吉本実憂、ゴリ押し大河「軍師官兵衛」国民的美少女がDXで浜田松本に口撃


吉本実憂のオレオCM
出典元:ナビスコオフィシャルサイト

【吉本実憂 ゴリ押し 大河 軍師官兵衛 国民的美少女 DX デラックス 浜田 松本】

昨年開催された国民的美少女コンテストのグランプリに輝いた吉本実憂さんがダウンタウンDX(デラックス)に出演。

米村涼子さん、上戸彩さん、剛力彩芽さん、武井咲さんが所属するオスカープロモーションに入所。

先月より放送されているナビスコ『オレオ』のCM出演をしており、本格的に芸能活動をスタートしています。

昨年、グランプリ受賞から活動スタートするまでオスカープロモーションではみっちりとレッスンをするようです。

以前、しゃべくり007で上戸彩さんが新人時代にレッスンを受けていた講師と番組で再会するというコーナーがありましたが、歌・芝居・社会人としてのマナーは徹底的に訓練されるようです。

ダウンタウンDXでは、吉本実憂さんデビューまでのレッスンの辛さを告白。浜ちゃん、松ちゃんにいじられながらエピソードを語ります。

スポンサーリンク

オスカータレントがCM契約数上位を占める秘密

今年の7月に発表された上半期CMランキングでは、オスカータレントが上位を締め、総CM契約数は考えられない数字になっています。

  • 1位:武井咲(15社)
  • 3位:剛力彩芽(12社)
  • 5位:上戸彩(10社)

武井咲さん、剛力彩芽さんは、映画・ドラマやCMにひっぱりだこ。その出演数の多さにはファンですら首を傾げるほど。しかし、出演ドラマ・映画は軒並み低調。それほどファンも多くないような気がします。

それなのになぜ次から次へと出演オファーがあるのか。そこにはオスカー独自のタレントを売り出す手法があります。

オスカーはアイドル事務所のように男性を意識した戦略ではなく、同姓からも好まれる好感度を意識したタレントを創りだそうとしています。

良い例が上戸彩さんです。エグザイルのヒロさんと結婚後も人気に陰りがなく、男性女性関係なく好感度がありCM契約数を維持しています。

世の中の注目度と反して出演オファーが多いのはこういう戦略があります。ドラマ・映画などギャラを相場よりもかなり落として出演本数をこなすという方法です。

それでも売り出し当初は出演が難しい場合もありますので、そういった場合は米倉涼子さんや上戸彩さんのように人気女優と抱き合わせ(バーター)として出演。

出演数が増えてくれば、世の中から認知。世間から知られるようになった彼女たちが相場のギャラよりも安ければCM需要がおのずと増加する、というからくりです。つまり新人タレントの安売りということですね。

そして、少しずつギャラを上げていき収益に繋げていきます。これを業界の一部ではオスカー手法、この手法を批判する人たちからはゴリ押しと言われているようです。

『ゴリ押し』とは乱暴な言い方ですが、視聴者が求めていないのに露出が多く、見たくないのに目にしてしまう。まさにゴリ押しされているような感覚に陥るのでしょうね。

この手法の重要な部分は、安売り期間にどれだけファンを獲得できるかです。ファンを獲得できれば、上戸彩さんのように支持層が広く万人にうけるタレントさんとして長生きできるのですが、嫌われてしまうと芸能人生命に大きなダメージをくらいます。

芸能関係者でない一般人にこの安売り手法がバレてきているので、彼女たちの実力不足ということもあるかもしれませんが、ゴリ押しという言葉が物語るようにそういった計画的な売り出しをされているタレントに対して毛嫌いする風潮が出てきています。

吉本実憂さんが来年スタートのNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に出演することが発表されました。オスカー手法(ゴリ押し)といった目線で彼女の活動を追ってもらうとまた違った楽しみ方ができるのではないかと思います。

軍師官兵衛のあらすじ・キャスト一覧

因みに姉貴分の剛力彩芽さんもちゃっかり軍師官兵衛に出演するようです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク