ごちそうさん:あらすじ(第3話)2013年10月2日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第3話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第3話あらすじ

(開明軒:め以子の両親が経営する洋食屋)
新聞記事には、開明軒の批評記事が掲載されていました。

『腕の良いコックだが帝国グランドの模倣であり味に何の驚きがない街の料理屋の粋を出ない、しかも『ご飯』や『箸』などは一切は出さない一流店気取り。これなら少し多く金を出し一流店を選ぶ。』

大五(原田泰造:め以子の父親)は、悔しさを滲ませていました。そして冷蔵庫より肉の塊を出し、調理をはじめました。

め以子(豊嶋花:主人公)は、何も言えずその場に立ち尽くしていました。

(自宅)
縁側でうれしそうに苺ジャムを舐めるめ以子。それを羨ましそうに見ている弟の照生。洗濯物を干していたトラ(吉行和子:め以子の祖母)が自分と照生にも苺ジャムを舐めさせてほしいと頼んだ。

首を縦に振らないめ以子にトラは別のお菓子で釣ったがそれでも苺ジャムは誰にもあげなかった。それほどお気に入りだった。

(自宅)
翌朝、大事そうに苺ジャムを抱えて食卓へ。そこには大五の姿が見えなかった。トラが心配しているとイク(財前直見:め以子の母親)が新聞記事の事、新しい料理を開発していることを話した。

しばらくすると大五が豪勢な料理を持って食卓へやってきた。どれも庶民が口にすることができない高級料理だ。め以子はおいしそうな料理に興奮する。イクは不機嫌、経営が苦しいのに良い食材を使ったからだ。

め以子はその料理を口に運んだ。『おいしいっ!!』、大五はめ以子のうれしそうな顔にご満悦だった。

(小学校)
イクに止められたが学校にまで苺ジャムを持ってきため以子。悪ガキたちに見つかるが腹痛の薬だと嘘をついてその場を凌いだ。

昼食後、め以子は腹をおさえながら教室を出た。校庭の片隅で苺ジャムを舐めていた。それを嗅ぎつけた悪ガキがめ以子のもとへきて苺ジャムを取り上げた。

必至に取り返そうとしたとき、悪ガキが手元を狂わせ苺ジャムが池の中へ。め以子は一心不乱に池に飛び込んだが苺ジャムは戻らなかった。

め以子は悪ガキに飛びつき大喧嘩。職員室に呼ばれる騒動となった。

(自宅)
め以子が帰宅して開明軒に入ると大五がまた新作料理をテーブルに並べていた。前よりも高級料理だった。大五は喜ぶめ以子に食べさそうとした。それを見ていたイクが我慢ならずに大五に言った。

『逃げてるんじゃないよ、め以子に食べさせたら何でもおいしいって言うのわかってるでしょ、あんたの料理は押し付けがましいだよ、街の料理屋に訪れる人は、気軽においしいものを食べにきているんだよ。おいしい肉はご飯と食べたいんだよ、旨い料理もフォークやナイフじゃ半減する人もいるんだよ。』

『じゃ、どんなものを作ったらいいんだよ?俺よりもよくわかっているようだから教えてくれよ・・・  やってられるかっ!』

大五はコック帽を床にたたきつけ、店から出て行った。

唖然とするめ以子。

続く:ごちそうさん第4話あらすじ(2013年10月3日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク