ごちそうさん:あらすじ(第59話)2013年12月6日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第59話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第59話あらすじ

(自宅)
希子(高畑充希:悠太郎の妹)が買い物から帰宅。室井幸斎(山中崇:開明軒の客で小説家)も一緒だった。希子が元気のないめ以子(杏:主人公)の為に一緒に天神祭の獅子を見ようと誘ったのだ。こうひい うま介の店じまいの後、うま介(中村靖日:こうひい うま介の店主)と桜子(め以子の友人:前田亜季)も合流する予定だ。め以子は喜んだ。

(天神祭休憩所)
悠太郎(東出昌大:め以子の夫)はめ以子が家族で一緒に過ごしたと言っていた事を思い出す。悠太郎は大村(徳井優:悠太郎の先輩)に獅子が出発した後、帰らせてくれないかと頼むが断られる。まだ、後片付けが残っていると。

休憩所ではおにぎりで腹ごしらえした祭のメンバーがいよいよ獅子をかついで出発するところだった。しかし、メンバーの数人が腹痛を起こしてダウンしてしまう。原因はおにぎりか?

(置屋)
芸妓に復帰した静(宮崎美子:悠太郎の義母)がお客さんの相手をする為に座敷に臨む。芸妓として再出発だ。しかし頭に蘇るのは正蔵(近藤正臣:蒸発した夫)のことばかり。三味線の弦が切れたりなど失敗も重なった。静はかつてのように一流の芸妓としては復帰できないのだと実感する。

(自宅)
桜子、うま介も合流。め以子が料理を振るまい楽しい雰囲気。そこへ和枝(キムラ緑子:悠太郎の姉)が帰宅する。一緒にいた男性の気遣いで帰ってきたという。以前、室井、桜子は家を追い出された経験があり、気まずい雰囲気がある。

しかし、そんな事お構いなしの室井は強引に和枝に誘いお酒を飲みだした。和枝も圧倒され言われるがままに付き合う。

希子は表で獅子が来るのを待っていた。しかし、例年より獅子が来るのが遅れているようだ。

(自宅)
室井、桜子は和枝となかなか楽しそうに酒を飲み交わしていた。和枝はリラックスしているようだ。め以子はいつものようにたくさん食べていた。しかし、家族全員で獅子を待つことができない事を悔やんでいた。あと、悠太郎、静、正蔵が居てくれたらと。

(自宅)
希子が勢いよく家に入ってきた。待ちに待った獅子がやってきたと。全員急いで表に出た。すると立派な獅子が。観衆の頭をかじりながらゆっくりと歩いてくる。しかし、今年の獅子はかなり背が高い。誰もがそう思った。

そこに源太(和田正人:め以子の幼なじみ)が現れ、め以子に重箱を渡す。源太は中身が何なのか皆の前では言いづらそうだった。すると次は静が現れた。芸妓復帰を諦め座敷を抜けてきたという。静は晴れ晴れした表情だった。め以子、希子もそれ表情を見て安心する。

そうこうしている間に獅子が目の前に。獅子舞を操っているのは何と悠太郎だった。腹痛でダウンした祭のメンバーの代役をしていたのだ。思わぬ身内の登場で沸き立つめ以子たち。悠太郎はみんなの頭を獅子の口でかぶりついた。

め以子がふと通りの片隅に目をやると正蔵がいた。静も正蔵に気付く。正蔵は申し訳なさそうに静に会釈した。すると静も小さく微笑み会釈した。そして、正蔵は帰って行った。

(自宅)
自宅に戻り、源太から手渡された重箱を開けるめ以子。中には白い羊羹のような食物が入っていた。室井が『ハモニカだ!』と叫ぶ。め以子は正蔵が用意してくれたものだとわかる。しかし、また静に怒られると思いすぐに謝った。

だが、静はハモニカをじっと見つめながら手に取り口に運んだ。静が置屋で世話になりはじめた頃、正蔵からハモニカをもらった思い出があったのだ。その頃は右も左もわからず女将さんから厳しく躾けられていた頃で、まだ子供だった静はそのときの正蔵の優しさを今でも鮮明に覚えていた。

涙を流しながらハモニカを食べる静。子供の頃にもらったハモニカはこんなブサイクなものでは無かったと言いながらも、こんなおいしくも無かったと言いながら食べた。

(自宅)
め以子と希子が後片付けをしていた。希子が気付く。正蔵も含め、家族全員で獅子を見れた事を。獅子と共に西門家に訪れた奇跡にめ以子、希子は喜んだ。

続く:ごちそうさん第60話あらすじ(2013年12月7日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク