河北麻友子『クロコーチ』中国人役、拒食症?ガリガリ脚、お嬢様育ち


河北麻友子がクロコーチの中国人管理人
出典元:be amie

【河北麻友子 クロコーチ 中国人 役 拒食症 ガリガリ 脚 お嬢様】

ドラマ『クロコーチ』で主演・TOKIO長瀬智也さん演じる黒河内圭太が住むアパートの中国人管理人恬恬(てんてん)を河北麻友子さんが演じています。かなり脇役っぽい役どころですが、物語に大きな影響を与える存在になるかも・・・。

まだ、1話が終了したところで現在のところ、出演シーン、セルフこそ少ないですが、今後どのように関わってくるのか興味をひく所です。

スポンサーリンク

河北麻友子プロフィール・経歴

10歳の頃、全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲得。芸能界入りの切掛となりました。彼女はテレビでもお話されていますが、ニューヨーク生まれのニューヨーク育ちの帰国子女です。

日本語にまだ慣れていないのか、意図的なのか、敬語が苦手なようで芸能界の先輩に当たる方にも失礼な態度を取ることがよくあります。今のところ笑いで済まされているようなのですが、世間はそんなに甘くないよう。『嫌い』『生意気』と言った彼女に関する検索ワードが飛び交っているようですね。

父親はニューヨークで会社経営。マンハッタンの高級住宅街に実家があり、ご近所さんがビヨンセやロバート・デ・ニーロと言った具合。河北麻友子さんのお爺さんのお爺さんにあたる人が歴史上の偉人・吉田松陰さん教え子という家柄。スーパーお嬢様なんです。

オスカープロモーションに入所。初主演映画『空の境界』『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』NHK大河『八重の桜』などドラマ・映画など出演しており、また『ヒルナンデス』では金曜レギュラーとしてバラエティにも出演しています。

摂食障害疑惑、痩せすぎの脚、拒食症吐きダコとは?

河北麻友子さんがヒルナンデスで見せる元気で美しい姿なのはもちろんなのですが、もうひとつ印象に残ってしまう事があります。それは心配になる程の痩せ細った身体です。

ガリガリの脚なんかは折れそうなぐらいほっそりとしており、いくらなんでも行き過ぎではないかと心配する声が出る程です。摂食障害拒食症など確証なるものはありませんが、疑われてもおかしくないレベル。

一度、身体を見てもらった方が良いと思います。

拒食症を患っておられる方は、自ら胃の中の物を吐き出してしまいます。喉の奥に指を押し当てる時に拳にできるタコを吐きダコと呼ぶようです。噂が飛躍して河北麻友子さんの手元写真をアップにして吐きダコがあるというような記事を見かけますが、それを証明するような写真はありません。

女性の世界も大変ですが、痩せる事ばかりに執着するのではなく、健康的な女性を目指して頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク