ごちそうさん:あらすじ(第40話)2013年11月14日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第40話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第40話あらすじ

(自宅)
関口先生(むかいさとこ:希子の担任)は昼食時の希子(高畑充希:悠太郎の妹)について話し始めた。教室外で弁当を食べるのは校則違反なので注意したところ、その都度、謝るが次の日にはまた居なくなるという繰り返し。ある日、あとをつけてお弁当を見てみると弔辞の際に出される三角形のおむすびだったいう。

和枝(キムラ緑子:悠太郎の姉)は三角形のおむすびだった事を知り謝罪した。め以子め以子(杏:主人公)は三角形のおむすびにそんな意味がある事を知らなかった。関口先生からは希子がクラスメイトからもからかわれているようなので三角形のおむすびは止めてあげてほしいという依頼だった。

め以子に対して嫌味のように、和枝は関口先生に深々と謝罪した。

(自宅)
希子が帰宅。め以子は関口先生が三角形のおむすびの事で来訪された事を伝えた。そして、謝った。希子は何も答える事ができず泣いてしまった。そこへ和枝が。

『お兄ちゃんは酷い人を家に連れて帰ってきたな。大丈夫やで祝言はまだあげてないからね』

と言い残し希子を部屋へ連れて行った。

(大阪市役所)
悠太郎(東出昌大:め以子の夫)は藤井(悠太郎の上司:木本武宏)と大村(徳井優:悠太郎の先輩)に誘われ酒を呑みに出ていた。悠太郎が途中で抜けようとすると嫁姑問題を抱えている同じ境遇の藤井が言った。
『家に帰りたくならないの?』
『うちの嫁は明るいですから』

(自宅)
悠太郎が帰宅。め以子の様子がおかしい。目が座っており不機嫌。和枝にいびられ相当ストレスが溜まっていたようだ。悠太郎が部屋に戻ると机にはめ以子がイクへ宛て書いた手紙が。

(自宅)
め以子が洗濯。静(宮崎美子:悠太郎の義母)の新しい浴衣に気付く。着道楽を控えるという約束だったはずが。家計を助けるために肥(糞尿)まですくっているめ以子は我慢できず静に追求した。

静は謝るだけ。その場しのぎなのはわかった。悠太郎の言った通りだ。挙句の果てにめ以子の洗濯の仕方が悪いと難癖を付けてきた。

(自宅)
め以子は洗濯を続けた。悪い事はすべて自分の責任にされるという事に我慢の糸が切れてしまった。洗濯物を地面に投げ付け市場へ向かった。

(自宅)
和枝が地面の洗濯物に気付く。和枝は昔、自分にも同じような事があった事を思い出す。

(市場)
元気なく市場の片隅で座るめ以子。源太(和田正人:め以子の幼なじみ)も只ならぬ様子に気付いた。め以子は源太に悩みを打ち明ける。しかし源太は自分が選んだ道だと諭す。源太はめ以子にザルに入ったたくさんの苺を渡した。

源太はめ以子からもらったジャムやクッキーなどを市場の連中にめ以子からだと分け与えていたようだ。苺は八百屋からめ以子へのお礼だった。

市場の連中もめ以子が置かれている立場を知っているらしく心配してくれているそう。ぬか漬けでも売って家計の足しにすればという話しをしていた事を伝えた。

め以子はくじけそうになった自分に対する悔しさと源太をはじめ市場の人たちの思いやりに触れ、涙を流しながら苺を食べた。

続く:ごちそうさん第41話あらすじ(2013年11月15日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク