Woman(ウーマン)、満島ひかりのドラマ、第9話のあらすじ(8月28日放送分)&視聴率


【Woman ウーマン 満島ひかり ドラマ 第9話 あらすじ 視聴率 8月28日放送分 視聴率】

満島ひかりさん主演『Woman(ウーマン)』8月28日放送分のあらすじと視聴率をまとめました。

スポンサーリンク

ウーマン、第9話視聴率

第1話視聴率:13.9%
第2話視聴率:11.3%
第3話視聴率:11.4%
第4話視聴率:13.9%
第5話視聴率:12.6%
第6話視聴率:14.7%
第7話視聴率:13.0%
第8話視聴率:13.0%
第9話視聴率:

ウーマン、第9話あらすじ、8月28日放送分

田中裕子は、満島ひかりの病気のことで思い悩んでいた。

(満島ひかるの職場)
大きな荷物を運んでいるときに目まいがしたのか、満島ひかりは転んでしまった。そのとき、大きく腕を擦りむき出血してしまった。

(病院)
満島ひかりは腕の治療を受け、医師である高橋一生より2日間の入院をするように言われます。しかし、満島ひかりは子供たちに病気が知られる事を避けるため入院せずに帰ろうとする。そんな姿を見た高橋一生は、満島ひかりから趣味の話で誤魔化し半ば強引に入院させた。

満島ひかりは、田中裕子の自宅へ電話をかけ、小林薫に貧血で入院することを伝えた。子供には心配するので入院のことは伏せておくことをお願いした。娘の鈴木梨央には、ホットドック大会があり洗濯物が増えたので2日間泊まり込みで仕事をするという嘘をつき誤魔化した。

(田中裕子の自宅、その夜)
鈴木梨央は、満島ひかりに言われた通り、弟の高橋來の世話をしっかりやっていた。電気を消し、自分達の部屋で就寝しようとしたとき、部屋に田中裕子が。2人の事を心配にだったようだ。

(田中裕子の自宅、明くる日)
田中裕子は、小林薫に入院に必要なものを準備して持たせた。かなり大荷物だ。小林薫は、その荷物の重さに耐えながら病院へ向かった。

(病院)
小林薫から荷物を受け取った満島ひかり。まだ心の整理がついていなかった満島ひかりは複雑な心境だった。荷物の中には、満島ひかりの趣味の将棋の本などがたくさん入っていた。

(小林薫がお見舞いしている頃)
田中裕子と子供たちは、横浜へ遊びについていってもらっていた。恐竜博物館で冷凍マンモスを見て興奮気味の2人だった。海に浮かぶ帆船やアイスクリームを食べ、1日中おもいっきり遊んだ。

(田中裕子の自宅)
今日は、小林薫、田中裕子、鈴木梨央、高橋來は、川の字で寝るようだ。高橋來と小林薫は眠りについたようだったが、田中裕子と鈴木梨央は、横になりながら満島ひかりの子供の頃の話しをしていた。

子供の頃の満島ひかりは少し変わっていたようで、世界のどこかにいるもう一人の自分を探しにいきたいと言っていた事を鈴木梨央に話し聞かせていた。そのまま鈴木梨央も眠りについた。

田中裕子は、寝床から起きて机に向かいドナー適合検査にサインをした。

(明くる日)
田中裕子が身支度して出かけようとしていた。小林薫は満島ひかりの病院へ迎えにいくと思っていたが、満島ひかりが病気を患っており、ドナー適合検査を受けにいくことを知らされた。

あまりの話しに落胆の色を見せた小林薫だったが、必ず完治すると田中裕子を励ました。そして、娘である二階堂ふみも協力してくれると。

小栗旬がこの世をさった原因が二階堂ふみにある事を知らない小林薫だったが、そのとき田中裕子から事実を知らされた。

泣き崩れる小林薫。
田中裕子は、適合検査をするために病院へ向かった。

(田中裕子の自宅)
満島ひかりは、退院して家に戻ってきていた。田中裕子に遊びについていってもらっていた事をうれしそうに話す子供たちと触れ合っていた。

(病院)
田中裕子が適合検査の結果を聞くために病院を訪れた。高橋一生は病院にはおらず、いつもと違う医師だった。結果は不適合。ドナーにはなれないと医師から告げられた。

(田中裕子の自宅)
満島ひかりは夕飯の支度をしていた。そこへ田中裕子が戻ってきた。夕飯の手伝いをする田中裕子。ドナーには慣れない事を伝えた。涙を凝られながら『ごめんなさい』と。動揺していることを必至に隠そうとする満島ひかり。

2人は一緒に台所に立ち、昔の事を思い出していた。満島ひかりが変わった発言をしていたこと、よく2人であやとりしていたことを。

そして、満島ひかりは、小さい頃によく言っていた『もう一人の自分』が本当にいるなら探しだして子供たち2人を預けたい気持ちでいっぱいだと話した。

小栗旬を死に追いやった二階堂ふみと田中裕子は一生許せない、その許せない相手に頼っていきていかないといけない自分が許せないと話した。

『お母さん、助けてよ』と泣き崩れそうな満島ひかりを田中裕子が抱き寄せた。

(二階堂ふみの新しい住まい)
小林薫は、二階堂ふみの新たな住まいを訪れていた。川原を歩く2人。小林薫は、二階堂ふみに満島ひかりへちゃんと謝罪し、そして3人(小林薫、田中裕子、二階堂ふみ)で一生償い続けようと話した。今の家を売り其のお金を満島ひかりへ渡し、3人でアパートを借りて働こうと。

二階堂ふみは、小林薫の静止を振り払い走りだした。それを追いかけた小林薫だが足を取られ川へ落ちてしまった。
(田中裕子の自宅)
子供たち2人を寝かしつけていた満島ひかり。すると鈴木梨央が寝床ですすり泣きしていた。満島ひかりが理由を聞くと、『お母さん、病気なの?』と。ここ最近の満島ひかりの行動を敏感に察知していたのだった。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク