ごちそうさん:あらすじ(第23話)2013年10月25日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第23話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第23話あらすじ

(通学途中)
悠太郎(東出昌大:下宿生)はめ以子(杏:主人公)におむすびの中身を聞いていた。しかし、いつものように教えてくれない。食べてからのお楽しみである。
『もう、おむすび作ってくれないかなと思っていました。』
『私が卒業までやり遂げると決めた事ですから。でもそれももう少し』
『もう少し?』
『縁談がありますから』
『あぁ・・・』

(女学校)
め以子は桜子(め以子の友人:前田亜季)と民子(め以子の友人:宮崎麻衣)にお見合いする事を話した。すると桜子が
『め以子、ちょっと来て!』
『何よ〜』
『あなた、本当にそれでいいの?いつも嫌な事あったら逃げ出す。あなたのそういうところが大嫌いよ。負け戦とわかっていても勝負しなさいよ。一生に一度あるかないかの事でしょ』
『・・・』
桜子はそう言い残しその場を離れた。

廊下で宮本先生(め以子の担任:奥貫薫)が話しを聞いていた。

民子は桜子をかばうように話し出した。
『桜子ちゃん、意中の人と上手くいかなかったの。それでめ以ちゃんにイライラしていたのかな。お父さんが彼に圧力を掛けたんだって。それでもって食い下がったんだけど、俺の将来をダメにするのかって。私もめ以ちゃんが好きな人の為に毎日お弁当作っている姿を見るのはうれしかったよ。人を好きになるとこんなに変われるだってわかったわ。うらやましかった。もう少しそんなめ以ちゃんを見ていたかったな』
『・・・』

(帝国大学)
悠太郎がお弁当を食べていた。同じ研究室の男性からボート部の欠員が出たので明日の休日助けてくれないかという頼みだった。

(開明軒)
め以子が帰宅。店の前で桜子と民子から言われた事を考えていた。すると室井幸斎(山中崇:開明軒の客で小説家)が。
『結婚って何なんでしょうね』
『嫁のもらいてもない俺に結婚について聞くの?』

そこにスーツを身にまとった大五(原田泰造:め以子の父親)が上機嫌で帰ってきた。

『め以子、明日お見合いする事になったからな』
『明日!?』
『おぉ、明日は日取りもいいからって。早速決めてきた。マルヤさんで食事をしながらってことで』
『えぇ、め以ちゃんお見合いするの!』(室井)
『おっ、お父ちゃん・・・』
『何だ、め以子』
『いっ、いや何でもない』
『そうか、明日は楽しみだな』

(自宅)
悠太郎がめ以子にお弁当箱を渡した。
『ごちそうさんでした。もし可能なら明日もお弁当を作ってもらいたいのですが』
『実は明日お見合いする事になって』
『そっ、そうですか・・・』
『私、幸せになれますかね』
『あなたが作ってくれたおむすびは、初日は除いてすべておいしかった。私は毎日幸せでした。あなたは昔のように何もできない人ではない。人に幸せを与えられる幸せを作り出すことのできる人です。だから必ず幸せになれます』
『・・・』
悠太郎はそう言い残しその場を離れた。

続く:ごちそうさん第24話あらすじ(2013年10月26日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク