ダンダリンあらすじ&出演者&主題歌&原作、竹内結子の労働基準局ドラマ


ダンダリンの第1話あらすじ
出典元:日本テレビオフィシャルサイト

【ダンダリン あらすじ 出演者 主題歌 原作 竹内結子 労働基準局 ドラマ】

満島ひかりさん主演『Woman(ウーマン)』の次の日テレ水曜10時枠のドラマは、竹内結子さん主演『ダンダリン労働基準監督官』です。夏クールのフジテレビ『ショムニファイナル』との水10対決は見事日テレ『Woman(ウーマン)に軍配が上がっています。

対決相手は堺雅人さん主演『リーガルハイ』。昨年春に放送された『リーガル・ハイ』の続編で既存のファンの獲得や『半沢直樹』効果で強敵になることは間違いなしです。

2013年秋クール水10対決はどちらに軍配があがるのでしょうかね。

『ごちそうさん』あらすじ 出演者・キャスト

スポンサーリンク

ドラマ『ダンダリン労働基準監督官』

【題名】ダンダリン労働基準監督官
【放送開始】2013年10月2日(水)
【主演】竹内結子さん
【原作】田島隆(とんたにたかし)『ダンダリン一〇一』
【主題歌】松任谷由実『今だけを きみだけを』

原作は漫画雑誌『モーニング』で2010年から連載されている漫画作品です。労働基準監督官である主人公・段田凛が日本の労働者を守るという物語になっています。

『ダンダリン一〇一』は、原作担当と作画担当が分かれているスタイルで作画は鈴木マサカズさんが担当。田島隆さんは、家庭の事情で高校中退。司法書士補助者の仕事を経て、海事代理士と行政書士の試験に合格し同資格の資格予備校の講師という珍しい経歴の持ち主です。

田島隆さんの作品は、これまでの経験を生かし今作・『カバチタレ!』など日本の労働環境や法律を背景にしたストーリーをリアルに描いた作品が多いです。

竹内結子さんの連ドラ主演は、恐らく2010年の『ストロベリーナイト』以来ではないかと思います。十数年伸ばし続けた髪をバッサリ切り、撮影に望んでおられます。

ダンダリンのあらすじ・内容

労働基準監督署の監督官である段田凛(竹内結子)が主人公。『サービス残業・名ばかり管理職・パワハラ経営者』など雇用ルールを守らないブラック企業を相手に立ち向かっていく主人公を描いています。

公務員として波風を立てず機会的に仕事をこなす西東京労働基準監督署へ段田凛が配属されるところから物語がはじまります。

兎に角、労働者を守るためにブレない熱意。まっすぐな段田凛の仕事のやり方は新たな配属部署から拒絶されます。そんな環境はお構いなしで問題児ぶりを発揮しますが、この行動に触発され周囲スタッフが仕事に対する姿勢や情熱を取り戻していくストーリーです。

お目付け役として段田凛とコンビを組む松坂桃李さん。上司役を北村一輝さん、佐野史郎さんが担当します。

第1話(2013年10月02日)あらすじ
第2話(2013年10月09日)あらすじ
第3話(2013年10月16日)あらすじ

ダンダリンの出演者・キャスト

出演者一覧

  • 竹内結子(段田凛)主人公。女性労働基準監督官として労働者を守る。
  • 松坂桃李(南三条和也)同僚、東大卒若手のホープ、段田凛の指導係
  • 風間俊介(胡桃沢海)南三条と元同期。退職後、社会保険労務士に。労基に知り尽くしているので段田凛の強敵になる。
  • 水橋研二(温田祐二)同僚、お調子者。
  • トリンドル玲奈(小宮瑠璃子)同僚、幼い顔で才女。段田凛的な素質あり。
  • 大島蓉子(太田昌子)職場の事務員。
  • 相葉博美(賀来千香子)胡桃沢海が務める社労士事務所代表。
  • 西田尚美(紺野みどり)土手山郁夫の元嫁
  • 石野真子(南三条恭子)南三条和也の母親
  • 大倉孝二(田中正一)同僚、気弱な性格
  • 佐野史郎(眞鍋重夫)労働基準監督署・署長、トラブルが嫌い
  • 北村一輝(土手山郁夫)労働基準監督署・課長、かつては熱意があったが。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク