ごちそうさん:あらすじ(第55話)2013年12月2日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第55話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第55話あらすじ

(市場)
め以子(杏:主人公)が市場で買い物をしていると銀次(西川忠志:魚屋の店主)が鱧の湯引きを作っていた。もうすぐ家族みんなで鱧を食べながらお獅子を待つ天神祭である事を知る。

(自宅)
め以子は希子(高畑充希:悠太郎の妹)と手土産のお菓子を作っていた。ほおるもんじいさん(近藤正臣:悠太郎の父親)の所へ行く準備をしていた。そこへ静(宮崎美子:悠太郎の義母)が。め以子たちがほおるもんじいさんの所へ行く事を知り気になっているようだ。

め以子にほおるもんじいさんがどのような暮らしをしているのか聞いてくる静。め以子がほおるもんじさん宅へ誘うと我に返ったように断り家を出て行った。まだ、静にもわだかまりがあるようだ。

(ほおるもんじいさん宅)
いつものように仲間内で賑やかにしていたほおるもんじいさん。め以子を歓迎した。め以子は早速ほおるもんじいさんを誘った。天神祭は西門家で美味しいものを食べようと。しかし、ほおるもんじいさんは話しをはぐらかす。

希子はほおるもんじさんにお見合いの一件について礼を言った。蒸発して依頼、口を聞いたのだろう、ほおるもんじいさんはぎくしゃくしている様子だ。

(大阪市役所)
役所内は猛暑で蒸していた。朝を拭いながら仕事に取り組む悠太郎(東出昌大:め以子の夫)だったがあまりの厚さに集中できない。大村(徳井優:悠太郎の先輩)が何やら張り切っているようだ。終業の時間と同時に鉢巻きを巻立ち上がった。一週間後の天神祭に向けて手伝いに行く事になっているようだ。悠太郎も駆り出された。

現場で張り切る大村。悠太郎と藤井(悠太郎の上司:木本武宏)は重い荷物を持たされヘトヘトになっていた。

(置屋)
※置屋とは芸妓が籍を置くところ。タレントでいう所属事務所。
三味線を弾き終えた静。帰宅しようとしたところ、女将さん(正司花江)に呼び止められた。正蔵(ほおるもんじいさん)が帰ってきた事を知られていた。

静は帰ってきたのではなく近くに住んでいた事を知っただけだと訂正。女将さんはこれまでの静と正蔵の経緯を知っているが、一度会ってきたらどうかと提案した。

(ほおるもんじいさん宅)
ほおるもんじいさんに来ている女性たちと仲良く歌を歌って寛いでいる様子の希子。め以子はほおるもんじいさんに天神祭に西門家に戻ってくる事に話しを戻していた。しかし、はぐらかされるばかり。ほおるもんじいさんは酔っぱらい若い女性の膝枕で楽しくはしゃいでいた。

その一部始終を影で見ていた静。女将さんに背中を押され正蔵の様子を見に来ていた。相変わらず女性にだらしない姿を見て気分を害した。

(自宅)
め以子が夕食を仕度をしていると悠太郎と室井幸斎(山中崇:開明軒の客で小説家)が酒に酔いつぶれた静を肩に抱えて連れて帰ってきた。いつも見せた事のない静の姿を見てめ以子が驚く。

続く:ごちそうさん第56話あらすじ(2013年12月3日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク