明石家さんま60歳引退説は本当か、定年という名言に所も触発?


明石家さんま、所ジョージ

【明石家さんま 60歳 引退説 定年 名言 所ジョージ】

明石家さんまさんが、あと2年後の60歳での引退発言が話題になっています。事の発端は大阪で放送されている『ほんわかテレビ』での笑福亭仁鶴さんと明石家さんまさんとの対談でのことでした。

【仁鶴】あなたは、これからどうするの?
【さんま】テレビ界をいつ退くか、とかいう気持ちがあります。今テレビが面白くないと思うんですよ。 その要因として僕みたいのが長くやり過ぎてるっていうところも。僕達が退けば新しい笑いが出てくる。
【仁鶴】新しい笑いというのは、上が退いたから生まれるもんとちゃうと思うねんけど。無理から下から上がってくるもんやからねぇ。重たい重しを上げられる力がないとねぇ

この発言から数ヶ月後、今度はFNS27時間テレビの深夜コーナー『さんま・中居の今夜も眠れない』でのこと。

【さんま】若手(芸人)もいるし、上が抜けなきゃ、新しいものが生まれてこないらしいね。そういうのが会社でもあるらしいの
【さんま】60でやれる自信ない

この2番組での明石家さんまさんの発言がテレビ業界全体に波紋を呼んでいます。40年以上テレビ業界で第一線として活躍され、現在でも多数の冠番組を抱えている明石家さんまさん。

この大物芸能人がテレビ界から去ることになると与える影響は計り知れません。番組で引退について言及したものの、引退しないかもしれないという含みも持たせた発言だったので確実な引退表明ともしにくいところです。

同期で同じ釜の飯を食べた島田紳助さんの引退も明石家さんまさんが引退を考える切掛になったのでしょうか。

また、同年代の所ジョージさんも同じように引退を匂わす発言をしているそうです。関係者には『還暦を過ぎても俺がテレビに出続けるのはどうかなぁ』と発言。元々多趣味である所ジョージさんは、テレビの仕事だけに固執しておらず、隠居願望も強いようです。

島田紳助さんが引退し、明石家さんまさん、所ジョージさんがテレビ界から居なくなると本当に寂しくなります。明石家さんまさんが後継者にくりぃむしちゅー上田晋也さんと有田哲平さんを指名しているようなニュースも流れ、引退発言の信ぴょう性が増すばかりで、ファンも少しずつ実感していくのでしょう。

テレビ業界の更なる発展、後輩や業界のために明石家さんまさん自身が退くという事を『定年』という言葉に置き換えたところは、本当に名言だなと思いました。

しっかり笑いも忘れない明石家さんまさんは、本当にブレない人ですね。

 さんまが緊張?! 

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク