テリー伊藤、浅田真央への謝罪なし!力関係を見極める目はすごい!


テリー伊藤、24時間テレビ36のダンス甲子園

【テリー伊藤 浅田真央 謝罪 力関係 見極める 目】

今年(2013年)も24時間テレビでダンス甲子園が開催されます。元気が出るテレビのコーナーで一世を風靡したダンス甲子園、2006年の24時間テレビで復活して、今年で7回目の開催となります。

テリー伊藤さんは言わずと知れたこのダンス甲子園の生みの親。24時間テレビ36にも出演して大いに盛り上げてくれるでしょう。

視聴者の度肝を抜く奇抜な企画で人気を博したテリー伊藤さんは、業界内では鬼才として高い評価を得ています。近頃はコメンテーターとしての仕事が激増しており、歯に衣着せぬコメントでバッサリと切り捨てるスタイルを貫いています。

元々、昔から短気な性格で、時には手や足が出ていまう事も度々あるようで、スタッフや若手芸人から恐れられた存在。『蹴りー伊藤』という異名をもっているほど。

共演しているコメンテーターが少しでも気に入らない事を言うとテリー伊藤さんが噛み付くというシーンは珍しくありません。

また、ご意見番としての顔も持つテリー伊藤さんは、他の芸能人のスキャンダルについても、かなり辛辣な発言をします。

スポンサーリンク

テリー伊藤の発言について視聴者の反応は?

視聴者としては、テレビから情報を入手する目的だけではなく、何か驚きや感動を求めています。そういう意味では、テリー伊藤さんのコメントは受け入れられる場合もあるのですが、近頃はそうでもないようです。

コメントを求められる内容によっては、知識不足や思い込みでコメントしてしまう場合も多く、的はずれな発言もしばしばあります。

そうった発言には、間違いなく視聴者の共感は得られませんので、テリー伊藤さんを見る目は180度変わってきます。

『コメントを聞いていると腹が立つ』『うざい』『言い過ぎ』などの見方がウェイトを占めてきているようです。

浅田真央、引退宣言に対するコメント

テリー伊藤さんの的外れの象徴的なコメントがこれ。
浅田真央さんが2014年のソチオリンピック出場を最後に引退を匂わす発言をした事について。

『言っていることが当たり前すぎてつまんないんですよ、
来ている衣装にしろ表情にしろ、幼いじゃないですか。
国際人の22歳はもっと大人なんですよ。
彼女は守られているから、あの表情、あのファッションなんですよ』

国民的なアスリートである浅田真央さん。これまで感動と勇気を与えてくれた事は数多い。その人が真剣に考え、出した答えに対して、頭ごなしの勝手な発言に苛立った方も少なくないはずです。

好き放題発言して、芸能界で生きていけるの?

一見、タブーを恐れない発言がテリー伊藤さんの真骨頂だと思いますが、テリー伊藤さんも長年業界で生きてきている人間。『言ったらダメなこと』『言ってはいけない相手』はしっかり区別しているようです。

これまでは、テリー伊藤さんの巧みな話術で視聴者も気づきませんでしたが、テレビの露出が増加するにつれ、視聴者も『あれ、何かおかしいぞ?』と思うようになったのでしょう。

業界での力関係、所属事務所的な観点、自身の仕事に影響を与えない事をしっかり見極めて発言していることが、視聴者にはわかってきたのです。

バラエティの基礎を作った本当にすごい人で、時には納得できるコメントもしているので、そんなに嫌いではないのですが、間違った方向に発言してしまった場合は、さっさと謝ってしまえばいいのです。しっかりとケジメを付けた方が視聴者から好感が持たれるかと。

いい大人なんですから『言いっぱなし』は良くないですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク