ごちそうさん:あらすじ(第50話)2013年11月26日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第50話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第50話あらすじ

(自宅)
駆け落ちしてきた室井幸斎(山中崇:開明軒の客で小説家)と桜子(め以子の友人:前田亜季)。泊まる所がなくめ以子(杏:主人公)を当てにしていた。しかし、ほおるもんじいさん(近藤正臣:悠太郎の父親)との関係を継続しようとするめ以子が許せない和枝(キムラ緑子:悠太郎の姉)はめ以子を家から追いだそうとする。

そんな状況で室井と桜子が泊まれる訳がない。室井と桜子、そしてめ以子は和枝に追い出されてしまった。

(市場)
め以子は八百屋で2人の泊まれる所がないか相談した。店主は源太(和田正人:め以子の幼なじみ)に相談しようと提案。悠太郎から源太と会う事を禁じられているめ以子は困る。源太は泊まる所を貸してくれる当てがあった。近くの焼氷屋だ。

源太から離れようとしたが焼氷に反応しため以子。案内する源太に付いて行ってしまった。店は客席が数席の小さな店。店主が2階を貸してくれるということだ。

(大阪市役所)
悠太郎(東出昌大:め以子の夫)は熱心に仕事していた。しかし、小学校の設計が行き詰まっているようだ。大村(徳井優:悠太郎の先輩)と激しく議論している。

(自宅)
め以子は安心して自宅へ戻ると和枝が荷車にめ以子の荷物を乗せ運ぼうとしていた。しかし、希子(高畑充希:悠太郎の妹)がそれを阻止していた。め以子が追い出されるなら自分も出て行くというのだ。驚いため以子が和枝に家に居させてもらう事を懇願。しかし、許してもらえなかった。和枝は希子の態度に立腹し荷物をそこに置いたまま家へ入っていった。

(大阪市役所)
藤井(悠太郎の上司:木本武宏)から呼び出される悠太郎。め以子が来ているとのこと。悠太郎が会いに出て行くと不安そうなめ以子が。悠太郎に追い出された経緯を説明。希子は大阪市役所の前で待っているという。

ほおるおんじいさんとの一件があり、まだわだかまりがある悠太郎。不安げなめ以子をよそ目に素っ気ない態度だ。

め以子は悠太郎にほおるもんじいさんとの関係修復を懇願。しかし、苦労した10年間は悠太郎にとって余程苦しかったのだろう。断固としてそれを受け入れなかった。

更に執拗にほおるもんじいさんとの関係を取り持とうとするめ以子にも立腹。め以子もまた頑固に自分の考えを貫き通そうとする悠太郎に反論。2人は衝突した。

め以子は泣きながらその場を後にした。

(大阪市役所)
事務所へ戻った悠太郎。藤井と大村は悠太郎夫婦の危機を知り、自宅に帰るように促す。しかし、悠太郎はそれを断り仕事に打ち込んだ。

(焼氷屋)
室井幸斎と桜子は源太にめ以子の状況を話していた。するとそこに半泣きのめ以子が。外を見ると大きな荷車と希子を連れていた。桜子に泣きながら抱きつくめ以子。皆、何事だと驚く。一番の理由は朝から何も食べておらず空腹で倒れそうだという。皆、ずっこける。

取り乱しているめ以子の代わりに希子が状況を説明。皆、状況を把握した。行く場のない、夫からも理解されないめ以子は追い詰められた。とうとうめ以子は悠太郎との離縁を決意する。

続く:ごちそうさん第51話あらすじ(2013年11月27日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク