関ジャニ大倉忠義がDr.DMAT主演、サーバント×サービス出演はデマ?アイプチ疑惑


大倉忠義ががDr.DMAT主演
出典元:Johnny's net

【関ジャニ 大倉忠義 Dr.DMAT 主演 サーバント×サービス アイプチ 疑惑】

関ジャニ∞の大倉忠義さんが2014年1月にスタートするTBSドラマ『Dr.DMAT(ドクターディーマット)〜瓦礫の下のヒポクラテス〜』に主演する事が発表されました。

原作はグランドジャンプにて連載中の漫画。主人公・八雲響(大倉忠義)が災害派遣医療チーム(DMAT)の一員となり、災害現場での活躍と成長を描いたヒューマン医療ドラマです。

共演者は、病院スタッフとして加藤あいさん、市川実日子さん、佐藤二朗さん、麻生祐未さん、ほっしゃん。、國村隼さん、主人公の妹役として瀧本美織さん、東京消防庁ハイパーレスキュー隊員として高木雄也さん(Hey!Say!JUMP)、石黒賢さんが出演されます。

Dr.DMATのあらすじ

スポンサーリンク

正式発表はDr.DMAT!サーバント×サービス出演は?

地方公務員の日常を描いた4コマ漫画『サーバント×サービス』が石原さとみさんと大倉忠義さんのダブル主演で実写化されるという噂が流れましたが信ぴょう性に欠ける情報のようです。

しかもスタート時期は、大倉忠義の主演が正式発表された『Dr.DMAT』と同じ2014年1月。同クールで主演ドラマを掛け持ちする事はあまり聞いた事がありません。両名のWikipedia情報にも『サーバント×サービス』の情報はなく、恐らくデマ情報ではないかと考えられます。

『サーバント×サービス』は今年アニマ化されており、続けて実写化という情報でファンは喜んでいたようですが、個人ブログの誤報が拡散してしまった模様です。

イケメン大倉忠義、アイプチ疑惑浮上

大倉忠義は関ジャニ∞で最年少であり、関ジャニ∞に最後に加入したメンバーです。メンバーやファンから安田章大さんに命名された『たっちょん』という愛称で親しまれています。バラエティ番組『関ジャニの仕分け∞』では人気アーケードゲーム『太鼓の達人』で超人的な強さを見せ、かなり注目度が増しました。

関ジャニ∞の中では、そんなに目立った存在ではありませんでしたが、この番組を切掛にドラマ・映画への出演オファーが増え、今後活躍が期待されるジャニーズタレントにのし上がりました。

細身でスラっとした体型や端正な顔立ちでイケメンとして見直されていますが、いま、大倉忠義さんにアイプチ疑惑が浮上しています。

事の発端はこう。注目を浴びる切掛となった『関ジャニの仕分け∞』の収録。その日の大倉忠義さんはかなりまぶたが腫れ上がっており、奥二重のような印象を与える表情でした。

寝不足なのか体調不良なのか事の真相はわかりませんが、この不自然な目元を見た視聴者がアイプチではないかと噂した事が噂されはじめた原因だと思われます。

その日の放送は、ファンにとっては相当ショックな顔だったんでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク