のメンバーだった野沢直子さん。そのときの関係もあってか自身のブログで浜ちゃん宅へ居候しているというではありませんか。

スポンサーリンク

ダウンタウン浜ちゃん宅へ居候

居候できたのは、浜ちゃんの奥様、小川菜摘さんと親交が深く、出会いは小川菜摘さんが浜ちゃんと結婚する前、オナッターズというグループに在籍していた頃にさかのぼる。

小川菜摘さんが野沢直子さんのサンフランシスコへ遊びに行くこともあり、大親友である。

このような関係があり、成城にある浜ちゃんの大豪邸に一ヶ月半も居候することができたのだ。

野沢直子さんは、日本で売れっ子芸人だった時代にいきなり芸能活動休止を宣言。単身で渡米。そこで出会ってアメリカ人と結婚し、バンド活動を開始したが、それだけではなかなか生活できない。

その頃から年に一度帰国するという出稼ぎスタイルがスタートしたのだ。

所属事務所との契約内容

今、テレビ界で中心的な存在であるダウンタウンやウッチャンナンチャンと共にバラエティ番組の出演したり、売れっ子芸人だった輝かしい過去の実績があるのは間違いないですが、1年に1回海外から帰国してゴールデンの番組に今でもサクサク出演できるのは羨ましい。

所属のよしもととはどのような契約になっているのか。
どの程度、真実かどうかはわかりませんが、仕事をしなくても毎月15万円もらえる契約ということ。芸能人という枠組みでみれば、かなり少ない給料ですが、働かずして給料がもらえるというとなれば羨ましいとも思える。

1年分の給料を1ヶ月程で一気に稼ぐという感じでしょうか。

過去、あんな人やこんな人と付き合っていました!

渡米後、電撃結婚した野沢直子さんですが、日本で芸能活動していた頃、お付き合いしていた人がいます。

写真週刊誌でスクープされたのが、アントニオ猪木さんのものまねで有名な春一番さん。春一番さんは、当時売れっ子だった野沢直子さんのヒモだったと公言しています。

あのブルーハーツ時代の甲本ヒロトさんとも付き合っていました。こちらも写真週刊誌で報じられている確かな情報です。当時音楽活動をしていた野沢直子さんは『生理でポン!』というCDをリリースしたのですが、甲本ヒロトさんにそれはパンクではないと注意されたという逸話があります。

勝手に恋愛とは無縁だったのかと思っていましたが、結構、頑張っていたんですね。元カレが甲本ヒロトさんとは驚きました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク